• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_4  ダイハツ タント フロントスタビライザ不具合でリコール

    スタビライザの折損は、車両の操縦性に影響を及ぼし、事故につながる可能性があるため、事業者は安全対策を徹底し、消費者の安全を確保する責任があります。

    ユーザーにとっての危険性については、水素脆化は材料の内部に水素が侵入し、その結果、材料が予期せず破壊する現象です。この現象は、特に高い応力がかかる部品で問題となり、車両の安全性に直接影響を与える可能性があります。
    フロントスタビライザが折損すると、車両の操縦性が著しく低下し、走行中に事故につながるリスクが高まります。

    メーカーは、製造工程の見直しと品質管理の強化を行い、再発防止策を講じる必要があります。また、リコール対象車両の所有者に対して、迅速かつ効果的な修理サービスを提供することが重要です。

    以上の点を踏まえ、事業者はリコールに関する情報を透明にし、消費者への安全確保を最優先に行動することが求められます。所有者はリコール情報を注意深く確認し、必要な対策を講じることが重要です。

    24/05/24 14:24


  • Inf_category_4  キャデラック CT5 乗降支援灯不具合でリコール

    乗降支援灯の不具合は、夜間や低視認性条件下での安全性に影響を及ぼす可能性があります。メーカーは、安全性を最優先に考慮し、迅速な対応を行う必要があります。

    乗降支援灯の不具合により、他のドライバーや歩行者に対する視認性が低下し、事故につながるリスクがあります。特に、ランプの照明部が直接見えることで、対向車のドライバーが眩惑される可能性があり、これは夜間運転時の安全に重大な影響を与える可能性があります。

    メーカーは、乗降支援灯照明の配線を切断し、ダミーキャップに交換するという対処方法を提供しています。消費者は、この改善措置が完了するまで、特に夜間の運転には注意が必要です。

    以上の点を踏まえ、メーカーはリコールに関する情報を透明にし、消費者への安全確保を最優先に行動することが求められます。

    24/05/24 14:17


  • Inf_category_1  SHOXグルメサワー 規格基準不適合で自主回収

    ソルビン酸カリウムの使用が規格基準に適合していない場合、消費者への健康リスクを評価し、必要に応じて追加の安全対策を講じる必要があります。現在のところ、ソルビン酸カリウムの検出濃度が非常に低いため、健康被害の可能性はないとされていますが、予防措置としての情報提供は大切です。

    ソルビン酸カリウムは通常、食品の保存料として使用され、適切な使用基準内であれば安全とされています。しかし、過剰摂取や特定の条件下では、アレルギー反応や他の添加物との相互作用による健康リスクが懸念されます。

    事業者は自主回収情報を迅速かつ正確に公開し、消費者が容易にアクセスできるようにする必要があります。

    また効果的な回収プロセスを確立し、消費者が製品を簡単に返却できるようにすることが重要です。


    24/05/24 14:13


  • Inf_category_1  フランクフルトソーセージ アレルゲン誤表示で自主回収

    ラベルの誤貼付は、主に人的ミス、プロセスの不備、または確認作業の不足によるものと考えられます。

    食品工場でのラベル誤表示を防ぐためには、似た製品のラベルを異なる時間帯に貼る、ラベル確認者を定期的に交代させる、指さし呼称を徹底するなどの対策が有効と考えられます。

    アレルゲン表示の欠落は、アレルギーを持つ消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があります。

    事業者は、アレルゲン管理の徹底と教育の強化、ラベル貼付けプロセスの見直しが必要と言えるでしょう。

    今回の事案では、幸いにも健康被害の報告はありませんが、今後同様の事故を防ぐためにも、事業者はアレルゲン管理とラベル表示の正確性を確保することが重要です。

    24/05/23 09:28


  • Inf_category_4  ベンツV220d エンジンコントロールユニット不具合でリコール

    この不具合は、エンジン警告灯(MIL)が点灯し、出力が制限されることで、運転中の安全性に影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合、排出ガスが悪化し、排出量が基準値を満足しなくなるおそれがあるため注意が必要です。

    事業者は、リコール対象となる車両の所有者に対して、迅速かつ明確に情報を提供し、修理の手配を行う必要があるでしょう。

    リコール対象車両は、エンジンコントロールユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換える改善措置が実施されます。

    また、顧客がスムーズにリコール対応を受けられるよう、十分なサポート体制を整えることが重要です。

    このリコールは、運転中の安全性を確保し、環境基準に適合する排出ガスの維持を目的としていますので、適正な対応が望まれます。

    24/05/23 09:19


  • Inf_category_4  ベンツGLE450 4MATIC他 48V配線不具合でリコール

    この不具合は、走行中の振動などにより導通不良が発生し、警告灯が点灯する可能性があります。増加した電気接触抵抗による発熱は、最悪の場合、火災を引き起こすリスクがあります。

    所有者は、自身の車両がリコールの対象であるかリコール情報を確認する必要があります。

    メーカーは、顧客がスムーズにリコール対応を受けられるよう、十分なサポート体制を整えることが重要と言えます。

    このリコールは、消費者の安全を確保し、将来的なリスクを未然に防ぐための重要な措置です。
    所有者は速やかに対応を行い、事業者は透明性を持って情報提供を行うことが求められます。

    24/05/23 09:12


  • Inf_category_1  ハバネロソース グリーンホット 一部膨張による液漏れで自主回収

    顧客の安全を最優先に考え、迅速な情報提供と対応が求められます。事業者は、リコール情報を積極的に公表し、消費者への周知を徹底することが重要です。

    また、品質管理体制の見直しと強化を行い、信頼回復に努めることも求められます。

    ソースの膨張による液漏れは、商品の品質に問題があることを示しています。液漏れが発生すると、食品を扱う際に不便や汚れが生じる可能性があります。

    これまで健康被害の報告はないとのことですが、引き続き注意が必要です。

    安全な食品を提供するために、このようなリコール情報は常に最新の状態を確認し、適切に対応することが求められます。

    24/05/22 10:16


  • Inf_category_4  ボルボ EX30 ディスプレイ用制御コンピュータ不具合でリコール

    安全運転に必要な情報が表示されないという事態は、運転者にとって非常に危険です。ディスプレイの不具合は、運転中の注意散漫や事故につながる可能性があるため、迅速な対応が求められます。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、直ちに連絡を取り、修理の手配を行うことや、ディスプレイヘッドユニット(DHU)の制御プログラムを対策プログラムに書き換えることで、不具合を解消することが必要です。

    ディスプレイ用制御コンピュータの不具合により、速度計や警告灯が表示されない場合、運転者は重要な車両情報を見逃すリスクがあります。
    特に後退時に車両直後確認画像が表示されないと、後方の障害物に気づかず事故を引き起こす可能性があります。

    このような状況は、運転者だけでなく、他の道路利用者にも危険を及ぼすため、早急な対処が必要です。

    24/05/22 10:02


  • Inf_category_1  栄養マルシェ 一部プラスチック異物混入で自主回収

    顧客の安全を最優先に考え、迅速な情報提供と対応が求められます。また製品の回収に加えて、原因の徹底的な調査と再発防止策の策定が必要です。

    事業者は、回収対象商品を明確にし、購入者への周知を徹底することや、回収プロセスを簡素化し、顧客が容易に対応できるようにすることも必要となります。

    また、品質管理体制の見直しと強化を行い、信頼回復に努めることも望まれます。

    今後も安全性を確保するためには、事業者は品質管理体制をさらに強化し、消費者は購入した製品に注意を払い、異常があればすぐに報告することが重要です。

    24/05/22 09:56


  • Inf_category_4  ベンツ GLC220d 4MATIC他 リコール

    ヒューズに亀裂が入っている場合、走行中の振動で断線し、重要な安全システムが停止する可能性があります。

    これにはエアバッグシステム(SRS)の機能停止やメーターパネルの消灯が含まれ、最悪の場合、駆動力の喪失により走行不能になるリスクがあります。

    はんだが剥がれている場合、ヒューズが機能せず、短絡が発生すると周囲が溶損し、火災に至る危険があります。

    メーカーは、リコール対象車両の所有者に対して直ちに通知することが重要です。また 将来的な製品の安全性を確保するため、製造プロセスの見直しと品質管理の強化が必要です。

    対象車両の所有者は、指定サービス工場で点検を受けることが推奨されます。修理サービスを受け、ヒューズの交換や必要なソフトウェアの更新を行って安全を確保することお勧めします。

    24/05/21 10:29


  • Inf_category_1  たこメンチカツ カラストンビ(タコの口)混入で自主回収

    原料のタコの「カラストンビ(タコの口(くち))」が混入した商品を喫食した場合、口内を怪我する可能性があります。これまで健康被害の報告はないものの、注意が必要です。

    カラストンビは、タコやイカの口にある部分で、上下の顎に相当します。外から見える部分は黒色で、奥へ行くにしたがって色が薄くなります。キチン質からなる硬い組織です。

    事業者は、万全を期して、同一の原材料を使用した対象商品を自主回収することは適切な対応です。喫食された場合のリスクを最小限に抑えることになります。

    事業者は、品質管理体制の強化や情報提供の改善を通じて、再発防止に努めることが望まれます。消費者は、対象商品を持っている場合は返品手続きを行い、注意喚起に従って行動することが大切です。

    24/05/21 10:21


  • Inf_category_1  フードカッターのナットが混入 餃子商品 自主回収

    フードカッターのナットが混入した餃子を消費することで、歯が欠ける可能性があります。また、高齢者や小さなお子様が誤って飲み込むと、喉を詰まらせる危険があります。

    消費者は購入した餃子のパッケージを確認し、対象の製品であれば直ちに消費を中止し、販売店に返品する必要があります。

    事業者は、製造工程における品質管理を徹底し、異物混入のリスクを最小限に抑えるための対策を講じる必要があります。

    消費者の安全と信頼に影響を与える事案において、事業者は、製品の安全性を確保し、再発防止に向けた具体的な行動を取ることで信頼回復に努めることが望まれます。

    また、消費者は、購入した食品に注意を払い、異常があればすぐに報告することが大切です。この事案を通じて、食品安全に対する意識が一層高まることを期待します。

    24/05/21 10:13


  • Inf_category_4  ベンツGLC220d 4MATIC他 計36車種のリコール

    ベンツGLC220d 4MATIC他 計36車種においてリコールが公表されました。

    走行中の振動により断線し、SRSシステムが停止する可能性があります。これは、衝突時のエアバッグ展開などの安全機能に影響を及ぼす可能性があります。

    またヒューズが機能せず、短絡が発生すると周囲が溶損し、火災に至るリスクがあります。

    事業者は、製造過程での品質管理を徹底し、ヒューズエレメントの亀裂やはんだ剥がれが発生しないようにすることが重要です。

    同様の不具合が発生しないよう、設計や検査プロセスの見直しを行うことが望まれます。

    所有者はリコール情報を参照し、自身の車両がリコール対象かどうかを確認し、必要な措置を講じることが重要です。

    24/05/20 10:35


  • Inf_category_4  ベンツA200d他 チャージエアディストリビュータ不具合でリコール

    不具合のあるチャージエアディストリビュータは、潤滑不良により吸気経路が制御できなくなる可能性があります。
    これにより、エンジン警告灯(MIL)が点灯し、車両の出力が制限されることがあります。

    最悪の場合、排出ガスが悪化し、排出量が基準値を満足しなくなるおそれがあり、環境への影響があります。

    事業者は、すべての対象車両に対して改善措置を迅速に実施することが重要です。顧客がリコールに関する情報を容易に入手し、必要な措置を取れるように、顧客サポートを強化することが望まれます。

    このようなリコールは、事業者が製品の安全性と品質を保証するための重要なプロセスです。消費者としては、リコール情報を適切に把握し、迅速に対応することが安全を確保する上で不可欠です。
    また、事業者はこの機会を利用して、将来的な問題を防ぐための品質管理体制を見直し、改善することが重要です。

    24/05/20 10:26


  • Inf_category_102  アツゾコベルトサンダル ベルト強度不足で自主回収

    ベルト部分の強度不足は、使用中に突然壊れる可能性があります。これにより、転倒や怪我のリスクが考えられます。特に歩行中や階段の昇降時には注意が必要です。

    事業者は、今回の強度不足が発覚したことから、製造過程における品質管理の徹底が必要です。特に、強度に関わる部分の検査を厳格に行うことが重要と言えます。
    また今後同様の問題が起こらないよう、再発防止策を策定することで消費者の信頼に応えることも大切です。

    安全な製品を提供することは、消費者の信頼を得るためにも最優先事項ですので、製品の安全性を再確認し、消費者に安心して使用してもらえるよう努めることが重要です。

    24/05/20 10:16


  • Inf_category_7  ミニグローブライト 充電時に発熱発火の恐れでリコール

    リコールの該当製品は充電時に発熱や発火のリスクがあることが判明しています。これは、使用中ではなく、充電中にのみ発生する問題です。発火は重大な安全リスクをもたらし、火災や財産損害、さらには人命にまで影響する可能性もあります。

    事業者は、迅速にリコールを開始し、消費者に対して直ちに情報を提供する必要があります。

    リコールの情報は、ウェブサイト、ソーシャルメディア、店頭、そして可能であれば直接連絡を通じて、広く周知されることが望ましいです。

    また今後同様の問題が発生しないよう、製品設計の見直しや品質管理プロセスの強化が必要でしょう。

    消費者の安全と信頼を確保するためには、事業者、と消費者が協力して、製品の安全性を確保し、リスクを最小限に抑えることが不可欠です。

    24/05/17 14:11


  • Inf_category_4  ベンツ A180 他 電動パワステ不具合リコール

    自動車の操舵機能は運転の安全性に直結しており、その重要性は言うまでもありません。このような重大な不具合が発覚した場合、迅速かつ効果的な対応が求められます。

    リコールは、消費者の安全を守るために不可欠な措置であり、メーカーの責任と信頼性を示す重要な機会と言えます。

    事業者は、不具合とリコールの詳細について、消費者に対して透明かつわかりやすい情報提供を行うことが大切です。

    また、今後同様の問題が発生しないよう、製品の設計や品質管理プロセスの見直しを行うことも必要と言えます。

    電動パワーステアリングシステムに故障が発生すると、操舵機能が失われ、運転中の車両制御が困難になる可能性があります。
    操舵機能の喪失は、交通事故につながる危険性が高く、特に高速道路などでの運転中には非常に危険です。

    公式ウェブサイトや、国土交通省のリコール情報を確認し、自身の車両が対象かどうかをチェックする必要があります。


    24/05/17 14:05


  • Inf_category_4  CX-60 エンジン制御コンピュータに不具合でリコール

    安全性の確保は自動車メーカーにとって最優先事項であり、リコールはその責任を果たすための重要な手段です。

    マツダは、エンジン制御コンピュータおよびトランスミッション制御コンピュータの不具合に迅速に対応し、リコールを通じて修正措置を講じることで、消費者の信頼を維持し、安全を確保することが求められます。

    事業者は、リコールの詳細と修理の可否について、消費者に対して迅速かつ明確に情報を提供することが重要です。
    また、将来的な不具合を防ぐために、品質管理体制の見直しと予防措置の強化が必要です。

    CX-60のユーザーは、安全を確保するためにも、公式ウェブサイトや販売店からの通知を通じて、リコール情報を確認し、対象車両かどうかをチェックすることをお勧めします。

    24/05/17 13:53


  • Inf_category_1  だししゃぶ鍋のつけだれ 一部風味不良で自主回収

    「茅乃舎 春限定だししゃぶ鍋のだしと二種のつけだれ(梅風味)」に同封されている「梅ごまだれ」について、加熱不十分による袋の膨張と風味の損失が確認され、自主回収が実施されています。

    袋の膨張は、中身が腐敗している可能性があることを示唆しており、消費者にとっては健康上のリスクがあると考えられます。

    ただし、現時点で健康被害の報告はなく、健康危害を及ぼす菌は検出されていないため、人体に悪影響はないとされています。

    事業者は、回収プロセスを効率的かつ容易に行えるようにし、消費者が返品や返金をスムーズに行えるようにすることが重要です。

    また、再発防止のために、品質管理体制を見直し、製造工程の改善を図ることも求めらます。消費者自身もリコール情報に注意を払い、安全に対する意識を高めることが大切です。

    24/05/16 18:00


  • Inf_category_1  デイリーブレッド 一部小麦粉と食用油の異物混入 自主回収

    事業者は、製造過程での異物混入を認識し、消費者の安全を確保するために迅速に対応することが大切です。

    アレルゲンや健康に関する問題がないとされていますが、消費者の不安を解消し信頼を維持するためにも、透明性を持って情報を提供し、回収を行うことが望ましいです。

    事業者は、今後の製造プロセスの改善と、品質管理の徹底を図ることで、同様の問題の再発防止に努める必要があるでしょう。

    また、回収対応においては、消費者に対して返金や交換の方法を明確に伝え、スムーズな対応を心がけることが大切と言えます。

    24/05/16 09:52


  • Inf_category_1  バターロールに一部ツナロール混入で自主回収

    事業者は、誤包装された商品によるアレルギー反応のリスクを迅速に認識し、消費者の安全を最優先に考えた行動を取ることが重要です。

    今回のように、アレルゲンを含む商品が誤って別の商品に混入した場合、アレルギーを持つ消費者にとっては健康リスクとなります。そのため、回収は適切な対応であると言えます。

    事業者は、回収情報を消費者に対して明確かつ迅速に伝え、適切な回収対応を行う必要があるでしょう。

    また、事業者は、今後同様の事故が起こらないよう、包装プロセスの見直しと徹底した品質管理体制の強化が必要です。

    アレルゲン情報の表示をより明確にし、消費者が安心して商品を選べるような措置を講じることが望まれます。

    24/05/16 09:41


  • Inf_category_1  キーマカリー 一部プラスチック片混入で自主回収

    「ナンがひきたつこだわりのカリー キーマカリー」の自主回収は、製品にプラスチック片が混入している可能性があるため、消費者の安全を最優先に考えて実施されています。

    健康被害の報告はないものの、プラスチック片が食品に混入することは、消費者にとって誤飲のリスクを伴います。

    事業者は迅速な対応を行い、消費者の信頼を維持するためにも、透明性を持って情報提供を行うことが求められます。

    事業者は、品質管理体制を見直し、製造過程での異物混入を防ぐための具体的な再発防止策を講じるべきです。

    また、消費者自身もリコール・自主回収情報に注意を払い、安全に対する意識を高めることが大切と言えます。

    24/05/15 09:19


  • Inf_category_105  アクシスZ LTS125 速度伝達用ケーブル不具合でリコール

    「ヤマハ アクシスZ LTS125 他 計2車種」速度伝達用ケーブルの不具合により、速度計が正しい速度を表示しなくなる可能性があります。

    これは、特に高速走行時や交通量の多い道路での使用において、安全上のリスクをもたらす可能性があります。

    速度の誤認識は、過剰な速度での運転や、予期せぬ速度変更を引き起こし、事故につながる恐れがあります。

    事業者は、リコールの詳細と修理の必要性について、消費者が容易に理解できるように情報を提供することが求められます。
    安全のためにも、リコール対象車両の所有者は早急に対応することをお勧めします。

    24/05/15 09:13


  • Inf_category_6  子供用スキーブーツ ロック機能不具合でリコール

    このような子供の安全性に関わるリコールは迅速かつ効果的に行われるべきでしょう。子供を含む消費者の安全を最優先に考え、リコール情報の周知徹底を図ることが重要と言えます。

    また、事業者はリコールの実施だけでなく、原因究明と再発防止策の策定にも力を入れる必要があるでしょう。

    ブーツ上部と下部とのロック機能が予期せずに外れることにより、滑走中にブーツが不意に外れると、転倒や衝突などの事故につながる可能性があります。特に子供用スキーブーツの場合、子供たちが怪我をするリスクが高まるため、非常に危険です。

    消費者はリコール情報を積極的にチェックし、身近な家族の安全を確保するための行動を取ることをお勧めします。

    24/05/14 09:16


  • Inf_category_102  サンダル商品 一部甲バンド部分が抜ける恐れ自主回収

    製品の安全性は消費者にとって最優先事項です。甲バンド部分が抜けるという問題は、使用中の安全性に直接関わるため、事業者は迅速な対応を通じて消費者の安全を確保する責任があります。

    事業者は、危険性がある製品の使用を直ちに中止し、回収を促すことで安全対策の実施が求められます。また、今後の品質向上と同様の問題の未然防止策を講じることも望まれます。

    消費者は、甲バンド部分が抜けることによる転倒や怪我のリスクを意識しておく必要があるでしょう。
    この事案を通じて、事業者と消費者の双方が製品の安全性についての意識を高め、信頼関係を維持・再構築する機会となることを願います。

    24/05/14 09:08


  • Inf_category_1  おつまみナッツ 一部風味不良で自主回収

    このような自主回収は、消費者の信頼を維持し、将来的な健康被害を防ぐために重要と言えます。

    事業者は迅速かつ適切な対応を行い、消費者に対して十分な情報を提供することが求められます。

    事業者は、原因究明と再発防止策の徹底によって、品質管理の強化が求められるでしょう。

    現時点で健康被害の報告はありませんが、風味不良が生じた原因によっては、将来的に健康への影響が出る可能性も考慮する必要があります。

    この事案を通じて、事業者と消費者の双方がより良い商品安全の体制を築く機会となることを願います。

    24/05/14 09:03


  • Inf_category_102  パンプス商品 一部ヒールが外れる可能性で自主回収

    ヒールが外れる可能性があることは、消費者にとって明らかな安全上のリスクです。

    着用中にヒールが外れると、転倒や怪我の原因となり得ます。特に階段の上り下りや不安定な地面を歩く際には、大きな危険を伴います。

    事業者は、製品の設計から製造、出荷に至るまでの各段階での品質管理プロセスを見直し、強化することが重要です。

    また今回の問題がどのようにして発生したのかを明確にし、再発防止のための具体的な策を策定することも望まれます。
    ブランドに対する信頼に応えるためも、今後の製品開発においては、安全性をさらに高めるための設計改善を図ることが望まれます。

    24/05/13 10:37


  • Inf_category_6  入浴剤商品(カモミールの香り) 一部自主回収

    製品内の成分分布に偏りがあることは、使用時の効果にばらつきをもたらす可能性があります。

    医薬部外品として承認された成分のみが使用されているため、重篤な健康被害の発生は考えにくいです。これまでに健康被害の報告はないとのことですが、消費者には不安を与えかねません。

    事業者は、原料の混合工程の見直しと品質管理体制の強化を行い、製品の品質を保証することが求められます。また、今後同様の問題が発生しないよう、製造プロセス全体のチェック体制を強化することが不可欠と言えるでしょう。

    今回のような成分分布の偏りがあった場合、信頼性にも影響を及ぼす可能性があるので信頼に応える適切な対応が望まれます。

    24/05/13 10:27


  • Inf_category_1  麩まんじゅう アレルゲン表示(小麦,乳)の欠落

    アレルゲン表示の欠落は、食物アレルギーを持つ消費者にとって健康リスクをもたらす可能性があります。

    特に、小麦や乳は一般的なアレルゲンであり、これらの表示がないことで、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。これは、皮膚の発疹や消化器系の問題から、アナフィラキシー反応に至るまで様々です。

    事業者は、アレルゲン管理プロセスの見直しと従業員の教育強化を行い、再発防止策を講じることが求められます。
    さらに、アレルギー表示に関する最新の法規制やガイドラインを常に把握し、遵守する体制を整えることが不可欠でしょう。

    今回のような表示の欠落があった場合、消費者のブランドイメージに影響を及ぼす可能性を考慮して、信頼回復に努めることが大事と言えます。


    24/05/13 10:18


  • Inf_category_1  こびりあんころ餅 包装容器の膨張で自主回収

    「こびりあんころ餅」の一部商品において、包装容器の膨張や酵母菌による汚染の可能性があることが判明しました。これにより、健康被害が発生する恐れがありますが、現時点で健康被害の報告はありません。

    包装容器の膨張や酵母菌による汚染は、食品の安全性に直接影響を及ぼす可能性があります。酵母菌による汚染は、食中毒などの健康被害を引き起こすリスクがあります。

    購入者は健康被害のリスクがあるため「こびりあんころ餅 9個」は食べるのを控え、購入店舗または連絡受付窓口への申し出をお勧めします。

    事業者は、商品の安全性を確保するために、品質管理体制を見直し、強化することが求められます。今後同様の問題が発生しないよう、品質管理の徹底を図ることで食の安全安心に対する信頼に応えることが望まれます。

    24/05/10 14:26


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.