• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_105  トライアンフ スピードトリプルRS他 不具合でリコール

    エンジンコントロールモジュールの制御プログラムが不適切であるため、高温環境下および渋滞時にエンジンが異常高温になり、オーバーヒートを起こす可能性があります。これにより、走行不能となるリスクがあります。

    この不具合は、走行中に突然エンジンが停止し、事故につながる危険性があります。特に高速道路などでの走行中にこのような状況が発生した場合、後続車両との衝突のリスクが高まります。

    事業者は、将来的な不具合を防ぐために、製品の設計および品質管理プロセスの見直しを行うことが望まれます。

    該当する所有者は自身の車両がリコール対象かどうかを確認して安全を確保することをお勧めします。

    24/05/10 14:14


  • Inf_category_1  チーズケーキバー 冷凍を冷蔵で販売 自主回収

    チーズケーキバーの表示問題は、消費者が製品を適切に保存するための重要な情報が欠けていることを意味します。

    これにより、食品の安全性に関する誤解が生じ、健康リスクを増大させる可能性があります。

    冷凍と冷蔵の表示が混在していたため、消費者が製品を不適切に保存し、食品の品質が低下するリスクがあります。

    製品の保存方法が不明確であると、食品の鮮度や安全性が損なわれ、食中毒などの健康被害を引き起こす可能性があります。

    事業者は、このような表示ミスが再発しないように、品質管理体制を強化し、消費者への情報提供を改善することが求められます。消費者に対して正確な情報を提供し、信頼に応える必要があるでしょう。

    24/05/09 17:02


  • Inf_category_1  ドーナツ商品の一部 賞味期限誤表示で自主回収

    賞味期限の誤表示は消費者にとって混乱を招く可能性があります。特に食品の場合、賞味期限を過ぎた製品を摂取することは健康上のリスクを伴うため、迅速な対応が求められます。

    今回の事案では健康被害の報告はないものの、消費者の信頼に影響を与えかねません。そのため、事業者は回収に関する詳細を明確に伝える必要があります。

    今回のような表示ミスは、消費者の製品に対する信頼を損ねることになり、ブランドイメージにも影響を与えかねません。

    事業者は今後このようなミスを防ぐための品質管理体制の見直しと改善策を講じることで信頼回復に努めることも必要と言えるでしょう。

    24/05/09 13:51


  • Inf_category_4  ノア ライトコントロールコンピュータ不具合でリコール

    トヨタのノア、ヴォクシー、スズキのランディの3車種において、ライトコントロールコンピュータの点灯制御プログラムに設定ミスがあり、車幅灯が正しく点灯・消灯しない不具合が発生しています。

    この問題は、方向指示器や非常点滅表示灯を操作した際に顕著になり、保安基準第34条(車幅灯の基準)に適合しない状態です。

    車幅灯は、夜間や視界が悪い条件下で車両の存在と幅を示す重要な安全装置です。この灯火器が正しく機能しない場合、他のドライバーや歩行者が車両を認識しにくくなり、事故につながる可能性があります。特に交差点や狭い道路での危険性が高まります。

    メーカーは品質管理を徹底し、同様の不具合が再発しないようにするための内部プロセスの見直しを行う必要があるでしょう。
    ユーザーはリコールの通知を受け取った際には、速やかに対応することが推奨されます。

    24/05/09 13:45


  • Inf_category_1  ココナッツとホワイトチョコのクッキー 自主回収

    アレルギー表示の欠落により、特定原材料である卵アレルギーを持つ消費者に健康被害が発生する可能性があります。

    幸いなことに、これまで健康被害の報告はないとのことですが、アレルギー反応を引き起こすリスクがあるため、注意が必要です。

    事業者は、アレルギー表示を含む製品の品質管理を一層強化し、特定原材料の表示漏れを未然に防ぐための対策を講じる必要があるでしょう。

    また、製品のアレルギー表示を徹底的に確認し、特定原材料の表示漏れがないように注意する必要もあります。

    消費者の安全を最優先に考え、今後同様の問題が起こらないように努め、安全な製品提供を実施することが望まれます。

    24/05/08 16:40


  • Inf_category_1  超熟山型5枚スライス 異物混入で自主回収

    事業者は、製品の安全性を最優先に考え、迅速かつ透明性のある対応を通じて消費者の不安を解消することが重要です。

    消費者に対しては、回収対象商品の詳細情報を明確に提供し、回収プロセスについてもわかりやすく説明することが望まれます。

    または、品質管理体制の見直しと改善を行い、再発防止策を公表することで、消費者の信頼を取り戻す努力が求められます。

    今回の事案では健康被害の報告はないものの、食品への異物混入は消費者にとって製品の安全性に対する不信感を抱く可能性があります。

    問題の原因となった製造ラインの徹底的な調査と改善を行い、消費者とのコミュニケーションを強化し、問題解決に向けた具体的な取り組みを積極的に発信することで、信頼回復に努める必要があります。

    24/05/08 10:10


  • Inf_category_1  +NMN12000 Eternalight 原材料表示と不一致で自主回収

    事業者は、原材料表示と実際の内容が一致しないことによる消費者の信頼が損なわれないよう、迅速に情報提供を行う必要があるでしょう。

    回収対象製品の詳細な情報(販売期間、販売数量、対象商品の特定情報など)を、消費者が自身が購入した製品が回収対象であるか容易に判断できるようサポートすることが望まれます。

    また事業者は、原材料の管理体制を見直し、今後このような事態が発生しないように品質管理を徹底することで消費者の信頼に応える必要もあります。

    24/05/08 10:03


  • Inf_category_1  サンデー プラスチック片混入のおそれ 自主回収

    プラスチック片が食品に混入することは、消費者の健康に影響を及ぼす可能性があります。

    ただし、これまで健康被害の報告はないとのことです。プラスチック片が食品に混入している場合、小さなプラスチック片が誤って飲み込まれるリスクがあります。

    万が一プラスチック片が胃や腸に入り込むことで、消化器系に影響を及ぼす可能性もあります。

    事業者は、製品の品質管理を一層強化し、プラスチック容器の破損を未然に防ぐための対策を講じる必要があるでしょう。

    消費者の安全を最優先に考え、今後同様の問題が起こらないように努めることが求められます。

    24/05/07 16:51


  • Inf_category_1  冷し中華一部で異物混入 自主回収

    「こだわり冷し中華 醤油」と「こだわり冷し中華 胡麻」において、異物混入(シリコン製ゴム製品の一部※約1~2㎜)が確認されたため、自主回収が行われています。

    これまで健康被害の報告はありませんが、消費者の安全を最優先に考え、再発防止のために品質管理を一層強化することが求められています。

    事業者は今後も品質管理を徹底し、消費者の信頼を築くために努力していくことで、安全安心を求める消費者の信頼に応える必要があります。

    24/05/07 16:44


  • Inf_category_1  マッシュルームスライス残留農薬基準値超過で自主回収

    残留農薬基準値を超過した食品は、長期間にわたって摂取することで健康に影響を及ぼす可能性があります。
    ただし、今回の検出値であるプロシミドン0.05ppmは、体重50kgの人が毎日35kgのマッシュルームを一生涯食べ続けても、健康に悪影響が出ないと考えられる量です。

    したがって、短期間の摂取であれば健康へのリスクは非常に低いと言えますが、安全のために回収が行われています。

    事業者は、原料の選定から製造、出荷に至るまでの各段階での品質管理を徹底し、残留農薬の基準値を超えないようにする必要があるでしょう。

    今後、定期的にリスク評価を行い、食品安全委員会の設定する残留基準値に従って、製品の安全性を確保することで
    消費者に安全安心な製品を提供することができるはずです。

    24/05/07 16:40


  • Inf_category_101  りんごジューストキ 一部カビ発生の恐れ

    一部りんごジュースの自主回収は、製品の同一ロットにカビが発生したことにより発生しました。
    カビは食品の品質に影響を及ぼすだけでなく、アレルギー反応や呼吸器系の問題を引き起こす可能性があるため、消費者の健康にとってリスクとなります。

    健康被害の報告がないとはいえ、予防的措置としてのリコールは適切な対応です。

    事業者は、製品の品質管理体制を見直し、再発防止策を講じることが必要でしょう。

    カビは、特にアレルギー体質の人や呼吸器系に問題を抱える人にとって、健康上のリスクをもたらす可能性があります。購入した製品は消費せず、指定された方法で回収を行うようにしてください。

    24/04/30 16:42


  • Inf_category_1  マイカップDEヌードル アレルゲン表示(卵・乳成分)表示欠落

    このリコールは、一括表示に記載されていないアレルゲン(卵・乳成分)が検出されたために発生しました。

    アレルゲンの不適切な表示は、アレルギーを持つ消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があります。健康被害の報告がない現状でも、事業者は消費者の安全を確保するために迅速かつ透明な対応を行う必要があります。

    事業者は、アレルゲン管理体制を見直し、再発防止策を講じることが必要でしょう。
    アレルギー反応は、軽度のものから生命を脅かす重篤なものまで様々です。アレルギーを持つ人々にとって、アレルゲンの誤表示は意図しないアレルギー反応を引き起こす危険があります。

    購入した製品を消費する前に、リコール情報を確認し、該当する製品かどうか確認することをお勧めします。

    24/04/30 16:36


  • Inf_category_1  マカロンラスク(レモン) 一部大腸菌検出で自主回収

    この自主回収は、サンプル検査で大腸菌が検出されたため発生しました。大腸菌は食品の衛生状態を示す指標菌として知られており、その存在は製造過程での衛生管理の不備を示唆しています。

    健康被害の報告がないとはいえ、消費者の安全を最優先に考え、迅速な対応が求められます。

    事業者は、製造過程における衛生管理体制を再評価し、必要に応じて改善策を講じることが必要でしょう。

    大腸菌の存在は、食中毒のリスクを高める可能性があります。特に免疫力が低下している人や高齢者、小さな子供にとっては、感染すると重篤な健康問題を引き起こす恐れがあります。

    24/04/30 16:31


  • Inf_category_7  ポータブル蓄電池 Battery CUBE 他 発火の恐れ リコール

    ポータブル蓄電池は日常生活で広く使用されており、その安全性は消費者にとって非常に重要です。

    発火のリスクは、使用者の安全に直接的な脅威をもたらすため、このリコールは適切かつ必要な措置です。消費者への迅速かつ明確な情報提供と、回収プロセスの透明性が信頼維持の鍵となります。

    事業者は、安全な回収と処理を確実に行うことが重要です。また、製品の設計・製造プロセスを見直し、今後同様の問題が発生しないよう対策を講じることも望まれます。

    消費者は、使用方法によって電池セルから発火する可能性があるため、安全に関する警告を厳守し、製品の使用を控えることが重要です。

    24/04/26 14:03


  • Inf_category_1  YUNYUN汁なし担担めん 賞味期限印字間違いで自主回収

    賞味期限の誤印字は、消費者が製品を安全に使用する上で重要な情報です。このような間違いは、消費者の信頼に影響を与える可能性があります。

    今回のケースでは、健康被害の報告はないとのことですが、賞味期限を過ぎた食品の摂取は食中毒のリスクを高める可能性があります。

    消費者に対しては、賞味期限を確認し、誤った日付が印字された製品は消費しないよう注意喚起が必要です。

    事業者は、製品の品質管理プロセスを見直し、賞味期限の印字ミスを防ぐためのチェック体制を強化することが必要です。

    24/04/26 13:55


  • Inf_category_1  小林製薬「紅麹」サプリ 健康被害への医療費などの補償開始

    小林製薬の「紅麹」を含むサプリメントを摂取した人に健康被害が相次いでいる問題で、小林製薬は医療費などの補償を始めると発表しました。

    この問題では、摂取後に腎疾患になるなどの健康被害によってこれまでに5人が死亡、257人が入院しています。

    小林製薬は摂取した人について、医療機関を受診した人は時期や症状の有無を問わず、初診料や交通費などの実費を補償します。さらに、去年7月以降に購入して摂取した人で、関連性が疑われる健康被害がある場合には医療費を支払うということです。

    健康被害の原因についてはいまだに特定されておらず、補償についても暫定的な対応としています。

    24/04/26 13:48


  • Inf_category_105  FTR Sport フロントブレーキ不具合でリコール

    インディアンモーターサイクル FTR Sport他のフロントブレーキにおいて、ブレーキフルード充填工程が不適切であったため、ブレーキ油圧系統内に微量の気泡が含まれている可能性があります。

    これにより、フロントブレーキ操作時に油圧が十分に上がらず、フロントブレーキが効かなくなるおそれがあります。これは、走行中に事故につながる危険があるため、重要な問題です。

    事業者は、今後このような問題が再発しないよう、製造プロセスにおける品質管理の徹底や、製品の安全性を高めるために、設計から製造、検査に至るまでの全工程で安全基準を見直し、改善することが望まれます。

    事業者は今回のリコールを教訓に、製品の安全性を確保するための体制をさらに強化することで、ユーザーの安全性を最優先する姿勢を示すことが大切です。

    24/04/25 10:16


  • Inf_category_105  BRP RYKER600 燃料ポンプ不具合でリコール

    BRP RYKER600の燃料ポンプに使用されているインペラーが不適切な材料で作られているため、燃料温度が高くなると膨張し変形する可能性があります。

    これにより、部品間で過度の摩擦が発生し、燃料ポンプが作動不良を起こすおそれがあります。最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、事故につながる危険があります。

    事業者は、リコール対象となる車両の所有者に対して、速やかに通知し、無償修理を提供することが重要です。

    また今後このような問題が再発しないよう、製造プロセスにおける品質管理を徹底することが望まれます。

    事業者は今回のリコールを教訓に、製品の安全性を確保するための体制をさらに強化することで、ユーザーの信頼に応えることが大切です。

    24/04/25 10:04


  • ソユール 頭皮美容エッセンス 一部自主回収

    「ソユール 頭皮美容エッセンス」において、使用された反芻動物由来原料基準を満たさない原料に関する自主回収が公表されました。

    事業者は、回収対象製品の情報を迅速に公開し、消費者が自身の製品が対象かどうかを容易に識別できるようにすることが重要と言えます。

    また適切に対応することで、消費者の信頼を維持し、ブランドイメージの損傷を最小限に抑えることができます。

    健康被害のリスクは、現在報告されていませんが、予防措置として回収対象商品の使用を控えることが推奨されます。

    今後このような問題が発生しないよう、品質管理の徹底を心がけることで、消費者の不安を解消することが大切です。

    24/04/25 09:31


  • Inf_category_7  パナソニック 電動アシスト自転車バッテリー 14万個リコール

    パナソニックは、電動アシスト自転車用のバッテリーに発火の恐れがあるとして、約14万個のバッテリーをリコールすることを発表しました。

    このリコールは、2020年5月から2021年1月にかけて発生した13件の発火・発煙事故を受けたものです。これらの事故によるけが人は報告されていません。

    パナソニックによると、事故の原因は内部の湿気や水分がバッテリー液や電極材と反応し、発火に至ったことであると特定されました。このため、同社は2015年1月から2017年7月に製造された23の品番のバッテリーを対象に、無料での交換を行うと発表しています。対象となるバッテリーの総数は14万個を超えるとのことです。

    パナソニックの電動アシスト自転車用バッテリーは過去にも3回発火の恐れがあるとして、2015年、2016年、そして2020年にリコールが行われています。4回目のリコール対象となる製造期間はこれらとは異なり、過去のリコールで交換されたバッテリーは引き続き使用可能です。

    24/04/25 08:58


  • Inf_category_1  スープ付うどん商品 一部カビ発生の可能性で自主回収

    事業者は、回収対象製品の情報を迅速に公開し、消費者が自身の製品が対象かどうかを容易に識別できるようにすることが重要と言えます。

    適切な対応をすることで、消費者の信頼を維持し、ブランドイメージへの影響を最小限に抑えることができます。

    今回の事案では健康被害の報告はありませんが、予防措置とし対象商品の回収に協力することをお勧めします。

    また事業者は、今後このような問題が発生しないよう、品質管理の徹底を心がけることで安全安心な食品を提供することが望まれます。

    24/04/24 11:11


  • Inf_category_6  hadakaraデオドラントボディソープ 一部表示不備で自主回収

    製品の表示に不備がある場合、消費者の混乱を避けるためにも、適切な情報提供と指示が必要です。

    今回の自主回収は、製品の安全性や有効性には問題がないとされていますが、信頼性の維持のためにも、透明性を持って対応することが大切です。

    事業者は、消費者の不安を解消し、信頼を維持するためにも、迅速かつ適切な対応を心がけることが求められます。また、今後の品質管理の徹底を通じて、同様の問題が再発しないよう努めることも重要と言えるでしょう。

    回収対象製品の詳細情報(製造番号など)が公開されていますので、消費者は自分の持っている製品が対象かどうかを確認することをお勧めします。

    24/04/24 09:59


  • Inf_category_1  ココナッツ・ギー 一部商品にカビ発生で自主回収

    ココナッツ・ギーの一部でカビが発生していたことによる自主回収が発表されました。

    消費者の安全と信頼を最優先に考え、迅速かつ透明性のある情報提供を行うことが重要です。商品の回収は、消費者に対する今後の信頼回復に向けた第一歩となります。

    事業者は、回収対象商品の詳細な情報を明確にし、消費者が容易に識別できるようにすることが望まれます。

    また今後このような問題が発生しないよう、品質管理の徹底を心がけることで、安全安心を確保することが大切と言えます。

    24/04/24 09:49


  • Inf_category_103  ポーチ,ショルダーバッグ商品 一部他ブランドの刻印

    この自主回収は、品質管理の重要性を再認識させる出来事です。消費者の信頼を維持するためにも、事業者は透明性を持って情報を提供し、適切な対応を行う必要があります。

    また、今後同様の問題が発生しないように、品質管理プロセスの見直しと改善が求められます。

    ブランドに対する信頼性や、今後の購入に対する不安を感じる可能性がありますので、製品の品質を保証するための体制を強化し、再発防止策を講じることや、顧客がスムーズに交換や返品を行えるように、顧客サービスを充実させることが大切です。

    この自主回収は、消費者にとっては不便を伴うものですが、事業者が誠実に対応することで、長期的な信頼関係の構築に繋がる可能性があります。

    24/04/23 16:11


  • Inf_category_6  シャープペン カラーフライト 一部ペン先不具合で自主回収

    この自主回収は、製品の安全性を確保し、消費者の信頼を維持するために重要と言えます。

    事業者は、製品の安全性を常に最優先事項として考えることや、不具合が発生した場合は、迅速に公表し、消費者に対して明確な指示を出すことが求められます。

    事業者は適切な対応を取ることで、消費者の信頼に応えながら将来的な問題を防ぐことができます。

    対象商品をお持ちの消費者は、ゼブラお客様相談室に連絡することで交換を受けることができます。

    今後は品質管理体制をさらに強化し、同様の不具合が再発しないことが望まれます。

    24/04/23 10:42


  • Inf_category_4  ポルシェ718Cayman GTS 可動式リアスポイラー リコール

    ポルシェ 718 Cayman GTSの可動式リアスポイラーを制御するコントロールユニットのプログラムが不適切であるため、リアスポイラーが規定の上限高さよりも高く上昇してしまう不具合が発生しています。

    この結果、リアスポイラーがハイマウントストップランプを遮蔽し、後続車に対する停止信号が見えにくくなる可能性があり、これは保安基準第39条の2第3項に適合しない状態です。

    この不具合により、後続車が停止信号を認識しにくくなることで、追突事故のリスクが高まります。特に夜間や視界が悪い条件下では、このリスクはさらに増大します。

    メーカーは、将来的な設計において、同様のプログラム不具合が発生しないよう、品質管理体制を強化することが必要でしょう。

    24/04/23 10:31


  • Inf_category_1  小林製薬の紅麹サプリ自主回収から1カ月 原因は依然未解明

    小林製薬が紅麹成分を含む機能性表示食品のサプリメント「紅麹コレステヘルプ」を含む3製品の自主回収を発表してから1カ月が経過しました。

    この問題は、サプリ摂取後に報告された腎疾患などの健康被害が社会的な不安を引き起こしています。

    厚労省によると、小林製薬から報告された健康被害は、死者5人、入院患者240人、医療機関を受診した人が1434人に上ります。

    紅麹サプリ摂取との因果関係はまだ明らかになっていません。検出された青カビ由来の天然化合物「プベルル酸」が人体にどのような影響を与えるかは未解明のままです。

    24/04/23 10:20


  • Inf_category_3  アルファロメオ ジュリア ABSユニット不具合でリコール

    このリコールは、車両のブレーキシステムに関わる重大な不具合であるため、事業者は迅速かつ効果的な対応を行う必要があります。

    制御プログラムの不具合により、シートベルト未着用かつエレクトリックパーキングブレーキが解除されていない状態で車両を発進させると、リアブレーキローターに過大な力がかかり、カーボンセラミック製ブレーキローターが破損するおそれがあります。
    ブレーキローターの破損は、車両の制動能力に影響を及ぼし、運転中の安全に直接影響を及ぼすため、非常に危険です。

    消費者の安全を確保するためには、リコールの情報を広くかつ明確に伝達し、対象車両の所有者が速やかに対応できるよう支援することが重要です。

    24/04/22 11:03


  • Inf_category_4  VW T-Roc ドライブシャフト不具合でリコール

    このリコールは、車両の走行能力に直接影響を及ぼす不具合であるため、事業者は迅速かつ効果的な対応を行う必要があります。

    ドライブシャフトの締結ボルトが緩むと、最悪の場合、車輪に動力が伝達できなくなり、走行不能になるおそれがあります。

    走行中にこのような状況が発生すると大変危険で、リコール対象車両の所有者は、速やかに最寄りのフォルクスワーゲン正規ディーラーに連絡し、点検・修理を受けることをお勧めします。

    事業者は、消費者の安全を確保するためには、リコールの情報を広くかつ明確に伝達し、対象車両の所有者が速やかに対応できるよう支援することが重要です。また今後、組付作業指示の見直しと改善を行い、同様の問題が再発しないようにする必要があります。

    24/04/22 10:57


  • Inf_category_4  ムーヴ キャンバス リヤショックアブソーバ不具合でリコール

    このリコールは、走行安定性に重大な影響を及ぼす可能性があります。事業者は、迅速かつ効果的なリコール実施を通じて、消費者の安全を確保する責任があります。

    不具合のあるリヤショックアブソーバを使用した場合、走行中の振動によりボルトが緩むことがあり、異音が発生する可能性があります。
    最悪の場合、ボルトの締結が外れ、車両の走行安定性が損なわれるおそれがあります。これは運転中の安全に直接影響を及ぼすため、非常に危険です。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、修理の予約を促すための積極的なコミュニケーションを取る必要がある
    でしょう。また今後、部品の品質管理と検査プロセスを強化し、同様の問題が再発しないようにする必要があります。

    24/04/22 10:51


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.