• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 家電


注目情報
回収&交換 シーバイエス 業務用掃除機一部バッテリ 発火の恐れ 17/08/04 033113
点検&部品交換 パナソニック 液晶テレビ一部 回転動作で転倒の恐れ 17/09/13 033361
点検&修理 ユアサ カーボンヒーター3機種 発煙・発火の恐れ 16/03/19 029529
回収&返金 PEBOKA 内部部品発熱恐れの加湿器 今一度確認を 17/11/08 033771
回収&交換 ユピテル ドライブレコーダー一部 発煙・発火の恐れ 17/09/04 033270
点検&修理 ユーイング 扇風機5機種 別のリモコン操作で誤動作 17/07/26 033045
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
お知らせ&注意喚起 西文舘 西文舘 防犯ブザーSE-1805K 電池破裂数件 NEW 18/04/19 18/04/20
点検&修理 ソニー BRAVIA KJ-55X9300D 画面に横線が発生する恐れ NEW 18/04/19 18/04/20
点検&修理 ソニー BRAVIA KJ-55X8500C 液晶パネルに不具合 NEW 18/04/19 18/04/20
回収&返金 タイガー魔法瓶 タイガー 除湿乾燥機2品番 発煙・発火の可能性 NEW 18/04/18 18/04/18
回収&交換 ソニー・ミュージ... NGT48「春はどこから来るのか?」 収録内容誤表記 18/04/11 18/04/17
点検&修理 コイズミ照明 コイズミ照明 インテリアファン一部 部品破損の恐れ 18/04/16 18/04/16
回収&交換 コズミックレイ DVD「おまえらのためだろ!鱚」フォトブックに誤表記 18/04/05 18/04/11
回収&交換 ユニバーサルミュ... GReeeeN「うれD」初回限定盤ブックレットに一部誤植 18/04/07 18/04/11
点検&部品追加 三菱電機 三菱 海岸付近設置の監視カメラ 腐食・落下恐れ 18/04/09 18/04/10
回収&交換 バップ 所ジョージ「Bappan」 ブックレットに誤植 18/04/04 18/04/04

ジャンル一覧 > 家電

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_7 あと1ヶ月ほどで梅雨の季節を迎えるが、部屋がジメジメしてくると空気を乾かしてくれる除湿乾燥機が活躍する。花粉やPM2.5、黄砂の飛散といった問題で、洗濯物を室内干しするために除湿乾燥機を使用する人も多いではないだろうか。しかしユーザーは、使用中の「除湿乾燥機」の安全性を確認する必要がある。タイガーが2005年3月から2007年8月までに製造した除湿乾燥機「AHE-A600」「AHE-B600」において、機体内部のヒーターの不具合により、長期間使用すると、稀に発煙・発火に至る可能性があることが判明し、リコール(回収・返金)を報じた。約4万台が回収対象とのことだ。室内干しのために除湿乾燥機を使用したまま家を留守にするケースもあると思うので、心配である。部屋で該当製品を使用してないか型番を確認し、もし該当製品であれば使用を中止して、メーカーの受付窓口まで連絡する必要がある。

    18/04/19 11:33:10


  • Inf_category_7 シーリングファンは、部屋の中の空気を循環させて室内の温度を均等に保つ「サーキュレーション効果」で省エネできる製品だ。照明器具に付いているタイプもあり、実用性だけでなく部屋のインテリアとしても取り入れられているが、安全面で問題がないか確かめる必要がある。昨日、2008年11月から2010年12月にコイズミが製造した「インテリアファン」で、稀に羽根部分の受け金具(羽根受け金具)が破損することが判明したため、リコール(点検・修理)が報じられた。高い天井に取り付けて回転させる羽部品が、もし不具合で落ちてくるようなことがあれば、思わぬケガを負うことになるかもしれない。また対象台数は、21,685台とのことで少ない台数ではない。もし家にインテリアファンがあるなら、安全確保のためにも、まず該当製品ではないか確認し、該当製品であればファンの回転は停止し、専用窓口まで連絡する必要があるだろう。

    18/04/17 10:33:22


  • Inf_category_7 家の中でペットは、家族の一員や癒しの存在となっているかもしれない。しかしながら、かみ癖やトイレのしつけなどを怠ると、製品事故につながることがあるので、注意が必要である。事故例としては、「延長コードのタップに猫が尿をかけたため内部でショートし、延長コードとその周辺が焼ける火災が発生」、「犬が携帯電話をかんだため、内蔵電池内部でショートが起きて破裂し、電池パックに触れてやけどを負った」など。このようにリコール製品ではなくても、ペットの行動で思いもよらない製品事故を招くケースがある。ペットと安全に暮らすためにも、コンセントなどにはカバーをかけたり、外出時は電源プラグをコンセントから抜くなど、事故防止を視野に入れた注意が必要だろう。

    18/04/09 11:07:42


  • Inf_category_7 オフィスや病院などの公共施設だけでなく家庭でも普及するようになったウォーターサーバー。冷水と温水の両方の蛇口が付いており、手軽においしい水が飲めるということで、愛用者も多いだろう。しかしNITEは、特に小さな子供のいる家庭でウォーターサーバー使用する際の安全面に注意を促している。乳幼児がウォーターサーバーの蛇口を触っているときにチャイルドロックが解除され、熱湯が出てやけどを負ったという事例が報告されている。保護者は、日頃から乳幼児をウォーターサーバーに近づけないように注意したり、大人のまねをしたがる子供の前でチャイルドロックを解除する様子を見せないように注意する必要がある。またウォーターサーバーの中にはリコール(チャイルドロックボタン交換)を実施している製品もあるので、該当製品を利用していないか確かめておく必要もあるだろう。

    18/04/06 16:04:22


  • Inf_category_7 ノートPCのバッテリーパックのリコールは、火災にまで至るケースが後を絶たないため、大いに注意を要する問題だ。消費者庁の公表によると、パナソニック製のノートPCで、製品を焼損する火災が、今年に入って3ヶ月の間に3件も発生している。メーカーは今回の対応について、全数を対象としたバッテリーパックの交換は行わず、充電量を80%に制限する「バッテリー診断・制御プログラム」を提供するとしている。このプログラム適用で事故発生の危険性を低減できるとのこと。バッテリーの劣化は避けられないとしても、場合によっては発火にまで至る問題があるなら、メーカーも使用者もその危険性への認識を高めなければならない。まずメーカーは、いち早く使用者に気付いてもらえるようリコール告知を継続的に実施し、使用者もより安全に使用できる対策を適用する必要があるだろう。

    18/03/29 12:50:31


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2018 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.