• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_4  DS 7 クロスバック テールランプ点灯しない恐れでリコール

    テールランプが点灯しないということは、夜間や悪天候時に後続車に自車の存在を知らせることができず、事故の危険性が高まるため重大な問題と言えます。

    テールランプの不具合は、事業者の品質管理体制に問題があったことを示唆しています。
    テールランプの本体とレンズの接合部の溶着が不十分ということは、製品の設計や製造の過程で、適切な強度試験や耐久性試験が行われていなかった可能性があります。

    事業者は、製品の不具合の原因を徹底的に究明し、再発防止策を講じることが望まれます。

    23/11/21 11:11


  • Inf_category_6  ウォームループ 一部加熱で損傷する恐れでリコール

    事業者は製品の不具合に対して対応し、消費者に情報を提供したこと、返品による対応も、消費者の安全を考えたものとして評価することができます。

    製品の不具合は、事業者の品質管理体制に問題があったことを示唆しています。製品の外装部分が劣化するということは、製品の耐久性や安全性に関する試験や検査が不十分だった可能性があります。

    事業者は、製品の不具合の原因を究明し、再発防止策を講じることによって消費者の信頼に応えることが望まれます。

    23/11/21 11:04


  • Inf_category_6  クリアプロテクト ケーブル挿さらない不具合

    PS Portal用 クリアプロテクトは、PS Portal本体を保護するためのアクセサリーですが、純正ケーブルが挿さらないという構造上の瑕疵は、消費者にとって不便や不満を引き起こす可能性があります。

    また、純正ケーブル以外のケーブルを使用すると、PS Portal本体やアクセサリーに損傷を与える恐れもあります。

    事業者は、商品の設計や製造において、品質や安全性を確保するために、適切な基準の再検討や検査を行う必要があるでしょう。

    23/11/20 10:31


  • Inf_category_1  焼鳥串盛合せ 一部温度表示間違いで自主回収

    保存温度表示間違いは、食品の品質や安全性に影響するミスと言えます。
    消費者は表示に従って食品を保存し、賞味期限内に食べると信じていますが、実際には保存温度が適切でないと、食品が劣化したり、細菌が増殖したりする可能性があります。

    事業者は、保存温度表示の基準を遵守し、表示の正確さや一貫性を確保するために、適切な管理体制や検査体制を整備する必要があります。

    また、表示ミスが発生した場合は、速やかに消費者や関係機関に情報を提供し、回収や返品の対応を行うとともに、再発防止策を講じることが望まれます。

    23/11/20 10:26


  • Inf_category_1  パイ商品 一部賞味期限の誤表示で自主回収

    賞味期限の誤表示は、消費者の信頼を損なうだけでなく、食品の品質や安全性に影
    響を与える可能性があります。

    したがって、事業者は賞味期限の表示に関する法令や規制を遵守するとともに、表示の確認や管理を徹底する必要があります。

    消費者に対しては、賞味期限の誤表示について正確な情報を継続的に周知するとともに、賞味期限の過ぎた商品の消費を控えるように注意喚起する必要があります。

    23/11/17 10:58


  • Inf_category_1  ポップコーン商品 一部食品添加物TBHQ検出で自主回収

    TBHQは日本では食品添加物として使用が認められていないため、輸入・販売が禁止されています。

    したがって、事業者はTBHQを含む食品の輸入元や原材料の確認を行うする必要があります。

    TBHQについては一般的に:
    ・高用量で摂取すると、胃ガンの前駆細胞の生成やDNAの損傷などの健康被害を引き起こす可能性があると言われています。
    ・欧州などでは食品添加物として使用が許可されており、一定の量であれば安全であると判断されています。

    23/11/17 10:52


  • Inf_category_112  マイゼロンIDチューブ胴体不具合で自主回収

    マイゼロンIDは非ステロイド性鎮痛消炎成分を配合したクリーム剤で、肩こりや関節節痛などに効果があるとされています。
    しかし、チューブ胴体のサイド貼り合わせ部分の剥がれが発生する事例が報告されたことは、製品の品質管理に問題がある可能性があります。

    以下のような対策をを検討する必要があると考えます。
    ・チューブ胴体のサイド貼り合わせ部分には、強度や耐久性の高い素材で作られたものを使用すること。
    ・チューブ胴体のサイド貼り合わせ部分には、摩摩擦や圧力などによるる破破損を防ぐための保護層や接着剤を使用すること。
    ・チューブ胴体のサイド貼り合わせ部分には、定期的に点点検や交換を行うこと。

    23/11/16 14:30


  • Inf_category_4  A200d 制御プログラム不具合でリコール

    アドブルー噴射装置の冷却に関する制御プログラムの改善や修正を速やかに行うことや、消費者に対しては、不具合の有無や影響範囲などの情報を正確に伝えることが望まれます。

    一般的に、アドブルー噴射装置の不具合があると、排出ガスが基準値を超えるおそれがあります。

    これは、大気汚染や環境破壊につながるだけでなく、エンジンの性能や寿命にもも悪影響を及ぼす可能性があります。

    23/11/16 14:10


  • Inf_category_112  中薬杞菊地黄丸他 承認書と異なる添加物量で自主回収

    「中薬杞菊地黄丸,槐角丸,ジメイ丸」の製品において、添加物量が承認書と異なっていることが確認されたため、自主回収するということです。

    添加物量の方法や基準を明確にすることによって、製品の安全性を確認できるように対処する必要があると言えます。

    また、服用前に医師や薬剤師に相談することなど、製品の使用方法や注意事項を改善することも望まれます。

    23/11/15 14:05


  • Inf_category_112  五苓散料 タキザワ 一部承認規格不適合で自主回収

    「五苓散料 タキザワ」の一部の製品において、エキス含量試試験において承認規格に適合しない結果が得られたため、自主回収するということです。

    エキス含量試試験の方法や基準を明確にすることで、この製品の安全性を確認する必要があるでしょう。

    また服用前に医師や薬剤師に相談するなど、製品の使用方法や注意事項を改善する必要があるか安全策を講じることも望まれます。

    23/11/15 13:58


  • Inf_category_1  ブルガリアヨーグルト LB81 抗菌性物質含む恐れで自主回収

    ブルガリアヨーグルト LB81 プレーンは、牛の治治療などに使用される抗菌性物質(スルファモノメトキシン)が、極めて微量含まれている可能性が否定しきれないため、自主回収することは適切だと思います。

    このような物質は、食品衛生法で牛乳などに含まれてはいけないとされています。

    牛乳に抗菌性物質が混入する原因は、主に以下のようなものが考えられます。

    抗生物質の使用が適切でないこと。抗生物質は動物の健康を守るために必要なな薬ですが、長期間や過剰に使用すると、抗菌性物質が効かない病原菌が出現する可能性があります。また、抗生物質は乳中に残留することもあります。そのため、抗生物質の使用は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」で厳しく規制されています。

    問題を防ぐためには、抗生物質の使用は必要最小限にし、動物用医医薬品の処方箋や休薬期間を守ることが考えられます。

    23/11/15 10:46


  • Inf_category_7  充電式LEDデスクライト 発煙・焼損する恐れでリコール

    充電式LEDデスクライト製品で、製造不良の充電池の混入により、発煙・焼損するおそれがあることが判明した不具合は、消費者にとって非常に危険であり、事業者は適切な対応をする必要があります。

    回収した商品の原因や影響について、消費者に迅速かつ正確に情報提供することが必要でしょう。

    回収対象商品の品質管理や安全性について、再発防止策を講じて、消費者の信頼回復に努めることが望まれます。

    23/11/14 13:30


  • Inf_category_102  サンダル 2商品 中敷き剥がれる恐れで自主回収

    「サンダル」製品において歩行時の摩摩擦などが原因で中敷きが剥がれる危険性があるというリコールは、消費者の安全や健康を守るために必要な措置だと考えます。

    事業者は、リコール情報を消費者に十分に周知し、回収・交換の方法や期限を明確に伝えることが望まれます。

    事業者は、リコールの原因や影影響を究明し、再発防止策を講じる必要があるでしょう。
    例えば、中敷きの素材や形形状を改善したり、歩行時の摩摩擦を減らす工夫をしたりすることが考えられます。

    23/11/13 13:44


  • Inf_category_7  ドライヤー内部ファンが破損する恐れでリコール

    事業者は、ReFa BEAUTECH DRYERの一部製品において、成型時の加工条件による部品強度のばらつきにより、使用中に内部のファンがが破破損することがあるという事象を、消費者に十分に周知する必要があるでしょう。

    「ReFa BEAUTECH DRYER」を購入した消費者から「内部ファンがが破破損する」という不具合があった場合、安全を優先した適切な対応を取るように連絡する必要があります。

    一般的に、ドライヤー内部のファンがが破損すると、ドライヤーの温度調節や空気圧調節がうまくできなくなります。

    これは、髪や頭皮に適切な温度や圧力を与えられないことを意味します。例えば、ドライヤーが高温で乾かすと、髪や頭皮は焦げたり、ダメージを受けたりする可能性があります。

    23/11/13 13:37


  • Inf_category_4  クロストレック他 フロントドライブシャフ不具合でリコール

    リコール内容に基づいた不具合や対策を検討実行し、製品開発プロセスや品質管理体制を見直すことで消費者の信頼に応える必要があります。

    一般的に、フロントドライブシャフトに亀裂が進展すると、以下のような危険があります。

    アウターレースが破損し、動力伝達不良となり、最悪の場合、トランスファクラッチが損傷し、走行不能に至る可能性があります。これは事故の原因となる恐れがあります。

    アウターレースが破損すると、フロントドライブシャフトの重量や空気抵抗が増加し、燃費や性能が低下する可能性があります。これは消費者の満足度やコストパフォーマンスに影響を与える恐れがあります。

    23/11/10 10:25


  • Inf_category_4  レヴォーグ他 EGR圧力センサ不具合でリコール

    このリコールの危険性についてですが、警告灯点灯、加速不良に至ることがあり、最悪の場合、エンジンが始動できないおそれがあるということです。

    これは危険な状態であり、運転中に発生すれば事故の原因となります。したがって、このリコールは早急に対処する必要があります。

    メーカーは、リコール発表後も消費者やメディアへの説明や情報提供をを継継続することが必要です。消費者は自分たちの安全を守るために必要な知識や対策を得る必要があります。

    原因究明や再発防止策を実施することで、消費者の信頼に応えることが望まれます。

    23/11/10 09:57


  • Inf_category_105  ホンダGB350リヤストップスイッチ不具合でリコール

    リヤストップスイッチの不具合は、車両の安全性や信頼性に影響するものであり、メーカーは迅速かつ適切な対応を行う必要があるでしょう。
    特に、制動灯が点灯しない場合は、後続車にブレーキをかけることを伝えられず、追突事故の原因となる可能性があります。

    リコール対象車両のオーナーに対して、リヤストップスイッチの不具合の内容と危険性、改善措置の方法と期間、連絡先などを明確に通知するとともに、リヤストップスイッチの交換を実施することを告知する必要があります。

    リヤストップスイッチの不具合の原因と再発防止策を調査し、リヤストップスイッチの製造工程や品質管理体制を見直し、不良品の流出を防ぐことで、消費者の信頼回復に努めることが望まれます。

    23/11/09 16:44


  • Inf_category_4  レヴォーグ 他 インヒビタスイッチ不具合でリコール

    インヒビタスイッチの不具合は、車両の安全性や信頼性に大きく影響するものであり、事業者は迅速かつ適切な対応を行う必要があります。
    特に、始動不良や後退灯不点灯は、交通事故につながる可能性があります。

    メーカーは、リコール対象車両のオーナーに対して、インヒビタスイッチの不具合の内容と危険性、改善措置の方法と期間、連絡先などを明確に通知するとともに、インヒビタスイッチの交換を実施することを周知する必要があります。

    インヒビタスイッチの不具合の原因と再発防止策を調査し、インヒビタスイッチの製造工程や品質管理体制を見直し、不良品の流出を防ぐことが重要と言えます。

    23/11/09 16:37


  • Inf_category_1  コーンスープ 一部殺菌不良で自主回収

    事業者は、殺菌不良の原因を調査し、再発防止策を講じる必要があるでしょう。
    消費者に対しては、回収対象商品の購入履歴や返品方法などを明確に周知することも大切です。

    殺菌不良による乳酸菌の増殖は、食品の膨張や変色、異臭などを引き起こす可能性があります。

    また、乳酸菌は通常は体に有益な菌ですが、稀にアレルギー反応や感染症を起こすこともあります。食品の品質や安全性に影響を与えることがあるため、注意が必要です。

    一般的に、殺菌不良を防ぐためには、食品の加熱加工は原則として、食品の中心部の温度が75℃で1分間以上加熱することが必要です。

    23/11/08 11:26


  • Inf_category_1  柿の種ピーナッツなし ピーナッツ混入で自主回収

    亀田製菓は、アレルギー物質の混入原因を調査し、消費者の信頼に応える再発防止策を講じる必要があるでしょう。

    アレルギー物質の表示ミスや混入は、食物アレルギーのある人にとって健康被害を引き起こす可能性があります。

    一般的に、食品製造業者は、原材料の管理や製造工程の確認、表示の検査などを徹底することが求められます。

    食物アレルギーは、特定の食物を摂取すると、免疫システムが過敏に反応して、皮膚や呼吸器、消化器などに様々な症状を引き起こす危険があります。

    23/11/08 11:18


  • Inf_category_1  A-カットごはん 一部包装不良で自主回収

    事業者はA-カットごはんにおける包装不良の原因と影響を消費者に明確に説明する必要があります。

    包装不良により品質劣化の恐れがあるということは、A-カットごはんが空気や水分に触れて酸化や腐敗が進んでいる可能性があります。

    これは、A-カットごはんの風味や食感を損なうだけでなく、カビや細菌の繁殖を引き起こす可能性もあります。

    事業者はA-カットごはんの包装工程や品質管理を見直す必要があります。包装方法は、A-カットごはんの鮮度や品質を保つために重要です。
    ごはんの包装工程を詳細に検証し、包装不良の防止策を講じることが必要でしょう。

    23/11/07 17:39


  • Inf_category_101  グレープジュース 一部アルコール検出で自主回収

    事業者が販売したグレープジュースは1.9%という高いアルコール分を含んでおり、これは果実飲料として適切ではありません。

    アルコール分が高いと、アレルギーや飲酒運転のリスクが高まります。

    事業者は、グレープジュースのラベルや広告にアルコール分を明記し、消費者に注意喚起する必要があります。

    グレープジュースの製造工程や品質管理を見直す必要があります。グレープジュースにアルコール分が含まれる原因は、果汁の発酵や添加物の使用などが考えられます。

    事業者は、グレープジュースの製造工程を詳細に公開し、発酵や添加物の防止策を講じるべきです。
    また、品質管理についても、定期的にアルコール分の検査を行い、基準値を超えた場合は速やかに回収するなどの対応をとる必要があるでしょう。


    23/11/07 17:33


  • Inf_category_4  キャデラック CT5 エンジンコントロールモジュール不具合

    キャデラック CT5のエンジンコントロールモジュールに不具合があるという問題は、排出ガス規制の遵守に関わる欠陥であり、環境保護や公害防止に対する消費者の信頼を損なう可能性があります。

    メーカーは、不具合の原因となったソフトウェアの不具合を調査し、再発防止策を立てるとともに、品質管理体制の見直しや強化を行うことが望まれます。

    一般的に、エンジンコントロールモジュールに不具合があると、触媒コンバーターの故障を検知できない危険があります。
    触媒コンバーターは、エンジンから排出される有害なガスを無害なガスに変える装置です。触媒コンバーターに故障があると、排出ガスの量や成分が基準値を超える可能性があります。これは、環境汚染や公害病の原因になる可能性があります。

    23/11/06 16:57


  • Inf_category_4  ノア他 計22車種 燃料ポンプ 不具合でリコール

    ノア他 計22車種の燃料ポンプに不具合があるという問題は、製品の安全性と信頼性に関わる欠陥です。

    メーカー、不具合の原因となったインペラの成形条件を調査し、再発防止策を立てるとともに、品質管理体制の見直しや強化を行う必要があるでしょう。

    一般的に、燃料ポンプに不具合があると、エンジンが正常に動作しなくなる危険があります。
    エンジンが停止すると、走行中に急ブレーキや急ハンドルをかける必要がある場合や、夜間や悪天候などの視界が悪い場合に、後続車や歩行者との衝突事故につながる可能性があります。

    23/11/06 16:52


  • Inf_category_4  トール他 エンストに至る恐れでリコール

    ダイハツ トール他 計29車種の燃料ポンプに不具合があることは、消費者にとって安全性にかかわる問題です。

    エンストに至るおそれがあるということは、交通事故や火災などの危険性が高まることを意味します。事業者は、速やかにリコール対象車両の特定と通知を行う必要があります。

    また事業者は、不具合の原因と対策について、消費者に対して詳細かつ分かりやすく説明する必要があります。

    燃料ポンプのインペラが樹脂密度が低くなって変形することがあるということは、成形条件が不適切であったことを示唆しています。事業者は、どのようにして成形条件を改善し、品質管理を強化したのかを明らかにする必要があります。

    23/11/02 18:07


  • Inf_category_4  GLC220d 4MATIC 怪我に至る恐れリコール

    このリコールは、牽引時に使用するアイボルトの不具合により、車両の安全性に重大な影響を及ぼす可能性があるものです。

    このリコールによる危険は、牽引時にアイボルトが外れてしまうことで、車両の制御ができなくなったり、後続車や歩行者に衝突したりすることです。最悪の場合、事故や怪我に至るおそれがあります。

    事故や怪我の防止のために、対象となる車両のオーナーは速やかに連絡することが望まれます。

    23/11/02 18:02


  • Inf_category_4  S500 4MATIC他 電気装置不具合でリコール

    一般的に、電気装置の配線に不具合があると、火災の危険性だけでなく、横滑り防止装置などの安全装備の機能低下にもつながります。
    そのため、リコール対象となった車両のオーナーは、速やかに整備を受ける必要があるでしょう。

    事業者は、リコールの適切な対応を行うとともに、原因究明や再発防止策を実施することが求められます。
    また、配線の締め付け作業が不適切なことがどのように判明したのか、他の車種やモデルにも同様の不具合がないか、などの情報を公開することで、消費者の信頼回復に努めることも望まれます。

    電気火災を防止するためには、電気機器や配線などについて正しく使用すると共に、適正な点検やメンテナンスを定期的に実施することが大切です。

    23/11/01 17:24


  • Inf_category_4  BMW R1250RS他 デイランプ不具合でリコール

    デイタイム・ランニング・ランプは、昼間に自車の存在を周囲に知らせることで、交通事故を防ぐ効果が期待される安全装備です。

    しかし、不具合により基準の明るさを下回っている場合は、その効果が損なわれるだけでなく、対向車や歩行者から見落とされる危険性が高まります。

    そのため、リコール対象となった車両のオーナーは、速やかに整備を受けるようにしてください。

    事業者は、リコールの適切な対応を行うとともに、原因究明や再発防止策を実施ことが求められます。
    また、デイタイム・ランニング・ランプのソフトウエアが不適切なことがどのように判明したのか、他の車種やモデルにも同様の不具合がないか、などの情報を公開することで、消費者の信頼回復に努めることができます。

    23/11/01 17:19


  • Inf_category_4  DS7 テールランプ点灯しない恐れでリコール

    テールランプの不具合は、交通安全や法規順守に影響を与える可能性があるため、事業者は迅速かつ適切にリコール対応を行うことが重要です。

    テールランプは、後続車や歩行者などに自車の存在や位置を知らせるための重要な灯火です。テールランプが点灯しないと、夜間や悪天候などで視界が悪いときに、自車が見えづらくなり、追突や衝突などの事故の原因になります。

    事業者は、リコール対象車両の原因究明や再発防止策を検討し、消費者の不安や不信感を払拭すること必要があるでしょう。

    23/10/31 17:08


  • Inf_category_1  シーチキンLフレーク 一部賞味期限表示欠落

    賞味期限表示の欠落は、消費者の安全や信頼に影響を与える可能性があります。
    賞味期限表示は、食品の品質や風味を保証する期限であり、期限が切れた食品は劣化や変質のリスクが高まります。

    また、賞味期限表示は、食品の製造日やロット番号などを含む製造所固有記号とともに表示されることが多く、食品のトレーサビリティにも重要な役割を果たします。

    したがって、賞味期限表示の欠落は、消費者に対して食品の品質や安全性に不安を与えるだけでなく、万一食品事故が発生した場合に原因究明や回収対応が困難になる危険性もあります。

    事業者は、回収対象商品の販売店舗や流通経路を明確にし、消費者に対しては、回収対象商品の特徴や返品方法などをわかりやすく告知することが望ましいです。

    23/10/31 17:03


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.