• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 家電


注目情報
点検&部品交換 パナソニック ミキサー12品番 部品破損恐れ ケガ2件 18/01/31 034319
回収&交換 電気湯たんぽ エネタンポ4 蓄熱中に異音・破裂 18/01/10 034172
回収&交換 パナソニック ノートPC用バッテリ発火 14万個回収 17/12/06 033965
点検&修理 三菱電機 工場や体育館の天井照明一部 落下の恐れ 18/01/22 034253
回収&交換 HP ノートPC・ワークステーション用バッテリ一部 発火の恐れ 18/01/05 034138
点検&修理 ユアサ カーボンヒーター3機種 発煙・発火の恐れ 16/03/19 029529
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
お知らせ&注意喚起 エレコム ELECOM 一部ルーター Wi-Fi送信出力が規定値超過 NEW 18/07/30 18/08/17
点検&部品交換 リンナイ リンナイ 浴室暖房乾燥機焼損の恐れ 今一度確認を 18/08/02 18/08/06
回収&交換 センチュリー センチュリー スマホ用充電器一部 ショートの可能性 18/02/05 18/08/03
改修 ローランド V-MODA ヘッドホン一部 告知と出荷品仕様に差異 18/07/23 18/07/27
送付 ポニーキャニオン... 「ウルトラマンR/B Hands」CD バックカバー誤表記 18/07/23 18/07/24
回収&交換 サンコー サンコー ミニ洗濯機 電安法技術基準不適合 18/07/19 18/07/19
回収&交換 三菱ケミカルメデ... 三菱ケミカルメディア CD-R一部 印刷レーベル面不良 18/07/13 18/07/19
点検&修理 ビット・トレード... ビット・トレード・ワン USB2BTPLUS 一部部材に不良の恐れ 18/07/02 18/07/09
点検&修理 ソニー ソニー wena wrist active一部 バッテリ異常消費 18/07/05 18/07/06
回収&交換 フロンティアワー... 優木かな「Kana Note」 ブックレットに歌詞誤表記 18/06/29 18/07/03

ジャンル一覧 > 家電

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_7 ノートパソコンで使用するACアダプターは、持ち運びに便利な小型化や軽量化といった機能が求められる製品だ。通常、ノートパソコンに付属する専用品を使用するので、何も問題がないと思われがちだが、安全面で注意しなければならない。先日、東芝が輸入したノートパソコン用のACアダプターで、本体と周辺を焼損する火災が報じられた。該当の製品は、製造上の不具合が原因で、異常発熱して発火するおそれがあるため、2018年6月22日からリコール(無償部品交換)が実施されている。リコール対象の台数は約51万台、現時点の回収率は5.7%とまだまだ低い状態である。さらにこの対象製品は、原因不明も含めて2018年に7件の火災が報告されている。再発防止のためにも、事業者は、緊急度の高さが確実に伝わる方法で、ユーザーに向けて継続的な告知を行う必要がある。また、ユーザー側も日頃からリコール情報サイトでチェックして、該当機種のACアダプターを所有していないか、すぐに確認する必要がある。

    18/08/15 13:59:32


  • Inf_category_7 ここ最近ドライブレコーダーが飛ぶように売れているようだ。”あおり運転”による事故がニュースに取り上げられたことがきっかけで、前方だけでなく後方の映像も録画できるタイプが売れ筋だという。事件の証拠として、ニュース報道でもドライブレコーダーの映像が使われることが増えた。事故対策として購入しようと考えている人も多いと思うが、ドライブレコーダーは、電波法に適合する必要があることをご存じだろうか。一部のドライブレコーダーは、電波法が定める「技術基準適合証明」を表示しないまま出荷したことが判明し、リコール(回収・交換)が報じられた。安全面や電波干渉などの問題を規制するための法令でもあるので、使用中のドライブレコーダーが、リコール対象ではないかどうか確認する必要がある。

    18/08/09 16:37:11


  • Inf_category_7 自宅よりも外でスマホを使用する時間のほうが長いという人は少なくないのではないだろうか。自宅なら充電切れの心配はないが、外出が多かったり、十分な充電時間を確保できかったときには、モバイルバッテリーがあると心強い。モバイルバッテリーには、大きく分けて 1.乾電池を入れ替えて充電するタイプ 2.リチウムイオンバッテリに充電しておくタイプがある。外出時に急なバッテリー充電が必要な場合は、乾電池タイプがあると役立つかもしれない。しかし、乾電池式の充電器の一部には、充電器内部の端子金具同士が接触し短絡(スパーク)が生じるおそれで、リコール対象となっている製品もあるので注意が必要だ。
    もしモバイルバッテリーをお持ちであれば、リコール対象ではないかどうか確認する必要がある。

    18/08/08 17:17:54


  • Inf_category_7 連日の記録的な猛暑、夜になっても暑いため熟睡できずに夏バテ気味の人も多いのではないだろうか。今年は異常気象なので、通常の暑さ対策ではしのぐことはできない。ニュースでは、室内の熱中症対策として、エアコンや扇風機の使用を控えることなく、上手に使用して、熱中症を防ぐよう頻繁に注意喚起している。そのような中、エアコンを使用中に、製品とその周辺を焼損する火災発生が報じられた。火災を起こしたのは、2018年1月からリコール(点検・改修)を実施していた製品だという。リコール対象台数93万台のうち、改修率は5.9%と、かなり低く危険な状態だ。エアコンの使用頻度が高いこの時期、故障で使えなくなるだけでも大きな痛手だが、火災事故を起こすような問題が起これば、その被害はあまりに大きい。自宅で使用中のエアコンが、リコール対象製品でないかどうか、製品型番のチェックは必須だ。

    18/08/02 16:08:04


  • Inf_category_7 今や一家に一台はあるといわれる冷蔵庫。冷蔵庫設置後は常に電源オンのまま長期にわたって使用するため、安全性が高い製品・信頼性があるブランドから選んで使用したいものだ。先日、シャープが1996年12月~2001年3月に製造した冷凍冷蔵庫で、製品を焼損する火災が報じられた。この冷蔵庫は、2012年4月からリコール(点検・交換)を実施中で、対象台数約73万台のうち、改修率は33.3%(2018年6月30日時点)とのこと。つまり、約3分の2の対象製品が、まだどこかで発火の危険性を秘めたまま使用されている可能性が高いといえる。実際、2017年には4件もの火災を起こしているので、その緊急性は高い。製品型番は、冷蔵室ドアの内側に記載されているので、リコール対象でないかどうかを確認し、もしも対象製品なら、メーカー窓口へ連絡する必要がある。

    18/07/31 16:29:40


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2018 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.