• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_4  アウディ e-tron GT高電圧バッテリー不具合でリコール

    高電圧バッテリーに不具合があり、不適切に製造されたバッテリーモジュールが内蔵されていることが原因で、内部短絡が発生し、最悪の場合、熱によるバッテリー異常が発生し、火災に至る恐れがあるとされています。

    高電圧バッテリーの異常は非常に危険であり、火災に至る可能性があるため、消費者の安全に直接的な脅威をもたらします。特に、車内にいる際や車が駐車されている場所で火災が発生した場合、重大な財産損害や人身事故につながる可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して迅速に通知し、無償修理を実施することで、安全性を確保すべきです。
    今後同様の問題が発生しないよう、製造プロセスの見直しや品質管理の強化が必要です。

    事業者はリコールを通じて消費者の安全を最優先に考え、信頼回復に努めることが求められます。

    24/06/24 17:04


  • Inf_category_4  スカイライン プロペラシャフト不具合でリコール

    プロペラシャフトの自在接手のパイプへの圧入代が不足しており、強度が不足しているものがあることが原因で、使用過程で亀裂が発生し、最悪の場合、プロペラシャフトが破損し、走行不能に至る恐れがあるとされています。

    プロペラシャフトはエンジンの動力を車輪に伝達する重要な部品です。この部品に亀裂が生じた場合、走行中に突然動力伝達が途絶え、コントロールを失う可能性があります。これは高速道路などで特に危険であり、事故につながる可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して迅速に通知し、無償修理を実施することで、安全性を確保すべきです。
    また今後同様の問題が発生しないよう、製造プロセスの見直しや品質管理の強化が必要です。

    24/06/24 17:01


  • Inf_category_4  MINICAB-MiEV他 計2車種 リコール

    「MINICAB-MiEV他 計2車種」の衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)に関するリコールでは、フロントレーダーECUの制御プログラムが不適切であるため、炎天下での駐車などによりフロントカメラの温度が上昇し、FCMが一時的に停止する可能性があります。

    この際、FCM停止状態を示す「FCM OFF表示灯」と「FCM作動表示灯」が数秒で消灯し、ドライバーがFCMの停止を認識できない状態になることが問題です。これは、保安基準第12条(制動装置の基準)に適合しないとされています。

    FCMの不具合により、衝突被害軽減ブレーキが正常に作動しない場合、交通事故につながる危険があります。特に、ドライバーがFCMの停止を認識できない場合、予期せぬ状況での事故リスクが高まります。

    事業者は、不具合の原因を調査し、同様の問題が再発しないような対策を講じることが必要です。

    24/06/21 15:22


  • Inf_category_1  オランダ産イチゴ 一部残留農薬基準超過で自主回収

    この事案では、オランダ産イチゴに残留農薬が一律基準を超えて検出されたことが問題となっています。食品安全に関する規制を超える残留農薬の検出は、消費者の健康を脅かす可能性があり、特に敏感な群体(例えば、小さな子供や妊婦)にとっては影響を及ぼす恐れがあります。

    残留農薬は、長期的に摂取することで健康に影響を及ぼす可能性があります。特に、発育途中の子供や免疫系が弱い人々にとっては、より注意が必要です。

    事業者は、消費者が自己判断できるように、リコールに関する情報を迅速かつ透明に公開することが重要です。
    農薬残留の原因を調査し、再発防止策を講じることが求められます。
    消費者は自主回収情報に注意を払い、安全な食品選択を心がけることが重要です。

    24/06/21 15:13


  • Inf_category_1  メキシコ産アボカド 一部残留農薬基準超過で自主回収

    この事案では、メキシコ産アボカドに残留農薬「ボスカリド」が基準値を超えて検出されました。基準値は0.01ppmであるのに対し、検出値は0.03ppmと報告されています。これは基準値の3倍にあたり、食品安全に関する規制を超えるものです。ただし、現時点で健康被害の報告はないとのことです。

    ボスカリドは、一般的に果物や野菜のカビ防止に使用される農薬です。基準値を超える残留農薬は、長期的に摂取することで健康に影響を及ぼす可能性があります。特に妊婦や小さな子供がいる家庭では、より注意が必要です。

    事業者は、販売されたアボカドの完全な回収を確実に行い、二次被害を防ぐ必要があります。また、農薬残留の原因を徹底的に調査し、再発防止策を講じることが求められます。

    24/06/21 15:08


  • Inf_category_6  薬用RJ地肌ケアシャンプーd他 誤表示で自主回収

    商品の販売名や成分名の誤表示は、消費者に誤った情報を与える可能性があります。現在までに健康被害の報告がないとはいえ、予防措置としての自主回収は適切な対応です。

    事業者は、誤表示の原因を調査し、再発防止策を講じる必要があると言えます。

    事業者は、誤表示された製品の使用を直ちに中止するよう、消費者に対して明確に指示することが求められます。

    また、製品のラベルや成分表示に関する品質管理プロセスを見直し、強化することで、今後の信頼回復に努めることも望まれます。
    消費者は、製品のロット番号や購入情報を確認し、事業者が指定する方法で回収に協力することが求められます。

    安全のためにも、対象製品の使用を直ちに中止し、事業者の指示に従うことをお勧めします。

    24/06/20 10:26


  • Inf_category_106  ピタサラ 旧化粧品種別許可基準不適合で自主回収

    旧化粧品種別許可基準に適合しない製品の自主回収は、予防措置として重要です。健康被害の報告がない現時点での迅速な対応は、将来的なリスクを未然に防ぐために役立ちます。

    旧化粧品種別許可基準に適合しない製品を使用することで、皮膚や健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

    事業者は、今後の製品開発において、最新の基準に適合するよう、品質管理体制を見直し、強化することが望まれまます。

    消費者は、製品のロット番号や購入情報を確認し、事業者が指定する方法で回収に協力することが求められます。全のためにも、対象製品の使用を中止し、事業者の指示に従うことをお勧めします。

    24/06/20 10:20


  • Inf_category_6  スタジオアリス ワイドフレーム(白) リコール

    このリコールは、消費者の安全を確保するために重要です。フレームを壁に掛ける金具が外れると、フレームが落下し、怪我や物損の原因となる可能性があります。

    フレームが壁から外れて落下することにより、下にいる人が直撃される危険があります。また落下したフレームによって床や家具が損傷する可能性があります。特に小さなお子様やペットがいる家庭では、落下した際の怪我のリスクが高まります。

    事業者は、回収対象の製品を迅速に特定し、消費者に対して明確かつ効果的なコミュニケーションを行うことが望まれます。
    また今後、同様の問題が発生しないよう、製品設計の見直しや品質管理の強化が必要と言えます。

    フレームが壁から外れて落下することにより、下にいる人が直撃される危険があります。また落下したフレームによって床や家具が損傷する可能性があります。特に小さなお子様やペットがいる家庭では、落下した際の怪我のリスクが高まります。

    24/06/20 10:13


  • Inf_category_6  バット(硬式用) 一部流出品 自主回収

    社内基準を満たしていない製品が市場に流出したことは、消費者の安全を脅かす問題です。

    事業者は、製品の安全性を確保するための厳格な管理体制と追跡システムを確立する必要があると言えます。

    製品の安全性に関する情報は、消費者に対して迅速かつ透明に提供される必要があるので、回収の呼びかけは、広範囲にわたって行われることが望ましいです。

    事業者は、回収対象となるバットの詳細情報(製品名、型番、販売された場所など)を公開し、消費者が自身が購入した製品が対象かどうかを容易に確認できるようにする必要があります。

    今後、製品が不適切に流通することを防ぐため、廃棄物処理業者との連携を強化し、流通管理プロセスを見直すことが望まれます。

    24/06/19 11:41


  • Inf_category_1  あらびきウインナー他 70アイテム保存温度逸脱で自主回収

    保存温度が規定を超えた食肉製品の販売は、食品安全に対する違反です。消費者の健康と信頼を守るために、事業者は迅速かつ透明性のある対応を取る必要があります。

    食肉製品の保存温度が規定を超えると、細菌の増殖が促進され、食中毒のリスクが高まります。特に夏場などの高温時には、食品の劣化が早まり、消費者が気づかないうちに健康を害する可能性があります。

    健康被害の報告がない現状で予防措置としての回収は適切な対応と言えますが、消費者への周知と注意喚起は引き続き行う必要があります。

    回収対象製品の詳細情報(製品リスト、販売期間、ロット番号等)を公開し、消費者が自身の購入した製品が対象かどうかを容易に確認できるようにする必要があるでしょう。
    また、今後同様の問題を防ぐため、品質管理体制の見直しと改善を行うことも大切です。

    24/06/19 11:34


  • Inf_category_1  ソルブ 指定外添加物含有で自主回収

    指定外添加物であるポリエチレングリコール脂肪酸エステルの含有が判明したことは、製品の安全性に関する問題です。
    消費者の信頼を維持するためにも、迅速かつ透明性のある対応が求められます。

    これまで健康被害の報告がないとはいえ、長期的な健康影響については不明な点が多く、消費者に対しては十分な情報提供と注意喚起が必要です。

    長期的な摂取による影響は未知数であり、特に敏感な人やアレルギー体質の人には注意が必要です。

    事業者は、回収対象製品の詳細な情報(ロット番号、販売期間など)を公開し、消費者が自身が購入した製品が回収対象かどうかを容易に確認できるようにする必要があります。
    また、今後同様の問題が発生しないよう、製品の安全管理体制を見直し、品質管理プロセスの強化を図ることも大切です。


    24/06/19 11:29


  • Inf_category_4  トヨタ ノア 前方・後方カメラ不具合でリコール

    パノラミックビューまたはバックガイドモニターのカメラケース接合面の防水性が不十分で、雨水が浸入する可能性があります。

    これにより、回路が腐食し、導通不良を起こすことがあり、結果としてカメラ映像が映らなくなるおそれがあります。
    カメラ映像が映らない場合、運転者は車両周辺を確認できず、事故につながる危険性があります。

    事業者は、製品の安全性を最優先に考え、再発防止策を講じる必要があります。特に、防水性の確保と回路の耐久性向上に注力する必要があります。

    リコール対象の車種を所有している場合は、速やかに最寄りのトヨタ販売店に連絡し、点検・修理を受けることが推奨されます。カメラシステムに不具合を感じた場合は、直ちに安全な場所に停車し、専門家に相談することが重要です。

    24/06/18 15:37


  • みぞれあん商品 一部乳酸菌 自主回収

    「Fructilactobacillus fructivorans」この乳酸菌は通常、発酵食品に存在するものですが、特定の条件下では食品の品質を損なう可能性があります。健康被害の報告がない現状では、予防措置としての回収は適切な対応と言えるでしょう。

    消費者の健康と安全を守るために、迅速かつ透明な情報提供が必要です。
    回収対象製品の詳細情報(販売期間、ロット番号、賞味期限など)を明確にし、消費者が自身の購入した製品を容易に識別できるようにすることが重要です。

    事業者は、品質管理体制の見直しと強化を行い、同様の問題が再発しないようにすることが求められます。
    原因究明とその結果を公表し、消費者への信頼回復に努めることが重要です。

    また、長期的な品質保証計画を策定し、消費者に安心を提供するための取り組みを進めるべきです。

    24/06/18 15:27


  • Inf_category_1  ゼリー商品の一部カビ 酵母 自主回収

    カビや酵母は食品において望ましくない微生物であり、アレルギー反応や食中毒の原因となる可能性があります。

    回収対象の製品の特定方法(ロット番号、賞味期限など)を明確にし、消費者が自分の購入した製品が対象かどうかを容易に判断できるようにすることが求められます。

    事業者は、品質管理の徹底と、今後同様の問題が発生しないための予防策を公表することが望ましいです。

    また、消費者への信頼回復のために、原因究明とその結果を透明に報告することが重要です。製品の安全性を保証するための対策を検討し、ブランドイメージの改善に努めることが望まれます。

    24/06/18 15:23


  • Inf_category_4  ポルシェ 911GT3他 前面/後面ガラス不具合でリコール

    ポルシェの「911GT3」を含む13車種において、前面及び後面ガラスの製造時の洗浄工程が不適切であったため、ガラスの接着が不十分なものがあることが判明しました。

    これにより、ガラス接着面からの水侵入や走行中の風切り音が発生する可能性があり、最悪の場合、車両衝突時にエアバッグの衝撃で前面ガラスが外れ、乗員保護性能が損なわれる恐れがあります。
    エアバッグの正常な機能が妨げられることで、衝突事故時の乗員保護性能が低下します。

    また前面ガラスが外れることで、乗員が外部の物体と接触するリスクが増加します。

    事業者は、製造工程における品質管理を徹底し、特に安全に直結する部品の検査を厳格に行う必要があります。
    今後の車両設計において、エアバッグシステムとガラスの接着強度の相互作用を再検証し、安全性を確保することが求められます。

    24/06/17 16:18


  • Inf_category_4  スズキ スペーシア他 モニターコントローラ不具合でリコール

    スズキの「スペーシア」を含む2車種において、全方位モニター用制御コントローラのソフトウェアに不具合があり、ソフトウェアのバージョン情報が適切に更新されていないことが判明しました。

    これにより、国際連合欧州経済委員会の協定規則第156号で定められたソフトウェア更新管理の要件を満たしていないとして、国土交通省にリコールを届け出ました。

    ソフトウェアのバージョン情報が正しく更新されていない場合、全方位モニターの機能に影響を及ぼす可能性があります。これは、運転中の安全性に直接関わる重要な機能です。

    全方位モニターが正常に機能しないと、運転者が周囲の状況を正確に把握できず、事故につながる可能性があります。
    事業者は、不具合のあるソフトウェアを迅速に修正し、再発防止策を講じることが重要です。


    24/06/17 16:13


  • Inf_category_3  ジャガー E-PACE ゲートウエイモジュール不具合でリコール

    ジャガー「E-PACE」のゲートウエイモジュールにプログラムの不具合が発覚しました。この不具合により、車幅灯のスイッチがオンの状態で、明るさセンサーが一定の明るさを感知し、かつ時速10kmを超えて走行すると、車幅灯、尾灯、番号灯が消灯する可能性があります。

    これは夜間やトンネル内などの低照度環境で特に危険であり、他のドライバーや歩行者に車両の存在を認識させることができなくなるため、事故につながるリスクがあります。

    事業者は、ゲートウエイモジュールのプログラムを再検証し、同様の不具合が再発しないように改善することが重要です。

    今後、新しい車両モデルの開発において、照明システムの安全性を再確認し、厳格な品質管理を行うことが求められます。

    24/06/17 16:10


  • Inf_category_4  トヨタ RAV4のアルミホイール不具合でリコール

    トヨタ RAV4のアルミホイールに関するリコールは、運転中の安全性に直接影響を及ぼす可能性があるため、非常に重要です。

    不具合があるホイールを使用して走行を続けると、タイヤが脱落するリスクがあり、これは他の交通参加者にも危険を及ぼす可能性があります。

    事業者は、製造プロセスにおける品質管理を徹底し、ホイールの加工が適切に行われていることを保証することが望まれます。また、不具合の原因を徹底的に調査し、同様の問題が再発しないように改善策を講じる必要があります。

    消費者は、リコールの通知を受け取ったら、速やかに最寄りのディーラーに連絡し、修理を受けることを強く推奨します。また、異音が発生した場合はすぐに走行を停止し、専門家による点検を受けることが重要です。

    24/06/14 13:55


  • Inf_category_3  フォルクスワーゲンID.4シートフレーム不具合でリコール

    フォルクスワーゲン ID.4のシートフレームに関するリコールは、乗員の安全に直接関わる重大な問題です。

    この不具合は、衝突時にシートのバックレストが適切に機能しない可能性があり、乗員が負傷するリスクを高めます。

    特に、シートフレームとバックレストを締結するボルトが正しいトルクで締め付けられていない場合、その強度が不十分であり、事故の衝撃に耐えられない可能性があります。

    事業者は、製造プロセスにおける品質管理を強化し、すべての部品が適切なトルクで締め付けられていることを確認する必要があります。
    なた、不具合の原因を徹底的に調査し、再発防止策を講じることも大切です。

    消費者は、リコールの通知を受け取ったら、速やかに最寄りのディーラーに連絡し、修理を受けることを強く推奨します。

    24/06/14 13:51


  • Inf_category_4  ニッサン セレナ CANゲートウエイ不具合でリコール

    日産セレナのCANゲートウェイに関するリコールは、消費者にとって重要な安全上の問題です。

    この不具合は、運転支援システムが使用できなくなる可能性があるため、特に自動運転機能に依存しているドライバーにとってはリスクが高まります。

    警告灯が点灯した場合、ドライバーはシステムが正常に機能していないことを認識し、即座に手動運転に切り替える必要があります。

    始動不良のリスクもあり、これは特に緊急時や遠出の際に問題となる可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両のオーナーに対して、速やかに通知し、修理の手配を行う必要があります。
    また、制御プログラムの再設計を行い、将来的な通信不良のリスクを最小限に抑えることも大切です。

    24/06/14 13:46


  • Inf_category_1  チキンカツ ビニール片の混入の恐れで自主回収

    「鶏屋さんのチキンカツ」におけるビニール片の混入は、消費者の健康と安全に対する影響を与える可能性があります。

    これまで健康被害の報告はないものの、異物混入は消費者不安を与える要因となり得るため、適切な対応が求められます。

    事業者は、消費者に対して、問題の詳細とリコールの理由を明確に説明し、回収ついての分かりやすいガイドラインを提供する必要があります。

    また、製品の製造プロセスにおける品質管理を徹底し、再発防止策を講じることも大切です。

    事業者は、今回の事案を受けて食品に対する不安や危険を最小限に抑えるために、迅速かつ適切な対応を行うことが求められます。

    24/06/13 14:34


  • Inf_category_6  TVボード TV設置パネル不具合でリコール

    TVボード(TV設置パネル)の不具合は、消費者の安全にリスクをもたらす可能性があります。
    このような製品の不具合は、消費者の信頼を損なうだけでなく、物理的な危険を引き起こす可能性があるため、迅速かつ適切な対応が求められます。

    事業者は、消費者に対して、問題の詳細とリコールの理由を明確に説明し、リコール対象製品の特定方法や交換手続きについて、分かりやすいガイドラインを提供する必要があります。
    また、製品の設計・製造プロセスにおける品質管理を徹底し、再発防止策を講じ、製品の安全性を確保するための追加検査やテストを実施することも必要です。

    危険性としては、テレビを掛けているパネル部が外れることで、テレビが落下し、怪我をする可能性がある。落下したテレビが他の家具や家電製品に損傷を与える可能性がある。

    事業者は、これらの危険を最小限に抑えるために、迅速かつ適切な対応を行うことが求められます。

    24/06/13 14:28


  • Inf_category_112  ムヒのこども解熱鎮痛顆粒 自主回収

    「ムヒのこども解熱鎮痛顆粒」の自主回収は、消費者の安全を優先に考えた適切な対応です。

    分包のシール不良により製品の変色および有効成分の一つであるアスコルビン酸の含量低下が懸念されるため、早急な対応が求められます。これまでに健康被害の報告はないものの、予防的措置としての自主回収は評価されるべきです。

    事業者は、今回の事案を受けて、製造工程における品質管理体制を見直し、再発防止策を講じることが重要です。特に、分包のシール不良が発生しないよう、製造設備の点検やメンテナンスを徹底することが求められます。

    分包のシール不良により製品が変色する可能性があります。変色した製品は、見た目から品質に問題があると判断されるため、消費者が不安を感じる原因となります。
    以上の点を踏まえ、事業者は迅速かつ適切な対応を行い、消費者の安全を確保することが求められます。


    24/06/13 14:22


  • Inf_category_1  藻塩を使った塩こんぶ プラスチック片混入で自主回収

    「カンピー 藻塩を使った塩こんぶ」におけるプラスチック片の異物混入は消費者の信頼に影響を及ぼす可能性があります。事業者は迅速に対応し、製品の回収を行うことで、消費者の安全を最優先に考えている姿勢を示しています。

    事業者は、今回の事案を糧に、品質管理体制を見直し、強化することが重要です。特に、製造工程での異物混入防止策を徹底することが求められます。

    一般的にプラスチック片の混入は、消費者に以下のような危険性をもたらす可能性があります。
    1. プラスチック片を誤って摂取すると、口腔内や消化器官に物理的な損傷を引き起こす可能性があります。
    2. 特に小さな子供や高齢者がプラスチック片を誤って飲み込むと、窒息の危険があります。
    3. 異物が体内に入ることで、感染症のリスクが増加する可能性があります。

    現時点では健康被害の報告はないものの、消費者の安全を最優先に考え、速やかな製品回収と適切な対応が求められます。

    24/06/12 09:16


  • Inf_category_1  ミックスクリームクラッカー TBHQ検出で自主回収

    「ミックスクリームクラッカー」におけるTBHQ(酸化防止剤)の検出は、消費者の健康と安全を守るために重要な問題です。

    国内で使用が認められていない添加物が含まれていることは、消費者の信頼を損なう可能性があります。

    事業者は迅速に対応し、製品の回収を行うことで、消費者の安全を最優先に考えている姿勢を示すことになります。
    事業者は、今回の事案によって、品質管理体制を見直し、強化することが重要です。特に、原材料の調達から製品の出荷までの全工程での検査を徹底することが求められます。

    TBHQ(tert-Butylhydroquinone)は、酸化防止剤として使用される化学物質ですが、過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。現時点では健康被害の報告はないものの、消費者の安全を最優先に考え、速やかな製品回収と適切な対応が求められます。

    24/06/12 09:10


  • Inf_category_1  マルシンハンバーグ 一部カビ発生で自主回収

    「マルシンハンバーグ」の一部商品にカビが発生し、自主回収が行われることは、消費者の健康と安全を守るために重要な措置です。

    このような事態が発生したことは、製造過程や品質管理において改善の余地があることを示しています。

    事業者は、製造過程における衛生管理を徹底し、カビの発生を防ぐための対策を講じることや、定期的な設備の点検と清掃を行い、製造環境を清潔に保つ必要があるでしょう。

    消費者へ自主回収に関する情報を迅速かつ正確に消費者に提供し、信頼を損なわないようにすることも大切です。

    以上の点を踏まえ、事業者は迅速かつ適切な対応を行い、再発防止努めることが求められます。

    「マルシンハンバーグ」は人気があり、60年以上のロングセラー商品となっています。
    ブランドイメージに対する信頼に応える適切な対応が望まれます。

    24/06/12 09:02


  • Inf_category_4  ニッサン セレナ他 ナビゲーション制御不具合でリコール

    制御プログラムの不適切さが原因で、ナビゲーションシステムやエンジン/e-POWERシステムに影響を及ぼす可能性があるため、迅速にリコールを届け出たことは評価に値します。
    しかし、制御プログラムの検証が不十分であったことは、品質管理の面で改善の余地があると考えられます。

    事業者は、制御プログラムの開発・検証プロセスを見直し、品質管理体制を強化することが必要です。

    ナビゲーションコントロールユニットの不具合がある場合、以下のような危険性が考えられます:
    1.制御プログラムの不具合により、エンジンやe-POWERシステムが始動できなくなる可能性があります。これにより、車両が使用できなくなるリスクがあります。
    2.ナビゲーションシステムが正常に作動しない場合、直前直左確認用のカメラ映像が表示されず、運転中の視認性が低下し、事故のリスクが増加する可能性があります。
    3.制御プログラムの不具合により、車両が保安基準に適合しない場合、車検に通らない可能性があり、法的な問題が生じることがあります。

    24/06/11 10:41


  • Inf_category_4  スズキ エスクード キャニスタ不具合でリコール

    保安基準第31条(有害なガスの発散防止装置)の基準に適合しない可能性があるため、迅速にリコールを届け出たことは評価に値します。

    事業者は、開発段階での形状検証を徹底し、保安基準に適合するようにするための品質管理体制を強化することが必要です。

    キャニスタが保安基準に適合していない場合、以下のような危険性が考えられます:
    1. キャニスタの性能が低下することで、燃料蒸発ガスが適切に抑制されず、有害なガスが発散する可能性があります。
    2. 有害ガスの発散により、環境への悪影響が懸念されます。
    3. 保安基準に適合していない車両は、車検に通らない可能性があり、法的な問題が生じることがあります。

    24/06/11 10:37


  • Inf_category_4  ダイハツ タント エアディフレクタ不具合でリコール

    ダイハツ「タント」のエアディフレクタに関するリコールは、消費者の安全を確保するために重要な措置です。
    外装の技術基準(協定規則第26号)に適合していないことが判明したため、迅速にリコールを届け出たことは評価に値します。しかし、開発時の形状検証が不十分であったことは、品質管理の面で改善の余地があると考えられます。

    事業者は、開発段階での形状検証を徹底し、外装の技術基準に適合するようにするための品質管理体制を強化することが必要です。

    エアディフレクタが外装の技術基準に適合していない場合、以下のような危険性が考えられます:
    1.エアディフレクタが適切に機能しないことで、車両の空力性能が低下し、走行安定性に影響を及ぼす可能性があります。
    2.外装の技術基準に適合していない車両は、車検に通らない可能性があり、法的な問題が生じることがあります。
    3.エアディフレクタの不具合により、車両の制御が難しくなり、事故のリスクが増加する可能性があります。

    24/06/11 10:31


  • Inf_category_1  チョコミントカステラ 一部に粘り気で自主回収

    粘り気があることは製品の品質に問題があることを示しており、消費者の信頼を損なう可能性があります。これまで健康被害の報告はありませんが、事業者は今後同様の問題が発生しないよう対策を講じる必要があります。

    食品において粘り気がある場合、品質に問題がある可能性があり、消費者に不安を与えることがあります。例えば、カステラのような焼き菓子に粘り気があると、製造過程や保存状態に問題があったことが考えられます。

    事業者は、製品の粘り気の原因を特定し、製造工程および保管条件の見直しを行うことで、再発防止策を講じることが重要です。

    消費者の安全と信頼を第一に考え、適切な対応を行うことが求められます。今後の品質管理体制の強化を図ることが重要と言えます。

    24/06/10 09:35


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.