• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_105  ハーレー リアブレーキパイプクランプのリコール

    リアブレーキパイプクランプの不具合は、ブレーキパイプがエキゾーストパイプに接触することで、ブレーキフルードが漏れたり、制動力が弱くなったりする危険があります。

    これは、自動車の安全性に重大な影響を与えるため、速やかに改善する必要があります。

    メーカーは、リアブレーキパイプクランプの設計や製造を徹底することや、品質管理や検査を強化することが必要でしょう。

    伝統あるブランドとしてユーザーの信頼に応えることが望まれます。

    24/02/13 17:24


  • Inf_category_4  テスラ Model3バックカメラの不具合でリコール

    バックカメラの画像が表示されないと、後方の障害物や歩行者などを確認できず、事故につながる危険があります。

    このような不具合は、自動車の安全性や信頼性に影響を与えるため、早急に改善する必要があります。

    バックカメラのプログラムの設計やテストを徹底することや、アップデートを行う際に、互換性や安定性を確保することが必要と言えるでしょう。

    また、プログラムのアップデートを行う際に、オーナーに事前に通知することや、バックカメラのプログラムのアップデートに失敗した場合や不具合が発生した場合に、迅速に対応することも大切です。

    24/02/13 17:17


  • Inf_category_4  ベンツA200d エンジンコントロールユニット不具合

    「ベンツ A200d他 計11車種」のエンジンコントロールユニットの不具合は、環境保護の観点から問題ありと言えます。

    排出ガスが基準値を超えると、大気汚染や温室効果ガスの増加につながります。

    メーカーは、リコール対象車のオーナーに対して、速やかに改善措置を実施するように通知するとともに、改善措置の内容や方法、期間などを明確に説明する必要があるでしょう。

    また、リコールの原因となった故障診断プログラムの不適切さを検証し、再発防止策を講じる必要もあります。

    環境に配慮した先進メーカーとして実績を持ち革新的なモデルを展開するブランドなので、その信頼に応える対応が望まれます。

    24/02/09 11:07


  • Inf_category_1  シウマイ 一部異物混入(シリコン片)の恐れで自主回収

    事業者は、消費者の安全と信頼を最優先に考え、迅速かつ適切に回収対象製品の特定、回収方法の周知、回収実施、原因究明、再発防止策の立案と実行などの対応を行う必要があるでしょう。

    消費者は、回収対象商品を購入した場合は、速やかに事業者の指示に従って返送するか、最寄りの直営店舗に持参するなど協力することができます。

    シリコン片の異物混入は、食品の安全への信頼に対してだけではなく、ブランドイメージにも影響を与える可能性がありますが、消費者を優先した迅速で適切な対応によって信頼に応えることが望まれます。

    24/02/09 11:06


  • Inf_category_1  牛豚ミンチ 原産地誤表示で自主回収

    原産地誤表示の事例は、食品表示法に違反するものであり、消費者の選択に影響を与える可能性があります。

    牛豚ミンチの原産国は、消費者の購入意思に関係する大切な情報の一つであり、誤った表示は消費者の信頼を損なうだけでなく、食品の安全性や品質にも疑問を持たせることになりかねません。

    牛豚ミンチの原産国によって、その安全性や品質に差があるということはありませんが、消費者の好みや価値観によって、選ぶ国が異なる場合があります。

    事業者は、原産国の表示の誤りの原因を調査し、同様の事故が再発しないように安全安心を優先した対策を講じることが望まれます。

    24/02/07 09:55


  • Inf_category_1  ヒレカツ巻 エビ表示欠落で自主回収

    アレルギー(エビ)表示欠落の事例は、食品表示法に違反するものであり、消費者の安全に影響を与える可能性があります。

    エビは特定原材料の一つであり、エビアレルギーを持つ消費者にとっては重篤なアレルギー反応を引き起こす恐れがあります。
    エビアレルギーの症状は、じんましんや口内の腫れ、腹痛や下痢など多岐にわたります。

    事業者は、エビのアレルギーの表記欠落の原因を調査し、同様の事故が再発しないように対策を講じる必要があります。

    事業者は、食品表示法や関連するガイドラインを遵守し、消費者に正確な情報を提供することで、安全安心の信頼に応えることが望まれます。

    24/02/07 09:48


  • Inf_category_4  エルグランド 燃料が漏れる恐れでリコール

    燃料漏れは、車両火災や交通事故の原因となる危険性が高く、重大な影響を及ぼす可能性があります。

    燃料タンクの不具合は、安全性や信頼性に関わる重要な部品であるため、早急に改善対策を実施する必要があります。

    リコールの対象車両を所有するユーザーは、販売会社に連絡し、改善対策の実施日を予約することが必要となります。

    一般的に、燃料漏れの原因は、タンクの劣化やホースの破損、給油キャップの不備など様々な可能性があります。

    燃料タンクの不具合の原因や再発防止策の実施、燃料漏れの予防と対処、などユーザーの安全安心を優先した対応で信頼に応えることが望まれます。

    24/02/06 10:33


  • Inf_category_6  フィルム歯みがき メントール配合量上限を上回り自主回収

    「フィルム歯みがき」の自主回収が公表されました。メントールは、清涼感や鎮痛作用などをもたらす成分ですが、過剰に摂取すると、口内炎や舌の痺れなどの副作用が起こる可能性があると言われています。

    法律では、化粧品に配合可能なメントールの最大量が定められていますが「フィルム歯みがき」には、メントールの量が法律の上限を超えて含まれていることが判明したとのことです。

    事業者は、メントールの配合量の過剰が発覚した原因や経緯の詳細な調査、再発防止策の策定と実施などにより、安全安心を優先した適切な対応によって信頼に応えることが望まれます。

    24/02/06 10:32


  • Inf_category_4  ニッサン ノート 取扱説明書が保安基準不適合でリコール

    このリコールは、チャイルドシート搭載時に関する注記が取扱説明書に記載されていないという、消費者の安全に関わる重要な情報の欠落であるため、消費者の安全を確保するために速やかに実施する必要があります。

    メーカーは、対象車両の所有者に対して、ダイレクトメールや販売店からの連絡などでリコールの内容と対策方法を明確に伝え、新しい取扱説明書を交換するよう促す必要があるでしょう。

    このリコールは、取扱説明書の作成や管理において、品質管理体制に問題があったことを示しています。

    メーカーは、このリコールを契機に、品質管理体制の見直しや改善を行い、同様の不具合が再発しないようにする必要があります。
    また、消費者に対しては、品質管理体制の見直しや改善の内容と効果を報告し、信頼回復に努めることが望まれます。

    24/02/05 14:32


  • Inf_category_4  ボルボ XC40 点滅回数が保安基準超過でリコール

    このリコールは、方向指示器の点滅回数が保安基準の規定を超えるという、交通安全に影響を及ぼす可能性がある不具合であるため、消費者の安全を確保するために速やかに実施する必要があります。

    メーカーは、対象車両の所有者に対して、ダイレクトメールや販売店からの連絡などでリコールの内容と対策方法を明確に伝え、無償修理を受けるよう促す必要があるでしょう。

    このリコールは、CEMのプログラムの設計が不適切だったことが原因で発生したとされています。これは、メーカーの品質管理体制に問題があったことを示しています。メーカーは、このリコールを契機に、品質管理体制の見直しや改善を行い、同様の不具合が再発しないようにする必要があるでしょう。

    また、消費者に対しては、品質管理体制の見直しや改善の内容と効果を報告し、信頼回復に努めることが望まれます。

    24/02/05 14:30


  • Inf_category_4  VW ゴルフR 遮熱マット不具合でリコール

    リコールの原因は、遮熱マットが正しく取り付けられていないことにより、エンジン高負荷時等の熱によりブレーキ液のリザーバータンクの端部が溶損することがあることです。

    これにより、ブレーキ液が漏れ、高温の排気系部品に触れると火災となるおそれがあるとされています。
    リコールの内容は、遮熱マットの点検および必要に応じて交換することです。

    リコールの効果は、遮熱マットの正しい取り付けにより、ブレーキ液のリザーバータンクの溶損や火災の発生を防ぐことができると期待されます。

    高性能なスポーツモデルですが、リコールを通じて製品の安全性と信頼性を高める対応が必要と言えます。

    24/02/02 14:44


  • Inf_category_6  フルハーネスSH-999 一部亀裂や破損の恐れ

    フルハーネスは高所作業等で使用される墜落制止用器具であり、労働安全衛生法により一定の構造、性能、強度等の規格を満たすことが義務付けられています。

    フルハーネスの太腿部に使用されているワンタッチバックルは、着脱や調整に便利な機構ですが、亀裂や破損があると、衝撃や荷重に耐えられず、バックルが外れたり、ベルトが切れたりする恐れがあります。これは、高所からの墜落事故につながる重大な危険となります。
    事故を未然に防ぐためには、早急にリコールを実施することが必要です。

    回収や交換の件数や割合を把握し、リコールの目標を達成するまで周知と呼びかけを継続することや、回収した製品の原因究明や処分、代替品の品質管理などを適切に行うことが望まれます。

    24/02/02 14:41


  • Inf_category_4  ヤリス他 計3車種 ロアアーム不具合でリコール

    この事例は、自動車の安全性を確保するために重要な部品であるロアアームに不具合があるものであり、消費者の生命や身体に危険を及ぼす可能性があります。

    ロアアームが破断すると、タイヤが前後方向に振られて、最悪の場合ハンドル操作が効かなくなる恐れがあります。

    これは、走行中に事故を引き起こす可能性が高く、重大な結果につながる恐れがあります。

    事業者は、ロアアームの不具合原因を徹底的に調査し、同様のリコールが再発しないように対策を講じる必要があります。

    一般的に、ロアアームの不具合は、ボールジョイント取付部の製造が不適切なために発生することが一因として考えられます。

    24/02/01 10:15


  • Inf_category_1  ジンジャービスケット 一部異物混入(金属片)の恐れで自主回収

    この事例は、食品衛生法に違反するものであり、消費者の安全に影響を及ぼす可能性があります。

    食品衛生法では、人の健康を損なう恐れがあるものを混入させてはならないと定めています。

    金属片は硬く鋭利な異物であり、食品に混入していた場合、口内や喉を切ったり、歯を損傷したり、消化器官に穿孔を起こしたりする危険性があります。

    事業者は、金属片の混入原因を徹底的に調査し、同様の事故が再発しないように対策を講じる必要があります。

    一般的に、金属片の混入は、製造機器の破損や摩耗、ネジや工具の脱落、包装資材の欠損などが原因となることが多いと言われています。

    24/02/01 10:10


  • Inf_category_4  クロスビー他 エンストの恐れでリコール

    このリコールは、スズキの2車種に影響する重大な不具合です。
    走行中エンストに至るおそれがあるということは、交通事故や人命に関わる危険性が高いということです。

    一般的に、走行中にエンストすると、後続車に追突されたり、ハンドルやブレーキが重くなって操作できなくなったりする危険があります。

    事業者は、修理の際には、不具合の原因と対策を詳しく説明し、オーナーの不安や不満を解消することも大切です。

    信頼の回復とリコールの発生を防ぐために、品質管理や製品検査を徹底することが望まれます。

    24/01/31 13:17


  • Inf_category_4  スバルXV他 低圧燃料ポンプ不具合でリコール

    このリコールは、スバルの8車種に影響する重大な不具合です。走行中エンストに至るおそれがあるということは、交通事故や人命に関わる危険性が高いということです。

    事業者は、速やかに対象車両のオーナーに連絡し、無償修理を実施することが必要です。

    また、修理の際には、不具合の原因と対策を詳しく説明し、オーナーの不安や不満を解消することが大切です。

    信頼の回復とリコールの発生を防ぐために、品質管理や製品検査を徹底することが求められます。

    24/01/31 13:16


  • Inf_category_4  デミオ他 低圧燃料ポンプに不具合でリコール

    このリコールは、交換用部品の準備に時間を要するため、修理に時間がかかることがあります。

    これは消費者にとって心配や不満を生む可能性があります。事業者は、交換用部品の確保に最善を尽くすとともに、消費者に対しては、部品の入荷状況や修理作業の開始時期などを随時更新し、透明性と信頼性を高めることが望まれます

    このリコールは、低圧燃料ポンプのインペラの成形条件が不適切であったことが原因で発生したとされていますが、その成形条件はどのように決められたのか、どのように検査されたのかなど、品質管理体制に問題がなかったのかを検証する必要があります。

    同様の不具合が他の車種や部品に発生しないように予防策を講じることで、信頼に応える必要があります。

    24/01/30 08:16


  • Inf_category_4  エクリプスクロス 燃料ポンプ不具合でリコール

    このリコールは、消費者の安全に直接関わる重大な不具合であり、事業者は速やかに対象車両の特定と改善措置の実施を行う必要のある事案です。

    また、消費者に対しては、不具合の発生原因や症状、対応方法などを分かりやすく説明し、不安や不便を最小限に抑えることも求められます。

    このリコールは、燃料ポンプのインペラの成型条件が不適切であったことが原因で発生したとされていますが、その成型条件はどのように決められたのか、どのように検査されたのか、どのように管理されたのかなど、品質管理体制に問題がなかったのかを検証する必要があります。

    また、同様の不具合が他の車種や部品に発生しないように、予防策を講じることが望まれます。

    24/01/30 08:06


  • Inf_category_4  三菱デリカ 排出ガス発散防止装置に不具合でリコール

    このリコールの問題点は、排出ガスが規制値を満足しなくなることで、環境に悪影響を及ぼすことや、エンジンの性能や燃費の低下などの車両の機能不全を引き起こすことです。

    このような不具合は、車検の合格や自動車税の減免などの優遇措置にも影響する可能性もあります。

    事業者は、対象となるユーザーに対して適切な方法で連絡し、リコールの内容と対応方法を明確に伝えるとともに、修理の予約や実施の手続きをできるだけスムーズに行えるようにすることが望まれます。

    リコールの原因となったEGRバルブの内部モーターの摩耗について、作動頻度や摩耗状況などの品質管理の強化を行うことが望まれます。

    24/01/26 14:20


  • Inf_category_105  スズキ ハヤブサ ブレーキパイプに不具合でリコール

    ブレーキパイプに不具合があるというリコールは、安全性に直接関わる重大な問題です。
    このような不具合は、製品の信頼性やブランドイメージを損なうだけでなく、運転中に事故につながる可能性があります。

    事業者は、早急に原因究明と再発防止策を講じる必要があります。
    一般的に、ブレーキパイプの不具合の危険性は、ブレーキ液が漏れて制動力が低下したり、ブレーキが全く効かなくなったりすることです。

    これは、交通事故につながる可能性が高く、非常に危険と言えます。
    危険を回避するには、定期的にブレーキパイプの状態を点検し、必要に応じて交換や修理を行うことも重要です。

    リコールの原因となったフレアナットの締付作業の問題について、締付トルクの測定や確認などの品質管理の強化を行うことが望まれます。

    24/01/26 14:20


  • Inf_category_4  ランドローバー DEFENDER 110他 計13車種 発電機

    このリコールは、ハイブリッド車両のスタータ ジェネレータ コントロール モジュールの制御プログラムが不適切で、原動機始動時に異常を誤検知し、充電異常の警告灯が点灯することがあるというものです。

    その場合、補器バッテリーへの充電が行われず、走行不能になる可能性があります。この不具合は、ランドローバーの13車種に影響します。

    事業者は、対象車両のスタータ ジェネレータ コントロール モジュールの制御プログラムを書き換えることで、不具合を改善します。

    ユーザーの信頼に応える適切な対応によって、再発防止策を講じることが望まれます。

    24/01/25 10:00


  • Inf_category_7  Portable Blenders 刃の破損で火災,裂傷の恐れでリコール

    このリコールは、「BlendJet 2 Portable Blenders」において、過熱または発火する可能性があり、ブレンダーの刃が破損し、消費者に火災や裂傷の危険をもたらす可能性があるという問題があります。

    事業者は、過熱や発火の原因を究明し、再発防止策を講じることが必要です。

    また、消費者に対して、回収・交換の理由や方法、連絡先などを明確に伝えること。海外製品ですが、国内の消費者からの問い合わせに適切な対応をすることが望まれます。

    24/01/25 09:58


  • Inf_category_4  ダイハツ キャスト他2車種 ドアロック不具合でリコール

    このリコールの原因は、運転者席ドアにおいて、側面衝突時のドアロックの作動に関する検証が不十分であったためです。
    衝突時にパワードアロックが作動することがあり、ドアが施錠されてしまう可能性がありました。

    ダイハツは、品質不正問題を受けて、国内向けに出荷した45車種について安全性の検証を行っています。
    キャストとピクシスジョイは、その中で基準に適合しないことが確認された車種です。

    品質不正問題は、経営陣が現場の実態を把握せず、短期開発を優先したことが原因だと考えられます。

    このような品質不正をなくすため、以下のような対策が考えられます。

    - 認証業務の見直しに留まらず、コンプライアンス意識を第一とした企業風土への抜本的な改革を行うこと
    - 開発・品質保証・認証関連組織の再編や監査機能の強化を行うこと
    - 開発業務負荷の適正化や技術検証の妥当性を第三者認証機関に確認すること

    24/01/24 15:29


  • Inf_category_5  リチウムイオン蓄電システム 一部焼損発煙の恐れ

    この事例は、消費生活用製品安全法に違反するものであり、消費者の安全や選択の機会を損なう可能性があります。

    消費生活用製品安全法では、消費生活用製品について、火災や感電などの危険を防止するための基準を定めています。

    リチウムイオン蓄電システムは、高いエネルギー密度を持つ電池であり、過充電や過放電、物理的な損傷、高温環境などにより、発熱や発火、爆発などの危険があります。

    これらの危険は、消費者の負傷や財産の損害につながる恐れがあります。

    事業者は、自主回収の原因や経緯を分析し、再発防止策を立案し、実施するべき必要があります。
    リチウムイオン蓄電システムの安全性や品質を確保するために、製造プロセスや管理体制、教育、監査などを見直し、改善することが望まれます。

    24/01/23 16:34


  • Inf_category_1  ホワイトマドレーヌ他 一部食品表示欠落

    この事例は、食品表示法に違反するものであり、消費者の安全に影響を与える可能性があります。

    食品表示法では、加工食品について、名称、アレルゲン、保存の方法、消費期限、原材料、添加物、栄養成分の量及び熱量、原産地その他食品関連事業者等が表示すべき事項を定めています。
    これらの表示は、消費者が食品の品質や安全性を判断し、自主的かつ合理的に選択するために重要な情報です。

    また、アレルゲンや添加物などは、食品を摂取する際の安全性に重要な影響を及ぼす事項として、食品表示法で特に規定されています。これらの表示が欠落していると、消費者は食品に含まれるアレルギー物質や添加物を知ることができず、アレルギー反応や健康被害を起こす恐れがあります。

    24/01/23 16:33


  • Inf_category_4  マクラーレン Artura クーペ エンジン低圧燃料ホース

    「マクラーレン Artura クーペ」は、ハイブリッドスーパーカーとして2021年に発表された車種です。

    2023年12月には、エンジン低圧燃料ホースの不具合により、火災の恐れがあることが判明し、国土交通省にリコールを届け出ました。対象となるのは、令和5年6月5日から令和5年10月20日までに輸入された39台です。

    事業者は、原因の究明と再発防止策の実施に努めるとともに、ユーザーに対して適切な対応と説明を行う必要があります。

    このリコールの対象となる車両は、エンジン低圧燃料ホースに不具合があります。このホースは、エンジンに燃料を送る役割をしています。しかし、ホースの厚みが異なるため、コネクターから外れやすくなっています。コネクターからホースが外れると、燃料がエンジンルームに漏れ出します。燃料は引火性が高いので、エンジンの熱や電気の火花などに触れると、炎上する危険性があります。

    24/01/22 15:25


  • Inf_category_4  BMW X3 xDrive20d ECU不具合でリコール

    このリコールは、自動車の安全性に直接関わる重大な不具合です。走行不能になると、交通事故や故障のリスクが高まります。

    また、走行不能になる前にも、トランスミッションの異常音や振動などの症状が発生する可能性があります。

    これらの症状は、運転者の不安やストレスを増やします。したがって、このリコールは、消費者の安全や安心に大きな影響を与えると考えられます。

    このリコールは、ECUの製造工程における溶接機の管理不備が原因とされています。

    事業者は、このリコールに対して、迅速かつ適切な対応を行う必要があります。リコールの原因となった溶接機の管理不備について、徹底的に原因究明を行い、再発防止策を講じる必要があります。溶接機の管理方法や基準を見直し、定期的に点検や検査を行うことが必要です。

    24/01/22 15:24


  • Inf_category_4  CX-60 電動パワーステアリングギヤボックス不具合でリコール

    このリコールは、ユーザーにとって、ステアリング操作力が増大するという不具合は、運転中に事故につながる可能性があります。

    特に高速道路やカーブなどでの操作が困難になり、制御不能に陥る恐れがあります。

    また、操作力が変化することで、運転者の疲労やストレスも増加すると考えられます。

    事業者にとって、このような不具合は、製品の信頼性やブランドイメージを損なう可能性があります。

    リコールへの適正な対応とともに、原因究明や再発防止策の実施に努めることで、ユーザーの安全安心を優先する姿勢を示し、信頼に応えることが望まれます。

    24/01/19 16:49


  • Inf_category_4  スープラ 制御コンピュータ(ECU)不具合でリコール

    このリコールはユーザーにとって、走行不能となるという不具合は、運転中に突然停止することで、自分や他人の命に危険が及ぶ可能性があります。

    また、走行不能になった車両は、レッカー車で移動させる必要があり、時間や費用の面でも不便や損害を被ることになります。

    事業者にとって、このような不具合は、製品の安全性や信頼性、ブランドイメージにも悪影響を及ぼす可能性があります。

    事業者は、リコールの情報を適切に公表し、原因究明や再発防止策の実施に努め、ユーザーに対して注意喚起や安全対策の情報を提供することが望まれます。

    24/01/19 16:48


  • Inf_category_112  マッサージオイル一部未配合の成分を誤記載で自主回収

    この件は、成分表示不備による自主回収であり、製品の品質に問題はないとされています。

    しかし、消費者にとっては、製品に含まれる成分を正確に知ることが重要です。

    特に、アレルギーや敏感肌などの体質の方は、成分表示に基づいて製品を選んでいる場合があります。

    そのため、成分表示の誤りは、消費者の信頼を損なうだけでなく、健康被害のリスクを高める可能性もあります。

    事業者は、原因究明と再発防止策の策定と実施を行い、消費者の不安や疑問に対して、迅速かつ丁寧に対応することが望まれます。

    24/01/18 11:00


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.