• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_7  ワクシングアイロン 電源OFFでも通電の恐れ

    「ワクシングアイロンHandy」は、スキーやスノーボードのワックスをかけるためのアイロンです。

    電源がOFFの状態でも通電し、プレートの温度が上昇するという欠陥が発見されました。この欠陥により、火災や火傷などの重大な事故が発生する可能性があります。

    事業者は、リコールの対象商品を速やかに回収し、返金や無償修理などの適切な対応を行う必要があります。

    また、リコールの原因や対策、今後の予防策などを消費者や関係機関に対して説明し、信頼回復に努めることが望まれます。

    23/12/20 08:52


  • Inf_category_1  あん餅 一部ラベル誤貼付で誤表示

    ラベルの貼り間違えは、消費者にとって混乱を招くだけでなく、アレルギーなどの健康被害のリスクを高める可能性があります。
    また、事業者にとっても、回収や交換のコストや時間、信用の低下などの損失が発生する可能性があります。

    ラベルの貼り間違えを防ぐためには、以下のような対策が有効と考えられます。
    * ラベルの印刷や貼付の際に、複数の人が確認する。確認者は定期的に変える。
    * ラベルの確認には、指差し呼称やデジカメで撮影するなどの方法を用いる。
    * ラベルの管理には、色分けや区別しやすい記号を用いる。
    * ラベルの在庫管理には、使用期限や在庫数を明確にする。

    23/12/19 15:51


  • Inf_category_4  I-PACE ヒーターモジュール不具合でリコール

    電気自動車の安全性に関わる事案であり、消費者の信頼を損なう可能性が高いと考えられます。
    暖房装置及びデフロスタが使用できなくなると、フロントウィンドウやリアウィンドウが曇って視界が悪くなることがあります。

    メーカーは、正確な情報提供を行い、消費者の安全を最優先に対応する必要があるでしょう。

    最寄りの正規ディーラーで無償でヒーターモジュールを交換するとしており、この対策は適切であると評価できますが、修理の期間や予約の方法など、具体的な手順や注意事項を明確に伝えることも大切です。

    また、不具合の再発防止に向けて、品質管理や安全性評価の体制を強化によって、信頼に応えることも必要です。

    23/12/19 15:39


  • Inf_category_6  キッチンアイテム 16種 素材誤表記

    「Horo series」16種の素材誤表記は、消費者の購買判断に影響を与える可能性がある問題と言えます。素材によっては、耐久性や耐熱性、錆びやすさなどの特性が異なります。
    また、アレルギーなどの健康上の問題も考慮する必要があります。

    事業者は、誤表記の原因や発覚方法、対策内容など、必要情報を公開し適正な対応をとることが必要でしょう。

    また、誤表記の再発防止に向けて、品質管理や表示管理の体制を強化することも望まれます。

    23/12/18 16:51


  • Inf_category_4  I-PACE バッテリーエネルギーコントロールモジュールに不具合

    「ジャガー I-PACE」のバッテリーエネルギーコントロールモジュールに不具合があるというリコールは、電気自動車の安全性に関わる事案です。

    火災が発生するおそれがあるということは、利用者に危険を及ぼす可能性があります。また、電気自動車の普及にも悪影響を与える可能性があります。

    事業者は、対象となる車両のオーナーに対して、速やかに改善措置の実施を呼びかける必要があるでしょう。

    不具合の原因や発生機序、発見方法や対策内容など、技術的な詳細を明らかにし、同様の問題が再発しないように品質管理や安全性確保の体制を強化することが望まれます。

    23/12/18 16:45


  • Inf_category_4  フォレスター他 フロントドライブシャフト不具合でリコール

    リコールの原因となるのは、フロントドライブシャフトの一部において、熱処理が不適切で強度が不足しているものがあることです。
    これにより、使用過程で亀裂が進展し、アウターレースが破損し動力伝達不良となり、最悪の場合、トランスファクラッチが損傷し、走行不能に至るおそれがあるとされています。

    走行中に動力伝達不良が発生すると、車両の制御が困難になり、事故や怪我の原因となる可能性があります。

    走行不能に至ると、車両の移動や修理が困難になり、利用者の生活に影響を与える可能性があります。また、道路の渋滞や交通事故の原因となる可能性もあります。

    メーカーは、リコールの原因となった製造工程の改善を行い、品質管理や安全性確保の体制や基準を強化し、信頼回復に努めることが望まれます。

    23/12/15 10:19


  • Inf_category_4  A180他 ESPコントロールユニット不具合でリコール

    メルセデス・ベンツの一部車種において、ESPコントロールユニットの制御プログラムが不適切なため、リコールが発表されました。

    ESPは、車両の横滑りを防止するために、車輪の回転速度や車体の傾きなどを検知して、必要に応じてブレーキやエンジン出力を制御する装置です。

    制動灯が点灯する要件の法規に適合しないことは、道路運送車両法に違反することになります。

    不具合の原因と対策の内容を公表し、消費者の信頼を回復するため、再発防止策として、ESPコントロールユニットの品質管理とテストを強化することが望まれます。

    23/12/15 10:12


  • Inf_category_4  AMG SL63 4MATIC+ 電源配線の不具合でリコール

    このリコールは、高級スポーツカーの安全性に関わる重大な不具合であり、事業者は速やかに対象車両の特定と回収・修理を行う必要があるでしょう。

    電源配線の短絡により火災に至るおそれがあるものであり、消費者の生命や財産に危害を及ぼす可能性があります。

    ユーザーに対しては、リコールの内容と対策方法をわかりやすく説明し、安心して乗車できるように配慮する必要があります。

    この不具合は、配索設計の不適切さに起因するものであり、事業者は設計プロセスの見直しや品質管理の強化を行うことで、再発防止に努めることが望まれます。
    また、同様の不具合が他の車種にも存在する可能性があるため、広範な調査や検査を実施し、必要に応じて自主回収や改善対策を講じることも必要もあるかもしれません。

    23/12/14 15:02


  • Inf_category_4  ホンダ CR-V バッテリケーブル不具合でリコール

    「ホンダ CR-V」のバッテリケーブルに不具合があるというリコールが発表されました。

    火災の危険性があることから、速やかに対象車両の回収・修理を行う必要があります。

    メーカーは、リコールの原因となったバッテリケーブルの設計や製造に関する問題を調査し、再発防止策を策定する必要があるでしょう。

    バッテリケーブルに不具合があると、側面衝突の衝撃でケーブルが短絡し、電流が流れ続けることがあります。これにより、ケーブルが発熱し、火災に至るおそれがあります。

    23/12/14 14:54


  • Inf_category_1  さといも 一部残留農薬基準超過で自主回収

    残留農薬基準を超えた食品は、消費者の健康に潜在的なリスクをもたらす可能性があります。

    今回のケースでは、ダイアジノンが0.03ppm検出されたことが問題となっています。ダイアジノンは有機リン系の殺虫剤であり、アセチルコリンエステラーゼ活性を阻害する作用機構を持っています。

    今回の検出値は、体重50kgの人が「円空さといも」を1kg未満であれば、毎日、一生涯、食べ続けても健康に悪影響が出ないと考えられる量であるとされています。しかし、安全性を確保するためには、基準値を超えた製品の回収は適切な措置です。

    今後の再発防止策として、農薬の使用基準を厳守し、定期的な残留農薬検査を実施することで、安全な食品の提供が望まれます。

    23/12/13 09:57


  • Inf_category_6  やわらかポンポンボール ミシン針混入の恐れでリコール

    「やわらかポンポンボール」にミシン針が混入した問題について、製造過程での異物混入は、子供の安全に直接的な危険を及ぼす可能性があります。

    特に、対象年齢が3歳以上の子供向け商品であるため、誤ってミシン針を口に入れるなどの事故が発生するリスクが考えられます。

    事業者は迅速かつ適正にリコール情報を公開し、消費者に対して具体的な回収方法や交換プロセスを明確に伝える必要があるでしょう。

    また、製造過程における品質管理体制の見直しと強化を行い、今後同様の問題が発生しないよう対策を講じることが重要と言えます。

    事業者は、今後このような事態を防ぐためにも、製造から販売に至るまでのプロセス全体を見直し、安全管理を徹底することが重要です。また、信頼回復に努めるためにも消費者とのコミュニケーションを密にすることも望まれます。

    23/12/13 09:51


  • Inf_category_1  黄金かれい 保存温度,消費期限誤印字で自主回収

    「黄金かれい(解凍)」の保存温度表記および消費期限印字の間違いに関する自主回収について、事業者は迅速かつ正確な情報提供を行い、消費者の安全を最優先に対応する必要があるでしょう。

    事業者は今後の予防策として、原材料の品質管理を強化し、定期的な検査を行うことで、同様の問題が再発しないようにすることが望まれます。

    また消費者庁や関連機関との連携を密にし、自主回収・リコール情報の共有と拡散を図ることで、より多くの消費者にリコール情報が届くようにすることで、健康被害の未然防止に繋がります。

    23/12/12 14:05


  • Inf_category_1  かりんとう 原料(小麦粉)に基準値超過の赤カビで自主回収

    「かりんとう」に関する自主情報について、事業者は回収方法について明確に情報を提供し、安心を与える必要があるでしょう。
    また、回収対象商品の購入者は、開封・未開封に関わらず問い合わせ窓口に連絡し、対応方法を確認するとことを推奨します。

    次に、事業者は今後の予防策として、原材料の品質管理を強化し、定期的な検査を行うことで、同様の問題が再発しないようにすること望まれます。

    デオキシニバレノール(DON)は、赤カビの一種によって産生されるマイコトキシンであり、主に小麦、大麦、オート麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物に発生します。

    事業者は消費者の安全と信頼を守るために、適正な対応が必要と言えるでしょう。

    23/12/12 13:59


  • Inf_category_4  NSX 燃料ポンプに関するリコール

    「ホンダオブアメリカ NSX」の燃料ポンプに関するリコールについて、高級スポーツカーであっても、技術的な不具合は発生する可能性があります。重要なのは、事業者が問題を認識し、迅速かつ適切に対応することです。

    事業者は、リコール情報を速やかに公表し、対象車両の所有者に直接通知すること、対象車両に対して無償修理や部品交換を行うことが必要です。
    消費者の信頼を維持するためにも、品質管理の強化として、原因となった成形条件の見直しを含む品質管理体制の改善を行い、再発防止策を講じることが望まれます。

    ユーザーは、リコールの対象となる車両かどうかを確認し、該当する場合は指定された方法で対応を受ける必要があるでしょう。

    23/12/11 14:32


  • Inf_category_1  チルド餃子 一部賞味期限誤印字で自主回収

    「チルド20個餃子」の賞味期限に関する誤印字の件について、事業者は迅速に回収を行い、消費者に対して十分な情報提供と適切な対応を心がける必要があるでしょう。

    再発防止策として、誤印字の原因を徹底的に調査し、品質管理体制の見直しや改善策を講じることが望まれます。

    消費者は、購入した商品が対象かどうかを確認し、対象商品であれば指定された方法で返送することが必要です。

    食品の安全安心のため、事業者と消費者双方に適正な行動が求められます。

    23/12/11 14:25


  • Inf_category_4  N-BOX他 計25車種 低圧燃料ポンプ不具合でリコール

    ホンダは、リコール対象車両の低圧燃料ポンプを対策品と交換する改善措置を行っており、最寄りの販売店での点検・修理を受けるよう案内しています。

    今後はリコール発生の根本原因を徹底的に解明し、再発防止に向けた取り組みを強化することが求められます。

    一般的に、低圧燃料ポンプに不具合がある場合、以下のような危険が生じる可能性があります。

    ・不具合のある低圧燃料ポンプは、燃料の供給が不安定になることがあり、最悪の場合、エンジンが停止し、走行中にエンスト(エンジンストール)に至るおそれがあります。

    ・エンジンが突然停止すると、運転中の車両が予期せず動力を失い、交通事故につながる危険性が高まります。
    ・エンジンが始動しなくなることもあり、これにより車両が使用不能になる可能性があります。

    このようなリスクを避けるためにも、リコール対象車両の所有者は、速やかに指定されたディーラーに連絡し、無償の修理を受けることが推奨されます。

    23/12/08 15:48


  • Inf_category_1  一部冷凍ピザ商品 保存温度逸脱で自主回収

    冷凍ピザ商品で、保存基準マイナス15℃以下を逸脱した状況で販売されたことが確認されました。

    保存温度が基準を逸脱すると、食品の品質や安全性が低下し、消費者の健康に影響を及ぼす可能性があります。

    今後同様の問題が発生しないよう、保存管理体制の見直しや改善を行うことは重要と言えます。

    ピザは幅広い年齢層で食される人気商品ですで、安全安心な食品の提供を通じて、消費者の信頼を維持し、企業価値を高めることが望まれます。

    23/12/07 10:28


  • Inf_category_6  エアーコンプレッサ(JUN-AIR) フィルタ製品リコール

    エアーコンプレッサ(JUN-AIR ブランド)に使用されているフィルタ製品のリコールが公表されました。

    製造されたフィルタ製品で、金属製ボウルが破裂するという極めて少数の不具合が確認されましたとのことです。

    フィルタボウルが破裂すると、使用者がけがをするおそれがあります。これは、製品の安全性に関わる重大な問題です。リコールを通じて、消費者の安全を確保し、信頼を維持することが重要と言えます。

    今後同様の問題が発生しないよう、製品の品質管理体制の見直しや改善を行うことも重要です。安全な製品の提供を通じて、消費者の信頼を維持し、企業価値を高めることができるでしょう。

    23/12/07 10:15


  • Inf_category_4  プリウス 事故自動緊急通報装置に不具合でリコール

    トヨタは、事故自動緊急通報装置に不具合があるとして、プリウスを含む複数の車種に対するリコールを国土交通省に届け出ました。

    この不具合は、車載通信モジュールの制御プログラムが不適切であるため、音声データと通信データ間の相互変換ができない場合があり、緊急時に音声通話ができないというものです。

    リコールの詳細と修理の手続きについて、顧客に対して迅速かつ明確に情報を提供することが重要です。

    また、顧客がスムーズに修理を受けられるよう、修理プロセスを効率化し、待ち時間を最小限に抑えることも望ましいと言えます。

    23/12/06 14:49


  • Inf_category_4  プジョー3008 HYBRID4 駆動用バッテリー不具合でリコール

    プジョー3008 HYBRID4を含む複数の車種に関するリコールが公表されました。

    リコールの内容には、駆動用バッテリーの不具合による火災のリスクが含まれており、バッテリーケース底面の防錆処理が不十分であるため、長期間使用すると錆が発生し、穴が開く可能性があるとされています。

    これにより、バッテリーケース内に水が侵入し、短絡が発生することで、車両の走行停止や火災に至る恐れがあるとのことです。

    メーカーは、安全性の向上のため、リコール対象となった部品の設計や製造プロセスを見直し、同様の問題が再発しないように改善する必要があるでしょう

    23/12/06 14:44


  • Inf_category_1  いぶりがっこスライス 一部異物混入の恐れ

    「いぶりがっこスライス210g」の異物混入(金属片)の原因は、製造過程での機器の破損や部品の脱落、検査機器の不具合などが考えられます。

    事業者は、該当商品の製造工程や品質管理を見直し、再発防止に努める必要があるでしょう。

    一般的に、異物混入を防ぐためには、持ち込み品のルールを徹底し、衛生帽子や衛生白衣、手袋などを適切に使用することが重要と言われています。

    また、検品や清掃、洗浄などの作業を正確に行い、消毒剤や洗浄剤などの化学物質の誤使用を避けることも必要です。

    さらに、従業員へ定期的に研修を行い、異物混入に対する意識を高めることも効果的です。

    23/12/05 11:00


  • Inf_category_102  ブーツ ヒール剥がれる恐れで回収・修理

    ソールのヒール部分が剥がれる原因は、製造過程での接着剤の不良やソール素材の劣化などが考えられます。

    事業者は、該当商品の製造工程や品質管理を見直し、再発防止に努める必要があるでしょう。

    一般的に、靴のヒールが剥がれる危険性について、以下のようなことが考えられます。

    ・歩行中にバランスを崩して転倒し、怪我をする可能性があります。特に階段や坂道などでヒールが剥がれた場合は、事故につながる恐れがあります。

    ・ヒールが剥がれたまま歩くと、靴の本体や足に負担がかかり、靴の寿命を縮めたり、足の痛みや疲労を引き起こしたりする可能性があります。

    23/12/05 10:49


  • Inf_category_101  シリカシリカ 一部基準値超える臭素酸検出で自主回収

    シリカシリカは、シリカというミネラルを含むナチュラルミネラルウォーターです。
    シリカは、肌や髪、血管、細胞壁、爪などに存在しており、コラーゲンやエラスチンの結びつきを強化したり、関節の動きをスムーズにしたりすることに役立つといわれています。

    一部商品で「臭素酸」が基準値0.01mg/L以下に対し0.023mg/L検出されたため回収が発表されました。

    臭素酸は、人体に有害な物質であり、発がん性や甲状腺機能低下症などのリスクが指摘されています。
    事業者は、水質分析や品質管理を徹底し、食品衛生法に定められた成分規格を遵守する必要があるでしょう。

    回収の対象となる商品の写真やバーコード番号などの詳細情報の公表により、消費者の判別を容易にすることができます。

    23/12/04 10:04


  • Inf_category_1  リンツ ウエハースバー 卵の表示欠落で自主回収

    ウエハースバーとは、チョコレート菓子の一種でウエハースの間にミルクチョコレートが挟まれており、サクサクとした食感が特徴です。

    一部のリンツ ウエハースバーにおいて、アレルゲン表示の欠落が発覚したと発表しました。
    原材料に「卵黄」を記載しているものの、特定原材料「卵」の表記が漏れていたということです。これにより、卵アレルギーのある消費者に健康被害が生じる可能性があります。

    事業者は、原材料の管理や表示の確認を徹底し、再発防止に努める必要があるでしょう。

    回収の対象となる商品の写真やバーコード番号などの詳細情報を公表することで、消費者の判別を容易にすることができます。

    23/12/04 09:42


  • Inf_category_1  いくら細巻 一部ラベル誤貼付で特定原材料表示欠落

    「いくら細巻」において、「ネギトロ細巻」のラベルを貼付したことは、消費者のアレルギーに関する誤認を招く可能性があるものです。

    事業者は、ラベルの貼付ミスを発見した時点で、速やかに回収や公表などの対応を行うことが求められます。回収の対象となる商品を購入した消費者には、連絡手段を用いて、回収の内容や対応方法を通知することが望ましいです。

    事業者にとって商品の製造や表示に関する法令や基準を遵守することは基本です。アレルギー物質を含む商品については、消費者の健康に直接関わるため、適正な品質管理や表示管理を行うことが重要と言えます。

    23/12/01 15:03


  • Inf_category_4  アウディ e-tron GT 他 高電圧バッテリー不具合でリコール

    アウディ e-tron GT 他 計2車種の高電圧バッテリーに不具合があるという事実は、消費者の安全や信頼に影響を与えるものです。
    メーカーは、リコールの対象となる車両の特定や修理などの対応を適切に行うことが求められます。

    一般的に、高電圧バッテリーの火災の危険性について、以下のようなことがあります。

    高電圧バッテリーは、製造工程や事故などで密閉性が損なわれると、水分が浸入して絶縁抵抗が低下し、アーク放電や熱暴走という現象が発生する可能性があります。
    これらの現象は、バッテリーの温度と圧力を急激に上昇させ、発煙や発火、爆発などの火災につながるおそれがあります。

    23/12/01 14:55


  • Inf_category_4  Taycan4S他 高電圧バッテリー不具合でリコール

    ポルシェの高電圧バッテリーの不具合は、安全上の問題であり、消費者の信頼を損なう可能性が高いと言えます。

    ポルシェは、リコール対象の車両のオーナーに速やかに連絡し、無料でバッテリーの交換や修理を行うことが必要です。

    高電圧バッテリーの不具合が他の自動車メーカーにも影響を及ぼす可能性があることを考慮し、関連する業界団体や行政機関と連携し、安全基準の見直しや技術的な支援を提供することが望まれます。

    23/11/30 16:55


  • Inf_category_1  原料(小麦)に基準値超過のカビ毒で自主回収

    カビ毒(デオキシニバレノール)とは、小麦や大麦などの穀類に発生する赤かび病の病原菌によって産生される化学物質で、人や家畜が摂取すると中毒症状を引き起こすことがあります。

    日本では、2002年に小麦に含まれるカビ毒(デオキシニバレノール)の暫定的な基準値として、1.1 mg/kgを設定されています。この基準値は、食品を通したカビ毒(デオキシニバレノール)の摂取により人の健康に悪影響が生じる可能性をできるだけ低くするために設けられたものです。

    しかし、日本の気候はカビの生育に適しており、気象条件や生産・貯蔵時の管理や取扱いなどによっては、小麦などの農産物に基準値を超えるカビ毒(デオキシニバレノール)が含まれることがあります。

    事業者は、カビ毒(デオキシニバレノール)の汚染に関する情報を消費者に積極的に開示し、安全性や品質に対する信頼を高める必要があるでしょう。

    23/11/30 16:50


  • Inf_category_1  グラタン他 一部保存温度誤表記で自主回収

    保存温度表示の誤りは、食品の品質や安全性に重大な影響を及ぼす可能性があります。

    保存温度が適切でないと、食品が劣化したり、細菌が増殖したりする恐れがあります。

    原因調査と対策を講じることにより、消費者の安全と信頼を確保することが重要です。原因は、ラベルの印刷や貼付の工程でのミスだったのか、それとも製品の管理や検査に問題があったのか、明らかにする必要があります。

    今後同様の事故を防ぐために、どのような改善策を講じるのか、具体的に示すことが望ましいです。

    23/11/29 17:29


  • Inf_category_1  チーズケーキ 一部消費期限誤表記

    消費者の安全と信頼を確保するために、事故の原因と対策を公表することが重要です。

    事故の原因は、シールの印刷や貼付の工程でのミスだったのか、それとも製品の管理や検査に問題があったのか、明らかにする必要があるでしょう。

    また、今後同様の事故を防ぐために、どのような改善策を講じるのか、具体的に示すことが望ましいです。
    消費者に対して、迅速かつ適切な情報提供と対応を行うことが求められます。

    23/11/29 17:21


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.