• Share (facebook)
Yahoo! JAPAN IDでログイン
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 家電


注目情報
点検&修理 BRAVIA 3機種 基板接続端子部接触不良の恐れ 17/01/24 031769
回収&交換 パナソニック 壁掛扇風機一部 発火の可能性 17/01/24 031762
点検&部品交換 バルミューダ 扇風機一部 部品に亀裂・破損の恐れ 17/02/06 031862
回収&交換 モバイルバッテリ MIXJUICE 発熱・発煙の恐れ 17/01/18 031873
回収&返金 ハック モバイルバッテリ一部 発煙・発火の恐れ 17/02/27 032035
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
お詫び フロンティアワー... 増田こうすけ劇場DVD一部 エンドクレジットに誤表記 NEW 17/07/24 17/08/17
回収&返金 ベルソス ベルソス モバイルバッテリ一部で出火事故 17/03/13 17/08/14
返金 MonotaRO... MonotaRO SDHCカード一部 4GB商品に8GBラベル誤貼付 17/08/07 17/08/10
回収&交換 坂本ラヂヲ 坂本ラヂヲ カメラ用保護ガラス一部 自社基準満たず 17/08/04 17/08/10
回収&交換 ユニバーサルミュ... 野口五郎 10周年リサイタル完全収録盤 一部収録ミス 17/08/09 17/08/09
回収&交換 スクウェア・エニ... ドラクエ11 勇者のつるぎボックス 箱破損の可能性 17/08/08 17/08/09
回収&交換 ニアバイダイレク... RAVPower電源コードセット一部 PSE技術基準不適合 17/07/27 17/08/09
回収&交換 シーバイエス シーバイエス 業務用掃除機一部バッテリ 発火の恐れ 17/08/04 17/08/07
改修 富士ゼロックス 富士ゼロックス 海外仕様の複合機一部で火災 17/08/01 17/08/07
回収&交換 ポニーキャニオン... 家庭教師ヒットマンREBORN! 一部ブックレットに誤植 17/08/02 17/08/03

ジャンル一覧 > 家電

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_7 NITEの公表によると、ズボンのポケットに入れていたスマホが発熱・発煙し、火傷を負う事故が発生したとのこと。使用者がポケットにスマホを入れた状態で転倒したため、スマホに外部から衝撃が加わり、内部ショートが生じて異常発熱し焼損したと考えられるという。リチウムイオンバッテリーは外部からの衝撃で内部ショートが発生する危険があるので、リコール製品ではなくても安全な使用方法で身つけることは大切だ。

    17/08/09 16:51:32


  • Inf_category_7 PCの電源周りなどで雷保護装置を使用しているユーザーも多いはず。消費者庁の公表資料によると、製品起因が疑われる事故として雷保護装置の事故が報告されている。異音を発生し、雷保護装置と周辺を焼損する火災が発生したとのことで、事故原因は現在調査中という。当該製品の電子部品が絶縁劣化して発熱した際に、異常温度上昇を防止する機能が正常に働かず、発煙・発火に至ったと考えられるとのこと。該当製品はリコールを2010年から実施中だが2017年までの回収率は6.0%という。リコール回収の難しさが表れている。

    17/08/08 15:12:49


  • Inf_category_7 消費者庁の重大製品事故に係る公表によると、消費生活用製品安全法に基づき製品起因が疑われる事故(製品起因か否かが特定できていない事故を含む)が報告されている。うちプラズマテレビ1件、リチウム電池内蔵充電器1件となっている。プラズマテレビは、当該製品で視聴中、当該製品の内部部品を焼損する火災発生で現在、原因を調査中とのこと。またリチウム電池内蔵充電器は当該製品を充電中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生、現在原因を調査中という。日頃から家庭で使用中の製品にリコールが発生していないかチェックする習慣をお勧めしたい。

    17/08/08 08:50:18


  • Inf_category_7 続けてNITEの公表資料よると、年度別に、平成24年度19件、平成26年度48件、平成28年度108件と年々大幅に増加しており、被害状況別に見ると、全体の約7割が火災等の拡大被害(製品及び周囲が焼損等したもの)に至っているという。また、事故の原因は、製品の不具合によるものが全体の78%(127件)と最も多くなっているとのこと。274件の事故のうち、34%(93件)は回収などのリコール対象製品によるもので、回収交換などが適切に行われていれば防げた事故も多い。

    17/08/01 13:19:07


  • Inf_category_7 NITEによると、リチウムイオンバッテリーは、高容量、軽量ですが、ここ数年、製品事故が急増しているとのこと。NITEに通知された製品事故情報によると、ノートパソコン、モバイルバッテリー及びスマホに搭載されたリチウムイオンバッテリーによる事故の情報は、平成24年度~平成28年度の5年間に274件(ノートパソコン110件、モバイルバッテリー108件、スマホ56件)という。正しい使用方法とリコールの有無の確認は大切だ。

    17/07/31 16:35:40


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2017 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.