• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_4  アウトランダーPHEV ナビゲーションシステム不具合でリコール

    このリコールは、ナビゲーションシステムの制御プログラムの設定不備により、直前直左確認用のカメラ映像が液晶画面に表示されない問題に関連しています。

    これにより、運転者が周囲の状況を十分に把握できず、事故につながる危険性があります。
    特に、車線変更や駐車時などの視覚情報が重要な運転操作においてリスクが高まります。

    メーカーは、制御プログラムの設定を見直し、システムが正常に起動し、必要な情報を確実に表示するよう改善することが必要でしょう。

    ユーザーはリコール情報を注意深く確認し、事業者は製品の安全性を確保し、信頼を維持するために迅速かつ適切な対応を行うことは、安全な運転環境の提供、運転者と他の道路利用者の保護にとって重要と言えま。

    24/03/15 09:38


  • Inf_category_6  ポットハンドル やけどの危険でリコール

    この事案は、ハンドルの固定が緩くなる、またはハンドルが外れるという問題に関連しています。

    使用中にハンドルが外れると、熱湯や他の内容物がこぼれ、やけどを引き起こす可能性があります。

    これは特にキャンプや登山などのアウトドア活動中にリスクをもたらす可能性があります。

    事業者は、製品の設計と製造プロセスにおいて、安全性を最優先に考慮することが重要と言えます。

    今後は、より厳格な品質管理とテストを実施し、同様の問題が再発しないようにすることが望まれます。

    24/03/15 09:33


  • Inf_category_4  グレカーレ インストルメントクラスター不具合でリコール

    ソフトウェアの不具合により、イグニッションをオンにした際に速度計の単位が km/h から mph に切り替わることがあり、これは日本の保安基準に抵触する可能性があります。また、パークアシスト警告の誤表示やターンシグナル作動時の電気ノイズ発生も問題とされています。

    速度計の単位が予期せず mph に切り替わると、運転中の速度認識に混乱を招き、速度違反や事故につながる危険があります。

    パークアシスト警告の誤表示は、駐車時の安全に影響を及ぼす可能性があり、ターンシグナルの電気ノイズは運転の注意を散漫にする恐れがあります。

    メーカーは、今後のソフトウェア開発において、より厳格な品質管理とテストを実施し、同様の問題が再発しないようにすることが望まれます。

    24/03/14 09:36


  • Inf_category_4  テスラ Model3 車両接近通報装置の不具合でリコール

    過去に配信されたアップデートプログラムの設計不備により、車両の初期化後に車両接近通報装置の音が鳴らない可能性があります。

    これは、歩行者や他の車両に対して車両が近づいていることを知らせる重要な機能であり、音が鳴らないことで事故のリスクが高まります。

    この不具合により、特に視覚障害者や他の歩行者が車両の接近に気づきにくくなり、衝突事故につながる危険があります。
    また、駐車場や低速走行時においても、周囲の人々が車両の動きを認識しにくくなるため、安全性が低下します。

    事業者は、速やかに修正プログラムを配信し、すべての影響を受ける車両に対してアップデートを完了させる必要があるでしょう。

    24/03/14 09:32


  • Inf_category_101  牛乳 一部大腸菌群陽性で自主回収

    「アデア牛乳」の一部に大腸菌群陽性が判明したため、自主回収が行われています。大腸菌群は一般的には無害な細菌ですが、特定の種類によっては食中毒を引き起こす可能性があります。

    そのため、回収は消費者の健康を守るための予防措置として重要です。
    事業者は、品質管理の徹底と再発防止策を講じることが求められます。

    また、消費者に対しては、購入した製品を使用しないよう注意を促し、返品や交換の手続きを明確に案内することが大切です。

    これまでに健康被害の報告はありませんが、購入された方は直接連絡、または店頭告知に従って対応してください。

    24/03/13 11:05


  • Inf_category_1  ピーナッツミックス 異物混入で自主回収

    異物混入は、消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があり、特に食品においては、口腔内の怪我などの危険が考えられます。

    そのため、事業者はこの問題に対して責任を持ち、適切な対応を迅速に行うことが求められます。

    異物混入が判明した場合、事業者は直ちに詳細な情報を公開し、消費者が理解しやすい形で回収の手順を案内する必要があります。また、回収対象商品の特定情報、返金や交換の方法、連絡先などを明確にすることで、消費者の不安を軽減し、信頼を保つことができます。

    また事業者は品質管理体制の見直しと改善を行い、再発防止策を講じる必要があるでしょう。

    24/03/13 10:56


  • Inf_category_6  マスクの洗浄剤 マスクリーナ 自主回収

    含有されている除菌剤が法律に定められた規定量を超えているという事実は、直ちに人体に影響を及ぼすものではないとされていますが、法規制を超える化学物質の使用による信頼性の低下など、消費者にとって不安を与える要因となり得ます。

    法律に定められた規定量を超える除菌剤が含まれていることを公表し、消費者が安全に対処できるようにすることが大切です。

    また、今回の問題を受けて、どのような再発防止策を講じるかを明確にすることが望まれます。

    24/03/12 17:26


  • Inf_category_1  すいぞくすいーつ 消費期限ラベル貼付忘れ 自主回収

    今回の「すいぞくすいーつ」の消費期限ラベル貼付忘れによる回収において、健康被害の報告はないものの、消費期限が不明な食品を摂取することは食中毒などの危険を伴う可能性があります。

    したがって、消費者には購入した商品を使用しないよう呼びかけ、事業者は信頼回復に努める必要があります。

    消費者に対して、回収の理由と対象商品の詳細を明確に伝える必要があるでしょう。

    今後同様の問題が起こらないよう、内部プロセスの見直しと改善策を講じることも大切です。

    24/03/12 17:16


  • Inf_category_1  ちびっこ南部まめ 異物混入で自主回収

    「ちびっこ南部まめ」に合成樹脂の異物混入の可能性があることが判明しました。健康被害の報告はありませんが、消費者の安全を最優先に考える必要があります。

    健康へのリスクとして、合成樹脂が体内に摂取されることで、消化器官に損傷を与える可能性があります。
    事業者はリコールの詳細と回収の理由を消費者に対して明確に伝える必要があるでしょう。

    消費者は自宅に該当する製品がある場合は、摂取しないで指定された方法で回収に協力してください。

    安全な食品環境を確保するためにも、リコール・自主回収情報には常に注意を払い、必要な対応を行うことが大切です。

    24/03/11 09:58


  • Inf_category_4  ポルシェ911他 ドライバーアシストシステム不具合でリコール

    ソフトウェア開発時の検証不足により、アクティブレーンアシストが作動している際に、車線を超える前にステアリング介入が行われると、インフォテイメントディスプレイに表示される警告表示時間が保安基準に満たないという問題が発覚しました。

    これにより、ドライバーが適切な反応を示すための十分な時間が確保されず、事故につながる危険性があります。

    安全な運転環境を確保するためにも、リコール情報には常に注意を払い、必要な対応を行うことが大切です。

    また、事業者はこのような問題が再発しないよう、ソフトウェア開発と検証プロセスの改善に努める必要があります。

    24/03/11 09:51


  • Inf_category_4  アウディQ8 55Tqエアサス他 28車種 リコール

    ドライバーアシストシステムの不具合により、アクティブレーンアシスト作動時に適切な警告が表示されないことで、運転者が必要な操作を行うための十分な時間を確保できない可能性があります。これにより、交通事故につながるリスクが高まる恐れがあります。

    リコールの詳細と対象車両の情報を迅速に顧客に通知し、安全に関する意識を高めることが重要です。

    また、修理の手順、場所、期間を明確にし、顧客がスムーズに対応できるようにすることが望ましいです。

    ソフトウェア開発の検証プロセスを見直し、再発防止策を公表することで、顧客の信頼を回復することができます。顧客からの問い合わせに迅速かつ適切に対応するためのサポート体制を整えることも重要です。

    24/03/08 10:09


  • Inf_category_101  バーボンウイスキー 瓶口部が破損の恐れで自主回収

    瓶口部が破損していると、開封時に指や手を切る危険があります。また、破損したガラス片がウイスキーに混入している可能性があり、飲用時に口腔内を傷つける恐れがあります。

    顧客が返金を受ける際の手続きをできるだけ簡単にし、不便を最小限に抑えることが重要です。オンラインフォームや専用のカスタマーサービスラインの設置が効果的です。

    原因調査を徹底し、再発防止策を講じることで、製品の品質管理を強化します。また、その結果を顧客にも報告することで、安心感を提供できます。

    24/03/08 10:01


  • Inf_category_1  チキンスティック商品 ラベル誤貼付で自主回収

    事業者は、消費者が容易に自主回収へアクセスできるようにすることが大切です。店頭だけでなく、ウェブサイトやSNSを通じて情報を拡散し、可能な限り多くの消費者にリーチすることが望ましいです。

    次に、回収対象商品を購入した消費者に対して、返金や交換などの方法を明確にし、手続きを簡単にすることで、消費者の信頼を維持し、迅速な対応を促進することが必要です。

    また、アレルゲン表示の誤りが再発しないよう、品質管理プロセスの見直しと改善が求められます。印字工程での二重チェックの導入や従業員のトレーニングを強化することが効果的です。

    24/03/07 09:43


  • 洋菓子 消費期限誤印字で自主回収

    事業者は、誤印字が発覚した直後に、該当する商品の詳細と回収に関する情報を公開し、回収の周知には、店頭での告知だけでなく、ウェブサイトやSNSを活用することで、より広範囲に情報を拡散できます。

    次に、回収対象商品を購入した消費者への返金や交換の手続きを簡潔かつ容易に行えるようにすることが望まれます。これにより、消費者の信頼を保ちつつ、迅速な対応を促進できます。

    さらに、今後このような誤印字が発生しないよう、品質管理プロセスの見直しと改善が必要です。具体的には、印字工程における二重チェックの導入や、従業員のトレーニングを強化することが考えられます。

    24/03/07 09:34


  • Inf_category_6  ドリップケトル 表示内容誤り IH使用不可

    このような表示の誤りは、消費者が製品を安全に使用する上で重要な情報を欠くことになり、特にIHクッキングヒーターの使用不可という情報の欠如は、使用時の安全性に直接影響を及ぼす可能性があります。

    そのため、事業者は迅速かつ効果的な対応を取る必要があります。

    今後は表示内容の正確性を保証するための内部プロセスを見直し、改善することが望まれます。

    また、品質管理体制を一層強化し、製品の安全性と表示内容の正確性を確保することも大切です。

    24/03/06 13:56


  • Inf_category_1  ナポリタン商品 アレルゲン表示ミスで自主回収

    アレルギー表示は消費者の健康と安全に直結する重要な情報です。このため、誤ったラベルの貼付は、乳成分にアレルギーを持つ消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があります。

    アレルギー反応は軽いものから、時にはアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるため、このような表示ミスは危険です。

    誤ったラベルが貼付された製品は速やかに市場から回収し、消費者へのリスクを最小限に抑える必要があります。

    生産工程や品質管理体制の見直しを行い、同様のミスが再発しないようにするための対策を講じることが望まれます。


    24/03/06 13:51


  • Inf_category_1  鶏もつの炭火焼 一部アレルゲン表示欠落で自主回収

    「セブンプレミアム 国産鶏のレバーとハツを使用した鶏もつの炭火焼」で自主回収が報じられた。

    当該商品は、原材料表示ラベルが誤って他の製品のものになっていたため、アレルゲンである「鶏肉」の表示が欠落しています。

    これにより、鶏肉にアレルギーを持つ消費者が誤って摂取する危険があります。

    事業者は、原材料表示の誤りがないよう、品質管理プロセスを見直し、改善することや、定期的な監査を実施し、同様の問題が再発しないようにすることが望まれます。

    24/03/05 10:22


  • Inf_category_105  キャノンデール Dave リコール

    キャノンデールは、Daveの一部で、ヘッドチューブとダウンチューブの溶接部が損傷し、フレームから分離する可能性があることが判明したことにより、転倒や怪我の危険性があり、安全のためにフレーム交換を実施しています。

    溶接部の損傷は、走行中にフレームが突然分離し、ライダーが転倒するリスクを高めます。これは、重大な怪我や事故につながる可能性があります。

    新しいフレームに対して厳格な品質検査を実施し、同様の問題が再発しないようにすることと、安全基準を満たしていることを確認し、消費者に安心を提供することが望まれます。

    24/03/05 10:13


  • Inf_category_106  クレンジングミルク 一部中身分離する恐れ

    オーガニックコスメブランドのメイク落とし商品の一部のロットおいて、中身に分離が見られることが確認された事案です。

    分離した製品は、乳化状態が崩れているため、化粧品としての品質が低下している可能性があります。

    現在までに健康被害の報告はとのことですが、分離した製品を使用すると、肌に刺激やアレルギー反応を起こす恐れがあります。

    また、メイク落とし効果が低下することで、肌トラブルの原因となる可能性もあります。消費者の安全安心の期待に応える対応が望まれます。


    24/03/04 15:25


  • Inf_category_6  コーヒードリッパー 不具合で自主回収

    「コーヒードリッパー」の一部において、フィルターの構造が違いコーヒー抽出ができないものが混入したという事案です。

    このような商品の不具合は、消費者にとって不満や不安を引き起こす可能性があります。

    商品の品質管理や検査を徹底することで、不具合の発生や混入を防ぐことが必要でしょう。

    24/03/04 15:19


  • Inf_category_1  いか巻 ラベル誤貼付で自主回収

    「いか巻」のラベル誤貼付について、事業者は、顧客が製品をどのように返却すればよいか、簡潔でわかりやすい指示を提供する必要があるでしょう。

    「いか」にアレルギーを持つ消費者への注意喚起を行うことが重要です。

    事業者は、誤ったラベル貼り付けがどのようにして発生したのか、その原因と再発防止策を公表し、今後の品質管理の強化を約束することが望まれます。

    24/03/01 10:16


  • Inf_category_7  iRoomポータブル電源 火災の恐れでリコール

    「iRoomポータブル電源」のユーザーに対して、直ちに使用を中止するよう呼びかけ、安全な保管方法を案内する必要がある事案です。

    リコールの詳細と、出火の原因についての調査を実施してユーザーが理解しやすいように情報を提供することも大切です。

    また、問い合わせには迅速に対応し、交換手続きをスムーズに行えるように準備することも望まれます。

    今後同様の事故が起こらないよう、製品の設計や品質管理の見直しを行い、その改善策を実施する必要もあります。

    24/03/01 10:09


  • Inf_category_1  いりこにふぐの稚魚混入の恐れで自主回収

    ふぐの稚魚混入の混入は、消費者の健康に影響を及ぼす可能性がある問題です。

    ふぐの稚魚には、神経毒のテトロドトキシンが含まれており、食べると腹痛などの症状が現れる場合があります。
    事業者は、速やかに対象商品の特定と回収の実施を行う必要があるでしょう。

    また、混入の原因となった原材料の仕入れ先や加工者の管理を見直し、品質管理や製品管理のプロセスを改善する必要があります。特に、原材料の仕様やラベルの確認や検査には十分な注意を払う必要があります。

    24/02/29 16:30


  • Inf_category_4  MINICAB-MiEVブレーキ配管コネクター不具合でリコール

    MINICAB-MiEVは、軽商用電気自動車として、主にビジネスユーザーが乗ることを想定しています。配送業や郵便業など、移動範囲が限定的で、拠点に充電設備がある場合に適しています。

    ブレーキ配管コネクターの不具合は、運転者の安全に直接関わる問題です。ブレーキの故障を知らずに走行を続けると、事故や怪我の原因となります。

    事業者は、不具合の原因となった製造設備の管理を見直し、品質管理や製品管理のプロセスを改善する必要があります。

    24/02/29 16:25


  • Inf_category_7  延長コード(2m)に1mコード混在

    延長コードのケーブル長が1mと2mで混在しているという不具合は、消費者にとって不便や不満を引き起こす可能性があります。

    ケーブル長が短いと、電源に届かない場合や、コードが引っ張られて危険な場合があります。
    また、ケーブル長が長いと、余分なコードが邪魔になる場合や、コードが絡まって危険な場合があります。

    今後このような不具合が発生しないよう、品質管理や製品管理のプロセスを見直しと改善を行う必要があります。特に、製品の仕様やラベルの確認や検査には十分な注意を払う必要があります。

    24/02/28 17:10


  • Inf_category_4  ヤリス クロス他 コンビネーションメータ不具合でリコール

    ブレーキ警告灯が点灯しないという不具合は、運転者にとって重大な安全上の問題です。

    ブレーキの故障を知らずに走行を続けると、事故や怪我の原因となります。また、エンジン始動時に警告灯が点灯しないと、運転者は警告灯の故障に気づかない可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、速やかに修理を行うよう通知する必要があります。また、修理の内容や方法、期間、費用などを明確に説明する必要があります。

    事業者は、今後このような不具合が発生しないよう、品質管理や製品開発のプロセスを見直しと改善を行う必要があります。特に、プログラムの設計やテストには十分な注意を払う必要があります。

    24/02/28 17:06


  • Inf_category_1  ステックショコラ アレルゲン表示欠落で自主回収

    「ステックショコラ」一部商品に関して、アレルゲンである「乳成分」の表示が欠落していることは、アレルギーを持つ消費者にとって健康リスクをもたらします。

    乳成分に対するアレルギー反応は、軽度のものから生命を脅かすものまで様々であり、正確な表示は消費者の安全を守るために不可欠です。

    防止策として、製品のパッケージングプロセスにおいて、アレルゲン表示のチェックを徹底することが必要でしょう。

    また、従業員に対するアレルギー物質に関する教育を強化し、アレルゲン表示の重要性についての理解を深めることが重要と言えます。

    24/02/27 10:30


  • Inf_category_1  ボロネーゼドリア ラベル誤添付で自主回収

    誤った消費期限の表示は、食品の安全性に関わる問題です。消費者が賞味期限と誤認し、実際の消費期限を過ぎた製品を摂取することで、食中毒のリスクが高まる可能性があります。

    特に高齢者や免疫力が低下している人にとっては、健康被害のリスクがさらに高くなると言えます。

    事業者は、製造から販売までの各段階での品質管理プロセスを見直し、徹底することが大切です。

    また、従業員に対するラベル管理や食品安全に関する教育とトレーニングを定期的に行い、意識を高めることもできます。
    さらに、ラベル貼付け前のチェックシステムを導入して、誤添付を未然に防ぐことが望ましいです。

    24/02/27 10:25


  • Inf_category_4  マセラティ グレカーレ ハイブリッドシステム リコール

    このリコールは、配線組み付け工程の不適切な作業管理により、プラスケーブルの取り付けナットが規定値よりも低いトルクで締め付けられたことに起因しているということです。

    これにより、走行中の振動などでナットが緩むと、ハイブリッドシステムが機能しなくなり、警告灯が点灯する危険があります。

    最悪の場合、電気火花や過熱によって車両火災が発生する可能性があるため、重大な安全上の問題です。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、速やかに修理を行うよう通知する必要がありますし、今後このような問題が発生しないよう、作業管理プロセスの見直しと改善を行う必要があります。

    ユーザーの安全安心を優先した信頼に応える対応が望まれます。

    24/02/22 10:28


  • Inf_category_4  ランドクルーザー他 自動変速機の不具合でリコール

    トヨタの「ランドクルーザー」を含む3車種に関するリコールは、自動変速機とパノラミックビューモニターの不具合に関連しています。

    自動変速機は、多板クラッチのディスク形状および駆動伝達に関する制御が不十分であるため、ニュートラルレンジにシフトした際にクラッチが切り離されず、ブレーキペダルが踏まれていない状態で車両が動き出す可能性があります。

    パノラミックビューモニターは、制御プログラムが不適切であるため、カメラ映像が表示されず、車両周辺が確認できないことがあります。これは、保安基準第44条(後写鏡等の基準)に適合しない可能性があります。

    これらの問題は、運転中の安全性に直接影響を与えるため、リコールとしての対応が必要です。

    24/02/22 09:48


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.