• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_105  夏休みの子供の自転車事故に注意

    夏休みの時期になると、子供の自転車事故の発生について注意喚起を行う必要があるでしょう。

    自転車で下り坂を走行中、前輪がロックして転倒し、骨折した事例があり、前輪がロックした原因は、足が泥よけに接触して、泥よけが前輪に巻き込まれたためと推測されています。

    事故を防ぐためのポイントとして以下が挙げられています。
    ・走行中は、足が車輪や泥よけに接触しないように、つま先で確実にペダルを踏む。
    ・ハンドルにものをぶら下げて走行しない。荷物はかごに入れる。
    ・乗車前に車輪やハンドル、ペダルの緩みやブレーキの効き具合を確認する。
    ・購入後、初期点検を受ける。リコール対象製品ではないか定期的に確認する。

    23/07/27 11:02


  • Inf_category_6  オフィスチェアSWIN 転倒事故等につながる恐れ

    オフィスで使用者となる社員やお客様が転倒する恐れのあるイスは避けて安全な製品を使用したいと思う事案です。

    消費者としては、どのような品質管理体制がとられていたのか、今後このような不具合が再発しないようにどのような改善策が講じられるのかなど、より詳細な説明が求められます。

    回収・交換の方法についても、消費者にとっては手間や時間がかかる可能性がありますので、日程や方法を柔軟に対応したりすることで、消費者の利便性を高めることが望ましいです。

    オフィスチェア「SWIN」をご使用中又はお持ちの場合は、事業者のサイトで最新情報を確認する必要があるでしょう。

    23/07/27 10:52


  • Inf_category_4  BMW 320d他 計27車種のリコール

    このリコールは、BMWのディーゼルモデルの多くを含む大規模なものです。

    これは、BMWが採用しているディーゼルエンジンの排気ガス再循環装置(EGR)に共通の不具合であること考えられます。

    また、このリコールは、火災の危険性が高いことも懸念されます。
    ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べて燃費や排出ガスが優れているというイメージがありますが、EGRの管理や保守が不十分だと、環境に被害を与える恐れがあります。

    このリコールを機に、ディーゼルエンジンのEGR技術の向上や品質管理の強化に努める必要があるでしょう。
    また、消費者に対しては、リコールの対象車両や修理方法などを分かりやすく説明し、安心して乗っていただけるように信頼回復にに努めることも大切です。

    23/07/26 17:07


  • Inf_category_4  ジャガー I PACE リコール

    このリコールは、ジャガーの電動SUVモデルであるI PACEのみとのことですが、同じく電動SUVモデルであるE PACEやF PACEなど、他の車種にも影響がないかユーザーは不安かもしれないです。

    また、電動車のバッテリーに関するものであり、火災の危険性が高いことも懸念されます。
    電動車は、環境に優しいというイメージがありますが、バッテリーの管理や保守が不十分だと、逆に環境や人命に被害を与える恐れがあります。
    ジャガーは、このリコールを機に、電動車のバッテリー技術の向上や品質管理の強化に努める必要があるでしょう。

    また、ユーザーに対しては、リコールの対象車両や修理方法などを分かりやすく説明し、安心して乗っていただけるように配慮することも大切です。

    23/07/26 17:02


  • Inf_category_106  ハンドクリーム 製品 配合成分に誤記載で自主回収

    ハンドクリーム商品の一部で、製品に配合されている成分とラベルに記載されている成分が一致しないために、自主回収が発表されました。

    製品の安全性や品質に影響がある可能性もあります。製造元は、原因の究明と再発防止に努める必要があるでしょう。

    フェノキシエタノールは、防腐剤として化粧品に広く使用される成分で、殺菌力が強く、広範囲の微生物に効果があるとされています。化粧品基準では、配合制限成分に指定されており、100g中に1.0gまでしか配合できません。

    また、製品中に配合されていないDMDMヒダントインやTEAがラベルに記載されていることは、消費者に不安を与える可能性もあります。

    23/07/25 10:30


  • Inf_category_6  3COINSのオーロラグラス割れる恐れ

    3COINSのオーロラグラスは、色鮮やかで美しいデザインのグラスですが、使用中に割れる恐れがあるというのは残念です。

    割れた場合、ガラス片で手や口を切ったり、飲み物に混入したりする危険性がありますので、消費者の安全を第一にした対応が必要でしょう。

    オーロラグラスは形や色が似ている商品が多く存在するため、消費者に分かりやすい案内が必要となります。

    また事業者は、品質への信頼と安全安心のため、原因究明や再発防止に取り組む必要もあります。

    23/07/25 10:19


  • Inf_category_7  デジタルカメラ 水中使用後の充電にご注意

    デジタルカメラを水中で使用後、充電していたところ、カメラが発熱し、USBケーブルを抜いたところ、接続部から火が出たという事案が以前に発表されました。

    水中で使用後、正しい手入れを行わなかったため、USBコネクター内部に導電性異物が付着し、ショートが生じて異常発熱し、コネクター樹脂の一部が焼損したものと考えられます。

    取扱説明書には、「水中で使用した後は、真水にさらし、水気を切り、乾燥させる。水中での使用後、真水にさらさずに60分以上放置しない。カメラの外観不良・防水性能劣化の原因となる。」旨、記載されていたということです。

    リコール製品に限らず事故防止策として、製品設計や製造においては、水中で使用後にショートや発熱が起こらないような仕組みや機能を搭載することが望ましいです。また、製品の販売や使用前においては、消費者に対して水中での使用後の手入れに関する注意喚起を行うことも必要でしょう。

    23/07/24 10:26


  • Inf_category_7  エアコン使用中の異常にご注意

    エアコンを使用中、エアコン及び周辺を焼損する火災発生が以前にNITEで発表されました。

    エアコンの電源コードが途中でねじり接続されていたため、ねじり接続部で接触不良が生じて異常発熱し、火災に至ったものと考えられます。

    取扱説明書及び据付説明書には、「電源コードの加工、途中接続はしない。火災の原因になる。」旨、記載されています。リコール製品に限らず使用方法を誤るなら事故の危険性があります。

    エアコンの使用中は常に注意を払い、異常な音や臭い、発熱などが発生した場合はすぐに電源を切って専門家に相談することが必要です。また、定期的な点検や清掃も行うことで、エアコンの安全性を高めることができます。

    23/07/24 10:15


  • Inf_category_4  フェラーリ 296GTB 他 火災に至る恐れでリコール

    フェラーリは高級スポーツカーの代名詞であり、その品質や安全性には高い信頼が寄せられているのではないでしょうか。

    火災に至る可能性があるということは、重大な不具合です。フェラーリは速やかにリコール対象車両の修理を行い、消費者の安心と信頼を回復する必要があります。

    今回のリコールは、燃料装置と高電圧バッテリーの保護カバーという、異なるシステムの部品が接触することで発生する不具合です。
    フェラーリは、複雑化する車両のシステム間の相互作用や影響を十分に検討し、耐食性や絶縁性などの性能を確保することが重要だと考えます。

    消費者にとって魅力的な製品ですが、メーカーから十分な情報提供やアフターサービスを受けられることを確認することが大切です。

    23/07/21 16:49


  • Inf_category_7  三菱重工エアコン 一部電源アース線取付ネジ未装着

    三菱重工サーマルシステムズは、2023年3月~5月に製造したルームエアコン室内機の一部で、電源アース線の取り付けに使用するネジが未装着となっており、また据付説明書に一部誤記があり、電気用品安全法の技術基準を満足しないことがわかったと発表しました。

    安全上のリスクは極めて小さいとしていますが、無償点検・修理を実施するとしています。

    エアコンのアースが不完全だと、感電や火災などの危険があります。
    エアコンは高圧や大電流を扱う機器なので、故障や水濡れなどで漏電した場合、アースがないと人が触れたときに感電する可能性があります。

    リコールの発生原因や対策内容を詳しく説明し、消費者の信頼回復に努めることが必要でしょう。

    23/07/21 16:34


  • Inf_category_4  ゴルフGTI 2.0/180kW他 フロントストラットマウントの不具合

    フロントストラットマウントが変形していると、ボルトが緩んでしまい、走行安定性が低下するおそれがあります。

    走行安定性が低下すると、カーブやブレーキなどの操作に支障が出たり、車両の制御が難しくなったりすることで、事故のリスクが高まります。

    そのため、不具合のある車両は、早急に修理を受けることが必要です。

    メーカーは、不具合の原因究明や再発防止策を徹底することが求められるでしょう。また、リコールの対応を迅速かつ丁寧に行い、ユーザーの信頼回復に努めることが必要です。

    ユーザーは、リコールの対象車両かどうかを速やかに確認し、修理の手続きを行うことが望ましいです。


    23/07/20 09:42


  • Inf_category_6  ドアチェーン 28×150mm のリコール

    コーナンは、「ドアチェーン(28×150mm) 一部強度不足で外れる恐れがあるとしてリコール(回収&返金)を発表しました。

    ドアチェーンの強度不足により、以下のような危険が予想されます。

    ・ドアチェーンが外れると、不審者や侵入者にドアを開けられる可能性があります。ドアチェーンは、ドアスコープやインターホンで確認できない場合に、ドアを少し開けて相手を確認するための防犯対策として用いられます。しかし、強度不足のドアチェーンでは、その役割を果たせません。

    ・ドアチェーンが外れると、チェーンや連結リングが飛び出して、自分や家族に怪我をさせる可能性があります。また、ドアチェーンが外れたことに気づかずにドアを開けたり閉めたりすると、ドアや壁にぶつかって怪我をする可能性もあります。

    以上のような危険を未然に防ぐために、対象商品をお持ちの方は、速やかに確認を行う必要があります。

    23/07/20 09:33


  • Inf_category_4  セレナ他 計5車種ビークルコントロールモジュール不具合

    ニッサンは、e-POWER車や電気自動車といった先進的な技術を採用した車種を多数展開しており、環境に配慮したエコカーのリーダー的な存在です。

    しかし今回のリコールは、ビークルコントロールモジュールの不具合により、意図しない加速をするという危険な状況を引き起こす恐れがあります。

    ビークルコントロールモジュールは、車両の走行性能や安全性に直結する重要な部品であり、そのプログラムに不備があるということは、開発や設計の段階で基準を満たしていなかったことが考えられます。

    リコール対象車両は、2016年11月から2021年6月までに製造されたもので、約26万台に上ります。
    ユーザーに安全かつ快適に乗っていただけるよう速やかにリコール対策を実施し、信頼回復に努める必要があるでしょう。

    23/07/19 11:39


  • Inf_category_4  セレナ エンジンルームハーネスの不具合でリコール

    ニッサン セレナは、家族向けのミニバンとして人気が高く、多くのユーザーに信頼されている車種です。

    しかし、今回のリコールは、エンジンルームハーネスの不具合により、走行不能になるという安全性の問題を引き起こす可能性があります。

    エンジンルームハーネスは、車両の基本的な機能に関わる重要な部品です。その配策に不備があるということは、設計や製造のプロセスに問題があったことが考えられます。

    リコール対象車両は、2016年8月から2019年7月までに製造されたもので、約16万台に上ります。速やかにリコール対策を実施し、ユーザーに安心して乗っていただけるように努める必要があるでしょう。

    23/07/19 11:27


  • Inf_category_4  ニッサン ノート他ブローバイホース不具合でリコール

    このリコールは、開発段階で、ブローバイホースの劣化や亀裂の発生を検知するテストや試験の評価が不十分だったことが考えられます。

    メーカーは、ユーザーの安全安心のため、リコールの原因究明と再発防止策を徹底的に行う必要があるでしょう。

    リコールの影響は、走行不能になるおそれがあるという重大なものです。走行中にモーターが停止すれば、事故や怪我につながる可能性が高くなります。

    リコール対象車は約48万台にも及びます。このような多数の車両に対して、迅速かつ確実に改善対策を実施することが求められます。

    23/07/18 14:15


  • Inf_category_4  ノートオーラ ヘッドランプ不具合でリコール

    リコールの対象は、令和4年4月1日から令和4年10月20日に製造された6,434台です。

    リコールの原因は、右側前照灯の光軸調整設備の設定が不適切だったため、光軸が保安基準を満たしていないおそれがあるということです。

    一般的に光軸に問題があると、対向車や歩行者に眩しさを与えることで、事故の原因になります。
    光軸が上向きにずれていると、ヘッドランプの光が対向車の運転者の目に入りやすくなります。

    また自分の視界が悪くなることで、安全な運転ができなくなる可能性もあります。
    光軸が左右にずれていると、カーブや交差点で曲がる方向が見えにくくなります。

    23/07/18 14:07


  • Inf_category_102  サンダル商品 中底表面の塗装剥がれでリコール

    このリコールは令和5年7月7日にユナイテッドアローズから発表されたもので、令和5年3月1日~令和5年6月30日に販売された「green label relaxing サンダル」の一部商品が対象です。

    サンダルは夏の定番アイテムであり、多くの消費者が新しいサンダルを購入することでしょう。

    ブランドに対する信頼性への影響が考えられるので、早急に対象商品の回収・処理を完了し、サンダル商品の魅力をキープする必要があるでしょう。

    23/07/14 14:40


  • Inf_category_4  インプレッサ ソフトウェアのチェック不備でリコール

    「スバル インプレッサ」のソフトウェアのチェック工程が不適切なためリコールが発表されました。

    令和5年5月22日~令和5年6月14日に製造されたインプレッサの144台が対象です。

    車両の製造において、電装品チェック工程の設備設定が不適切だったため、一部電装品のソフトウェア情報読み出し可否確認ができていなかったということです。

    車両の安全性や性能に直接的な影響はないとされていますが、メーカーの品質管理体制に問題があったのではないかと考えられます。

    インプレッサはスバルの主力車種であり、新型モデルは先進的なデザインや機能を備えています。今後、より厳格な品質管理体制を確立し、顧客の信頼に応えるような対応が必要と言えます。

    23/07/14 14:17


  • Inf_category_101  阿蘇のメイスイ 一部異物混入の恐れで自主回収

    「阿蘇のメイスイ330ml くまモンVer.ハート」の一部商品において、製品内に蜘蛛が混入していたとの申し出により、自主回収すると発表されました。

    自主回収は、消費者の安全を守るために適切な対応であると考えます。製品内に異物が混入することは、食品衛生法に違反するだけでなく、消費者の健康被害や不安を引き起こす可能性もあるため、消費者の不安を速やかに解消する必要があるでしょう。

    しかし、このような混入事故が起こった原因や背景を明らかにすることも重要だと言えます。

    阿蘇のメイスイは、南阿蘇の天然水をボトリングした商品で、人気のくまモンパッケージで販売されています。この商品は、天然水の清潔さや安全性をアピールするものであり、消費者はその品質に期待して購入することもあるはずです。消費者の期待に応える丁寧な対応が必要でしょう。

    23/07/13 10:31


  • Inf_category_4  RAV4 PHV他計2車種DC-DCコンバータ不具合でリコール

    「トヨタ RAV4 PHV他 計2車種」のDC-DCコンバータに不具合があり、火災に至るおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出たことは、消費者の安全を守るために重要な対応であると考えます。

    DC-DCコンバータとは、直流を直流へ変換する装置の名称で、プラグインハイブリッドシステムの電圧変換装置として使用されています。
    この装置の故障が原因で、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止するおそれがあるということは、運転中に重大な事故につながる可能性があります。そのため、速やかに対策品に交換対応が必要となります。

    また、トヨタ RAV4 PHVのリコールは今年の2月にも発生しており、その時はプラグインハイブリッドシステムのバッテリの充放電制御が不適切なために起こったとされています。

    トヨタのRAV4 PHVは、高い燃費性能や走行性能を持つ人気の車種ですので、今回のリコールを機に、安全性や信頼性を高めることで、消費者の満足度を向上させることを期待します。

    23/07/13 09:58


  • Inf_category_7  ごみ処理施設でリチウムイオン電池発火の危険

    ごみ処理施設での発火事例は、リチウムイオン電池(LIB)が原因となることが多いこと言われています。
    リチウムイオン電池は、スマートフォンやタブレットなどの充電式製品に使用されており、外力や衝撃によって内部ショートして発火する危険性があります。

    そのため、リチウムイオン電池を使用している製品は、一般のごみとして捨てることはできません。家庭から出る場合は、市町村のごみ捨てルールに従って、家電量販店やホームセンターなどに設置されているリサイクルボックスに持ち込む必要があります。

    リチウムイオン電池については、リコール情報の確認だけでなく、適切な処分方法も広く周知することが重要だと考えます。
    これらの対策は、消費者や自治体だけでなく、製品メーカーや販売店も協力して行うべきだと考えます。

    23/07/12 13:57


  • Inf_category_105  ヤマハSR400 騒音ラベル不具合でリコール

    「ヤマハ SR400」の騒音ラベルに不具合があり、リコールが発表されました。

    騒音ラベルとは、オートバイの騒音に関する情報を表示するためのラベルで、協定規則第41号に基づいて作られます。
    この規定により、オートバイの騒音は、近接排気騒音値と加速走行騒音値の2種類で測定されます。

    ヤマハ SR400は、1978年に初代モデルが発売されて以来、多くのファンに愛されてきたロングセラーモデルです。
    しかし、この度、騒音ラベルにおいて、記載内容の検討が不十分なため、近接排気騒音値、加速走行騒音値及びスロットル全開加速の開始時の平均車速が誤った値となっていることが判明し、リコールを届け出ました。

    ヤマハ発動機がこの問題を教訓として、今後の品質管理や情報開示に努めることと、「SR400」の魅力や価値を損なわないように、オーナーやファンの声に耳を傾けることも大切だと感じます。

    23/07/12 13:43


  • Inf_category_6  高温によるエアゾール缶の事故に注意

    スプレー缶は、虫よけスプレーや冷却スプレーなど高圧ガスが使われているエアゾール缶には、噴射剤にLPガス(プロパン、ブタン)やDME(ジメチルエーテル)が使用されています。

    エアゾール缶が高温にさらされると、これらの噴射剤が気化して内部圧力が上昇し、エアゾール缶が破裂することがあります。

    スプレー缶の破裂事故は、使用時や廃棄処理時に発生することが多く、やけどや皮膚障害、呼吸困難などの重大な被害をもたらすことがあります。

    スプレー缶を安全に使用するためには、以下の点に注意する必要があります。
    ・火気や高温の場所で使用しない。
    ・使用後は噴射口をきれいにする。
    ・子供の手の届かない場所で保管する。
    ・保管期限を守る。
    ・廃棄前に必ず残存ガスを抜く。

    スプレー缶は便利な製品ですが、日頃からリコール情報のチェックと、正しい使用・保管・廃棄方法を守って事故を防止することが重要だと考えます。

    23/07/11 09:21


  • Inf_category_112  ミネドリン 製造方法の一部に相違で自主回収

    「ミネドリン」は、滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労などの場合の栄養補給を目的とした医薬部外品です。
    疲れが溜まっている人や栄養不足を感じている人が飲んでいることが多いと思われます。

    メーカーが行った自主点検の結果、製造販売承認書の製造方法等の一部に相違があることが判明したため、使用期限内(2023年5月~2026年3月)の全ロットを自主回収することが発表されました。

    製品の出荷時の試験で製品規格に適合していることから、安全性に問題はなく、重篤な健康被害が生じる可能性はないと考えらます。

    しかし、製造販売承認書の製造方法等の一部に相違があることは、消費者の信頼に影響することが考えられるので、その原因や再発防止策についても明らかにする必要があるでしょう。

    23/07/11 08:52


  • Inf_category_4  VWID.4アウタードアハンドル不具合でリコール

    「フォルクスワーゲン ID.4」のアウタードアハンドルに不具合があるとしててリコールが発表されました。

    電気自動車(EV)市場で競争力を高めるため、フォルクスワーゲンは、ID.4を含むIDシリーズを展開しています。
    ID.4は、2021年の世界カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた人気のモデルです。

    アウタードアハンドルの不具合は、意図せずドアが開くと、乗員や歩行者に危険を及ぼす恐れがあるため、安全性に直結する問題です。
    また、ドアが開いたまま走行すると、燃費や性能にも悪影響を与えるかもしれません。

    フォルクスワーゲンは、ユーザーの信頼回復のためにも原因を究明し、対策を講じる必要があります。
    不具合が発生した原因は、製造管理が不適切だったことが考えられますので、品質管理体制を見直し、再発防止に努める必要があるでしょう。

    23/07/10 10:36


  • Inf_category_2  ロンハーマンのオリジナルデニムでファスナー不良

    「ロンハーマン」は、カジュアルで洗練されたアメリカンスタイルを好む人にとってお気に入りブランドの1つかもしれません。

    「ロンハーマン」の「RH Vintage」ブランドのオリジナルデニムのファスナーに不良があるため部品交換を実施するという発表がありました。

    ファスナーのスライダーのロック機能に不良があると、着用時にファスナーが開いてしまう可能性があります。

    デニムはファッションアイテムとしても重要な役割を果たすため、品質やデザインにこだわりを持つ消費者も多いはずです。今後、このような不良が再発しないように、ファスナーの選定や検査の強化、仕入先との連携などを行うことが必要かもしれません。

    消費者としては、リコール対象商品を購入している場合は、速やかに店舗に連絡し、無償修理を受けるようお勧めします。

    23/07/10 08:53


  • Inf_category_105  ホンダ スーパーカブ110プロ リコール

    ホンダ スーパーカブ110プロは、世界で最も売れているバイクの一つであり、多くのユーザーに愛されています。

    スーパーカブ110プロの前輪ブレーキに不具合があり、リコールが発表されました。

    前輪ブレーキが効かなくなるというのは、危険な状態であり、重大な事故につながる恐れがあります。ユーザーの安全が最優先にされるべきです。

    リコールの対象となる車両は、2021年7月から2021年9月までに製造されたもので、約1万6000台に上ります。

    ユーザーの信頼回復のため、再発防止策を講じる必要があるでしょう。またユーザーへの情報提供や対応策の実施には、迅速に行う必要があります。

    23/07/10 08:52


  • Inf_category_4  トヨタGRヤリス防水用キャップ不具合でリコール

    トヨタ GRヤリスは、購入者の多くはラリーに興味がある人や、スポーツ走行を楽しみたい人かもしれません。

    防水用キャップが組付けられていないというのは、作業指示の不適切さだけでなく、品質管理の不備も指摘される問題と考えられます。

    高圧洗車等により電気配線が被水することは、泥汚れの車を洗車する環境では避けられないリスクで、設計や材料の選定にも問題があったのではないかと考えられます。

    番号灯や補助制動灯が機能しなくなると、交通安全の観点で事故原因にもなりかねない欠陥であり、ドアロックが機能しなくなると、盗難や不法侵入の危険性も高まるかもしれません。

    メーカーは今後、このような不具合が再発しないように、作業指示の見直しや品質管理の強化、設計や材料の改善などを行う必要があるでしょう。

    23/07/10 08:50


  • Inf_category_112  パテックスうすぴたシップ 自主回収

    外用鎮痛消炎薬「パテックスうすぴたシップ」について自主回収が発表されました。
    「パテックスうすぴたシップ」は、肩こりや腰痛などに効果的な人気の貼り薬であり、多くのユーザーに利用されています。

    そのため、このような回収が発生したことは、ブランドイメージにも影響を与える可能性があるかもしれません。

    回収の原因となった添加物の規格超過は、わずかなものであり、重篤な健康被害が発生するおそれはないとされていますが、ユーザーの安全を最優先に考える必要があるでしょう。

    回収の対象となる製品は、2021年2月から2021年5月までに製造されたもので、約71万箱に上ります。ユーザーの安全を優先した再発防止策を講じる必要があるでしょう。

    23/07/07 14:26


  • Inf_category_4  アウディQ2 35T Cod他コントロールユニット不具合でリコール

    「アウディ Q2 35T Cod他 計3車種」のオンボードサプライコントロールユニットに不具合があるというリコールは、ヘッドライトの高さが正しく調整できないおそれがあるというものです。

    このリコールは、2,235台が対象で、2023年7月4日から改善措置が開始される予定です。

    ヘッドライトの高さ調整機能の安全性や信頼性に関わる問題であると考えられます。ヘッドライトの高さ調整機能は、車両の荷重や路面状況に応じて、ヘッドライトの光軸を自動的に最適な位置に調整することで、夜間や悪天候時の視界を確保し、対向車への眩惑を防止するための技術です。

    しかし、その一方で、ヘッドライトの高さ調整機能が正しく作動しないと、逆に視界が悪化したり、対向車に眩惑を与えたりする可能性もあります。そのため、ヘッドライトの高さ調整機能を搭載した車両は、保安基準に厳密に適合し、正確に機能することが求められます。

    ユーザーに安全で快適な運転体験を提供することが求められます。

    23/07/05 10:23


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.