• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

±2.5Watch ミャンマーから発信中!

Share (facebook) From Myanmar

±2.5watch

±2.5 Watch(プラマイ2.5ウォッチ)は、「リコールプラスASEAN版」構築のためにミャンマーに駐在している編集者が、これまで携わってきたリコール、自主回収のサポート業務の経験から、最近起こっているリコール、自主回収について、わかりやすく解説、提言するコーナーです。

発信地:ミャンマー連邦共和国 ヤンゴン

駐在目的:2015年秋に予定されているASEAN経済統合で、「物」の流通の増大が予想されるなか、「リコールプラスASEAN版」を提供し、ASEAN各国の消費者に安全安心情報を届けるため。またASEANで製品を販売する企業にも安全安心情報を届け、品質向上のサポートを行なうため

  • Inf_category_6  園芸機器(草刈機・ブロワ)一部バッテリー充電中発火の恐れ

    家庭用で園芸の草刈機などを使用する機会があるかもしれないが、安全性も大切なポイントだ。先日、園芸機器(草刈機・ブロワ)の一部製品で、付属している充電器の基板部品の不具合により充電中にバッテリー(充電池)が発火する恐れがあることから、充電器をリコール(無償交換)が実施された。発火の原因は充電器によるもので、バッテリー(充電池)及び本体は問題ないため、充電器交換後はそのまま使用できるという。念のためリコール製品ではないか確認が必要だ。

    19/11/12 17:17


  • Inf_category_7  一部ラベルプリンター付属のACアダプタで発熱発火の恐れ

    事務用品としても家庭の中でもラベルプリンターがあると整理整頓に便利だ。使い方に合わせて様々な機能から自分に合った商品を選ぶことができるが、安全性も大切なポイントだ。先日、一部ラベルプリンター商品に付属したACアダプタの一部で、製造上の不具合によりDCプラグ部(テプラ本体との接続部分)が稀に発熱・発煙し、発火に至る可能性があることからりコール(新しいACアダプタと無償交換)が実施された。もしも自宅やオフィスにラベルプリンターがあるなら、りコール対象の商品ではないか確認する必要がある。

    19/11/08 16:56


  • Inf_category_101  ミルクティー 一部商品に微生物が残存した可能性

    ペットボトルでミルクティーを飲む人も多いかもしれないが、風味だけでなく安全性も大切なポイントだ。先日、ミルクティー(500mlペットボトル)一部商品に、中味成分が分離し香味変化が認められた商品があることが判明し自主回収が実施された。これまでに健康被害は確認されていないという。包材への微生物の残留などが複合的に関連し、ごく一部の商品に微生物が残存したと考えられるという。ペットボトルのミルクティーが家にあるなら自主回収の対象ではないか確認する必要がある。

    19/11/07 16:10


  • Inf_category_6  ヘッドライトの一部で、充電中にバッテリ過熱

    登山・キャンプなどで、霧の深い中や夜間はヘッドライトが欠かせないアイテムとなる。明るさや機能は様々だが、自分の使い方に合った商品を選びたい。機能面やデザインだけではなく安全面も大切なポイントだ。先日、登山・キャンプ及びトレイルランニング用ヘッドライトの一部製品で、充電中に内蔵バッテリが過熱する恐れがあることからリコール(返金または代替品と交換)が実施された。トレイルランニング用ヘッドライトをお持ちであればリコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/11/01 16:53


  • Inf_category_1  一部のパスタソースで異物混入の恐れ

    パスタをつくる際にパスタソースがあれば便利だ。様々な味付けの商品があるが、安全性も大切なポイントだ。先日、一部パスタソースのシリーズ3品に、製造ラインで使用している軟質の樹脂製リングの一部が混入している可能性があるため、自主回収が実施された。衛生面での危害や毒性がないことから健康危害はないと考えられ、これまでに消費者からの申出はないという。自宅に自主回収のパスタソースがないか確認する必要がある。

    19/10/24 16:53


  • Inf_category_6  湯たんぽ製品の一部で不具合による水漏れ

    これから寒くなると湯たんぽが活躍することが多くなるのではないだろうか。昔ながらの金属製や、樹脂製などがあり、大きさや形も様々で好みの商品を選んで使用することができる。熱湯を入れて使用することが多いので、安全性は大切なポイントだ。先日、湯たんぽ製品(カバーセット)の一部で、商品不具合により水漏れし、怪我をする恐れがあることから、リコール(自主回収・返金)を実施する。寝ているときに布団を濡らしたり、やけどをしたりしないため、自宅にある湯たんぽは、自主回収対象ではないか確認する必要がある。

    19/10/23 17:00


  • Inf_category_7  一部のスマートウォッチで裏蓋が外れる可能性

    スマートウォッチは、メールやスマホの着信だけなく、万歩計、心拍数、血圧計などさまざまな機能を付けて便利なアイテムとなり、ユーザー層も広がりをみせている。自分の好みや必要だと思う機能の製品を選ぶことができるが、製品の品質も大切なポイントだ。先日スマートウォッチの一部商品で、時計の裏蓋が外れる可能性があることが判明したためリコールが実施された。(手元の商品に不具合が生じた場合は、返金または同じ品番の新しい商品と交換)手持ちのスマートウォッチが該当品ではないか確認する必要がある。

    19/10/21 16:34


  • Inf_category_7  ACコンセント付USB充電器で発熱のリコール

    スマホ、タブレット、ノートPCを所有していると、充電の際に使用できるコンセントがふさがってしまうことは多い。そのような時にACコンセント付USB充電器は便利なアイテムだ。1つのコンセントで複数の電子機器が充電できるので、一人でコンセントを占有してしまうことを避けられる。ただし、安全性の高い製品を使いたいものだ。過去に一部のACコンセント付USB充電器(USB2ポート 3コンセント)で、ACプラグ(刃先)内部の加工不良により接触不良、発熱の危険性があることが判明しリコール(回収)が実施された。所有する電子機器を充電器に繋いでから寝るというユーザーも多いと思うので、リコール対象のACコンセント付USB充電器を使用していないか確認する必要がある。

    19/10/18 17:13


  • Inf_category_110  ラトルを口に入れた子供がマジックテープで怪我の恐れ

    赤ちゃんの最初のおもちゃとしてラトルがよくプレゼントされるようだ。ラトルは、振ると音がなるもので素材や形は様々であり、ガラガラという呼び名でも知られている。赤ちゃん向けのおもちゃなので、安全性は大切なとてもポイントだ。先日、一部のラトルで、子どもが口に入れた際マジックテープで口元を怪我する事故が報告されていることから、リコールが実施された。マジックテープを外した商品と交換・返金の対応。もしもラトルがあるなら、リコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/10/17 16:17


  • Inf_category_7  エアコンの室内機で一部ソフトウェア不備

    エアコンに限らず、家電製品の多くはリモコンで動作する。もしもエアコンをリモコン操作したのに、誤動作する可能性があるなら不便である。先日、エアコンの室内機において、一部ソフトウェア上の不備があり「無線LAN接続時にエアコン本体のお知らせランプが誤点灯」「エアコンの”快適おまかせ気流”設定が意図しない操作で切れる」の不具合症状が発生することが判明した。ソフトウェアの修正対応(無償)。修正対象のエアコン製品を使用していないか確認する必要がある。

    19/10/16 16:52


  • Inf_category_7  ワイヤレスチャイム 電波法の基準範囲超過の恐れ

    ワイヤレスチャイムは、配線が不要なので、玄関の呼び出しから、家の中の介護用品として有効なアイテムだ。日常生活に役立つ機能から使い方に合うものを選んで使用できるが、法に適合していることも大切なポイントだ。先日、「ワイヤレスチャイム」が、総務省より電波法に規定された微弱電波基準値の範囲を超えているとの指摘を受け、対象製品を継続使用すると電波法に違反する恐れがあるため、販売中止し、自主回収となった。自宅にワイヤレスチャイムがあるなら確認する必要がある。

    19/10/15 10:49


  • Inf_category_7  USBクリップファン リチウムイオン電池不具合リコール

    節電や室内の温度が均等にならないといった理由でコンパクトな扇風機を個人的に利用する人がいるかもしれない。暑いときに腕を振らずに風が送れるクリップ型の扇風機もさまざまな製品がでているが、安全性に問題がないか確認することは大切なポイントだ。先日、一部のUSB扇風機で、充電中に何らかの不具合で内蔵のリチウムイオン電池が発火し、外郭が一部焼損する事案が発生したためリコール(自主回収・返金)が実施された。安全安心のため、手持ちのハンディファンはリコール(自主回収)対象の製品ではないことを確認する必要がある。

    19/10/11 16:37


  • Inf_category_7  ワイヤレスイヤホンの充電ケーブルで異常発熱の恐れ

    ワイヤレスイヤホンは、通勤通学などの外出中に音楽やラジオを聴くのに便利なアイテムだ。コードの取り回しや長さを気にする必要もない便利さの反面、バッテリーで動作するので充電しながら使い続ける必要がある。バッテリーが搭載されるので安全性は大切なポイントだ。先日、Bluetoothワイヤレスイヤホンの一部で、充電ケーブルがイヤホンを異常発熱させ、使用者に火傷を負わせる危険性があることから、リコール(自主回収・交換)が実施された。もしもワイヤレスイヤホンを所有しているなら、リコール対象の製品ではないか確認する必要がある。

    19/10/10 16:05


  • Inf_category_6  土鍋の底が抜ける事例発生で自主回収の再社告

    これから寒くなると出番が増えてくる土鍋。鍋料理はもちろん、ごはんを炊いたり、他の料理に使ったりと、使い勝手の良い調理道具だ。一人用から家族用まで、サイズは大小さまざまだ。また、直火だけでなく、IH対応の商品も販売されるようになっている。長く使える土鍋を選びたいものだが、一部の土鍋で、使用中に土鍋本体の底が抜ける事例が発生したことから、自主回収が再社告された。熱々の鍋料理を家族で囲んでいる最中に、ひび割れや底抜けがおこるなら、怪我や火傷に至る可能性があり、とても危険だ。安全確保のため、自宅の鍋が自主回収対象でないか確認する必要がある。

    19/10/09 16:41


  • Inf_category_110  スタイ2点セットでボタンが取れる恐れ

    最近のお母さんたちは「よだれかけ」を「スタイ」と呼ぶことがある。大手海外メーカー製のよだれかけの商標名が定着したことが理由として考えられるようだ。たくさんの種類の中から、子供が喜んで身に着けてくれそうな商品を選ぶことができるが安全性は大切なポイントだ。先日、スタイの2点セットで、子どもがスタイを引っぱるとボタンが取れる危険があり、取れたボタンを子どもが飲み込んで窒息する恐れがあるため、自主回収(返金または代替品と交換)が実施された。もしスタイを使っているなら、自主回収対象ではないか確認する必要がある。

    19/10/08 11:25


  • Inf_category_7  ラベルプリンターの一部でACアダプター故障

    オフィスや家庭でラベルプリンターがあると備品の管理や商品ラベルなどの印刷に便利なアイテムだ。試用する用途に合った機能のラベルプリンターを選んで使用できるが、安全性も大切なポイントである。先日、一部のラベルプリンターで、高温高湿度環境下で使用した場合に一部のACアダプターが故障し、カバーが破損する可能性があることが判明したためリコールが実施された。カバーが破損したACアダプターに通電したまま触れると感電の恐れがあるという。所有する製品はリコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/10/07 16:03


  • Inf_category_6  アルコールタイプ除菌ウェットティシュに仕様外の原料混入

    除菌ウェットティシューは、屋内でも屋外でも様々なシチュエーションで役立つアイテムだ。衛生的に清潔な状態を保つために様々なタイプの商品があるが、使い勝手のよいものを選んで使いたい。商品を選ぶうえで安全性も欠かせないポイントだ。先日、アルコールタイプ除菌ウェットティシューの一部に、仕様外の原料(メタノール)が混入している可能性があることから、自主回収(返金)が実施された。通常の使用方法で人体に影響が生じる可能性は低いという。安全安心のため、自宅に自主回収の商品がないか確認する必要がある。

    19/10/04 16:11


  • Inf_category_106  一部の薬用ローションで基準を上回る細菌検出

    日焼けの後や乾燥の時期に肌に潤いを与えるため、薬用ローションを使う人は多いのではないだろうか。肌のコンディションや求める効果に合わせて商品を選ぶことができるが、品質や安全性も大切なポイントだ。先日、一部の薬用ローションにおいて、消費者から異臭の問い合せがあり、検査した結果、ロット内の一部でメーカー基準を上回る細菌が検出されたため、自主回収が実施された。病原性がない細菌に分類されているため、重篤な健康被害をもたらす恐れはないとのことだが、安全安心のため、自主回収対象のローションがないか確認する必要がある。

    19/09/26 16:14


  • Inf_category_6  アルミテーブルで持ち手の金具が外れる恐れ

    アウトドア用品の中でもコンパクトにたためるテーブルは、キャンプやバーベキューの時期に役立つアイテムだ。サイズや重さ、機能など使い方に合わせたものを選んで使用したいが、安全性も欠かせないポイントだ。先日、「アルミテーブル」の一部で、テーブルの持ち手の金具が外れる恐れがあることから、自主回収(リコール・交換・返金)が実施された。すでにアルミテーブルを所有しているならリコール対象の製品ではないか確認する必要がある。

    19/09/24 17:03


  • Inf_category_6  染毛料一部から微量のホルムアルデヒド

    染毛料は、おしゃれ染めから白髪染めなど様々な理由で使用する人は多い。自分の好みに合ったカラーや、染料のタイプなどから選んで使うことができるが、安全性に問題がないかどうかも知っておきたい。先日、染毛料一部商品からホルムアルデヒドが微量検出されたため、回収が実施された。原因を調査しているものの、規制値を下回るため、重篤な健康被害が発生する可能性はないとのこと。利用者としてはより安全な製品を使いたいので、自分が使用している染毛料は自主回収対象ではないか確認する必要がある。

    19/09/20 16:21


  • Inf_category_6  ウォーター・ボトルの飲み口取り外しで誤飲の恐れ

    通勤・通学のカバンにウォーター・ボトルを入れて使用している人は多いのではないだろうか。好みのデザインや容量を選ぶことができるうえ、ペットボトルのゴミを減らせるので環境的にもよい商品といえるが、安全性に問題がないか確認する必要がある。先日、一部のウォーター・ボトル製品において、クリアシリコンの飲み口が取り外しできることにより、誤飲の可能性があることが判明したため、リコール(自主回収・返金)が実施された。もしもウォーター・ボトル製品を所有しているなら、安全安心のため、リコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/09/17 16:44


  • Inf_category_7  ハンディクリーナーのICチップ発熱で発煙・発火の恐れ

    ハンディクリーナーは、狭い室内や車内といったスペースを掃除するのに便利なアイテムだ。コンパクトであるうえにコードレスタイプであれば、場所を選ばすに使用でき、カーユーザーにとっては利便性が高い。しかしながら、安全性に問題がないか確認する必要がある。先日、コードレスハンディクリーナーの一部製品で、ICチップ部が発熱し、発煙・発火する恐れがあることからリコール(自主回収・返金)が実施された。もしもコードレスハンディクリーナーをお持ちであれば、リコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/09/13 16:10


  • Inf_category_7  照明器具ソケットの不具合でリコール

    部屋を明るく照らし、日々の生活を豊かにしてくれる照明器具は欠かせないアイテムだ。照明は住まいの雰囲気だけでなく、安全性などにも大きく影響するので、生活シーンにあわせて慎重に選びたいものだ。先日、一部の照明器具で、ソケット金具の不具合により、リコール(無償修理・返金)がなされた。もしも金具が破損して照明器具本体が落下する可能性があるなら危険だ。どんなにデザイン性の優れた製品であっても、頭上に設置することを考えると、安全性の高い製品を使用したい。住まいの安全安心のためにも、自宅の照明器具がリコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/09/12 16:35


  • Inf_category_102  サンダル商品で留め具パーツの強度不足

    残暑の中、快適に履きこなすことができるサンダルは、欠かせないファッションアイテムの1つだ。普段使いのタイプから、ヒールの高いサンダル、歩きやすいスポーツサンダルなど、種類はさまざまである。自分に合うサンダルを選びたいものだが、デザインだけでなく安全性も選ぶポイントとして忘れてはいけない。先日、一部のサンダル商品で、留め具パーツのバー部分の強度が不足しており、装着時及び着用中の過度の引っ張りにより破損する可能性があることが判性があるため、自主回収が報じられた。出先で履いている途中に、底がはがれるようなことがあれば、転倒してケガを負う可能性もある。サンダルを履いて出かける前に、自主回収対象の製品でないかどうか、確認する必要がある。

    19/09/11 15:30


  • Inf_category_7  ノートPCのバッテリパックで発煙・発火に至る可能性

    オフィスや家庭といった様々な環境で、ノートPCは社会人や学生などに広く普及し利用されている。サイズ、搭載CPU、メモリ、記憶領域など様々なスペックから選ぶことができるが、製品の安全性も大切である。先日、一部のノートPC搭載されたバッテリパック、交換用バッテリパックの一部で、発煙・発火に至る可能性があることからリコールが実施された。危険のある製品が追加で判明したため、該当するバッテリパックを無償交換するという。大切なマシンやデータだけでなく周辺にも思わぬ被害が広がる可能性があるなら危険だ。手持ちのノートPCのバッテリーはリコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/09/10 16:47


  • Inf_category_7  ラミネーターでセンサー誤作動の可能性

    ラミネーターは、掲示物やメニュー表を汚れから守り、強度を与えてくれるアイテムだ。家庭、オフィスにもあると便利なのだが、種類はさまざまだ。対応サイズや機能など、自分の使い方に合った製品を選んで使いたい。製品の品質、安全性も見落とせないポイントだ。先日、一部のラミネーター製品で、フィルム挿入後しばらくして逆転したり、フィルムの過加熱によりフィルム加工の波打ち現象が発生したり不具合が発生した。使用中のラミネーターは、リコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/09/09 16:44


  • Inf_category_6  折り畳み自転車の一部でフレーム溶接に不具合

    軽量さと軽快さが人気の折り畳み自転車。持ち運べるサイズになるので、車のトランクに積み込んだり、いろいろな場所に持ち運んだりできて便利である。デザインや機能も様々で、好みに合った製品を選べるが、安全性は見逃せないポイントだ。先日、20インチ折り畳み自転車の一部で、車体フレームの溶接部位に不具合のある恐れが判明したことから、リコール(無償点検)を実施する。これまでのところ、溶接部位が外れるなどの報告はないとのこと。もし折りたたみ自転車をお持ちであれば、安全のためリコール対象でないかどうかを確認する必要がある。

    19/09/03 16:41


  • Inf_category_6  シャワーチェアの一部、脚の金属部品に錆発生の恐れ

    風呂場の介護アイテムとしてシャワーチェアを使用している家庭も多いかもしれない。年配者が転倒することなく安心して風呂にはいれるようサポートする大切なチェアだが、品質や安全性に問題がないか確かめる必要がある。先日、シャワーチェアの一部製品で、脚ゴムの中にある金属部品に錆が発生する恐れがあることから、リコール(自主回収・無償交換)が実施された。製品の安全性に問題はないとのことだが、安全安心のため、リコール製品を使用していないか確認する必要がある。

    19/09/02 16:16


  • Inf_category_6  マグネット付きのおもちゃで子どもが誤飲の恐れ

    子供向けのおもちゃは、子供が思いもよらない使い方を想定する必要があるようだ。小さな磁石などを子供が見つけると、口に入れてしまう恐れがあるという。先日、マグネット付きのおもちゃ製品の一部で、本体に挿入された磁石が稀に脱落する可能性があることが判明し、子どもが誤飲する恐れがあるためリコール(自主回収・返金)が実施された。現時点でこの不具合に関する誤飲の報告はないというが、安全安心のため、リコール製品がないか確認する必要がある。

    19/08/22 17:04


  • Inf_category_6  座れるおもちゃ箱、誤った使用でけがの恐れ

    子供のおもちゃを整理するのに、子供が喜んで使える箱を使うのは、かたずけを楽しながらみ教える良い方法かもしれない。おもちゃ箱は、デザインも工夫されているが、安全性に問題がないことを確認する必要がある。先日、「座れるおもちゃ箱」で、子ども等がフタ単体の上に乗ることで、フタ内部の木枠が外れて固定用のホッチキス刃が外皮から表に飛び出し、指に刺さる等のけがを負う事故が報告されているという。安全安心のため、自宅のおもちゃ箱がリコール対象ではないか確認する必要がある。

    19/08/21 16:51


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2019 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.