• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_1  小林製薬の紅麹サプリ自主回収から1カ月 原因は依然未解明

    小林製薬が紅麹成分を含む機能性表示食品のサプリメント「紅麹コレステヘルプ」を含む3製品の自主回収を発表してから1カ月が経過しました。

    この問題は、サプリ摂取後に報告された腎疾患などの健康被害が社会的な不安を引き起こしています。

    厚労省によると、小林製薬から報告された健康被害は、死者5人、入院患者240人、医療機関を受診した人が1434人に上ります。

    紅麹サプリ摂取との因果関係はまだ明らかになっていません。検出された青カビ由来の天然化合物「プベルル酸」が人体にどのような影響を与えるかは未解明のままです。

    24/04/23 10:20


  • Inf_category_3  アルファロメオ ジュリア ABSユニット不具合でリコール

    このリコールは、車両のブレーキシステムに関わる重大な不具合であるため、事業者は迅速かつ効果的な対応を行う必要があります。

    制御プログラムの不具合により、シートベルト未着用かつエレクトリックパーキングブレーキが解除されていない状態で車両を発進させると、リアブレーキローターに過大な力がかかり、カーボンセラミック製ブレーキローターが破損するおそれがあります。
    ブレーキローターの破損は、車両の制動能力に影響を及ぼし、運転中の安全に直接影響を及ぼすため、非常に危険です。

    消費者の安全を確保するためには、リコールの情報を広くかつ明確に伝達し、対象車両の所有者が速やかに対応できるよう支援することが重要です。

    24/04/22 11:03


  • Inf_category_4  VW T-Roc ドライブシャフト不具合でリコール

    このリコールは、車両の走行能力に直接影響を及ぼす不具合であるため、事業者は迅速かつ効果的な対応を行う必要があります。

    ドライブシャフトの締結ボルトが緩むと、最悪の場合、車輪に動力が伝達できなくなり、走行不能になるおそれがあります。

    走行中にこのような状況が発生すると大変危険で、リコール対象車両の所有者は、速やかに最寄りのフォルクスワーゲン正規ディーラーに連絡し、点検・修理を受けることをお勧めします。

    事業者は、消費者の安全を確保するためには、リコールの情報を広くかつ明確に伝達し、対象車両の所有者が速やかに対応できるよう支援することが重要です。また今後、組付作業指示の見直しと改善を行い、同様の問題が再発しないようにする必要があります。

    24/04/22 10:57


  • Inf_category_4  ムーヴ キャンバス リヤショックアブソーバ不具合でリコール

    このリコールは、走行安定性に重大な影響を及ぼす可能性があります。事業者は、迅速かつ効果的なリコール実施を通じて、消費者の安全を確保する責任があります。

    不具合のあるリヤショックアブソーバを使用した場合、走行中の振動によりボルトが緩むことがあり、異音が発生する可能性があります。
    最悪の場合、ボルトの締結が外れ、車両の走行安定性が損なわれるおそれがあります。これは運転中の安全に直接影響を及ぼすため、非常に危険です。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、修理の予約を促すための積極的なコミュニケーションを取る必要がある
    でしょう。また今後、部品の品質管理と検査プロセスを強化し、同様の問題が再発しないようにする必要があります。

    24/04/22 10:51


  • Inf_category_106  ヘアカラー製品 エドルn ピンク 一部自主回収

    「エドルn ピンク」シリーズは、LebeL社が提供するヘアカラー製品の一つです。
    「エドルn ピンク 7」「エドルn ピンク 9」「エドルn ピンク 11」「エドルn ピンク 13」の製品に配合されている「硫酸オルトクロルパラフェニレンジアミン」という成分の純度が医薬部外品原料規格に適合していないことが判明し、全ロットが市場から自主回収されることになりました。

    この成分は染料として使用されており、規格外の原料を使用した製品は薬機法に違反する可能性があるため、安全確保の観点から自主回収が行われています。

    回収対象製品の識別方法や返品プロセスについては、事業者サイトで詳細が提供されています。
    安全性に関する懸念がある場合は、製品の使用を中止し、指定された方法で対応することをお勧めします。

    24/04/22 10:45


  • Inf_category_4  C3エアクロス リアクロスメンバー不具合でリコール

    「C3 エアクロス」のリアクロスメンバーに関するリコールが公表されました。リアクロスメンバーに、製造時の加工が不適切であったため、強度不足の問題が発覚しました。この部品の亀裂や破損は、走行中の安定性を損なう可能性があり、安全上のリスクをもたらします。

    使用過程でリアクロスメンバーに亀裂が生じると異音が発生し、最悪の場合、部品が破損して車両の走行安定性が損なわれる恐れがあります。これは、運転中のコントロールを失い、事故につながる可能性があるため、危険です。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して直ちに通知し、ユーザーへ適切な案内を実施することが重要です。また、製造プロセスの見直しと品質管理体制の強化を行い、今後同様の問題が発生しないようにすることが必要です。

    24/04/19 16:56


  • Inf_category_6  KIMIT ラグドール 内部モーター不具合でリコール

    「KIMIT ラグドール」の内部モーターに不具合があり、発熱する可能性があることが判明しました。

    この問題は、モーターを制御するICの発熱により、ICおよびモーターユニットカバーに接触している生地が焼損する恐れがあるため、回収および返金が決定されました。

    内部モーターの不具合による発熱は、製品の焼損だけでなく、火災のリスクをもたらす可能性があります。現時点で発火やけがの報告はありませんが、安全を最優先するためにリコールが実施されています。

    事業者は、製品の安全性を確保するため、品質管理体制を見直し、強化する必要があります。消費者は、回収対象の「KIMIT ラグドール」を所持していないか、品番と購入時期を確認することをお勧めします。

    24/04/19 16:22


  • Inf_category_6  新基準対応硬式金属製バット 自主回収

    スポーツ用品メーカー5社の「新基準対応硬式金属製バット」について、SG(製品安全協会)基準を満たしていない製品があることが判明しました。これにより、該当する製品の回収が決定されました。

    SG基準に満たないスポーツ用品は、使用時の安全が保証されていないため、怪我のリスクが高まる可能性があります。

    特に硬式バットの場合、打球の反発力が予想以上に強くなることで、他のプレイヤーや観客に危害を及ぼす恐れがあります。

    製品の安全性を確保するため、SG基準を含む全ての安全基準の遵守が必須です。所持しているバットが回収対象であるか、品番と購入時期を確認することをお勧めします。

    24/04/19 16:15


  • Inf_category_101  HAKUBA CRAFT 一部衛生管理状況が確認できず自主回収

    「HAKUBA CRAFT」について、製造工程の一部で衛生管理状況が確認できない問題があり、該当する製品の回収が公表されました。

    衛生管理が不十分な製品を摂取することは、食中毒などの健康被害を引き起こす可能性がありますが、現時点で健康被害の報告はありません。

    事業者は製造工程全体にわたる品質管理体制の見直しと強化が必要と言えるでしょう。消費者に安心安全な製品を提供することで信頼を守る必要もあります。

    24/04/19 16:10


  • Inf_category_1  機能性表示食品に関する緊急点検 2度目の結果 消費者庁

    消費者庁は、機能性表示食品に関して行われた緊急点検の2度目の結果を発表しました。

    この点検は、「紅麹原料」を使用した自主回収製品に関する問題を受けて実施されています。

    今回の点検では、およそ1700の事業者に対して質問状が配布され、16日時点で1551の事業者から回答が得られたとのことです。

    報告された健康被害は、35件の届け出製品に関連して延べ147件に上り、その中には下痢や湿疹などの症状の報告のほか、数例の入院報告も含まれていたということです。しかし、消費者庁はこれらの報告が特定の商品に特定の症状が見られるものではないと指摘しており、ただちに措置を講じる必要はないとの立場を示しています。

    この点検は、消費者の安全と信頼を確保するための重要なステップであり、機能性表示食品の安全性に関する消費者の懸念を解消するため、今後も適正に情報が提供されることを望みます。

    24/04/18 16:27


  • Inf_category_1  春菊,ミニトマト 登録されていない農薬使用で自主回収

    一般的な農薬を使用したケースにおいても、登録されていない農薬を使用したことに関しては、消費者への透明性を高める対策の実施が必要だったと言えます。

    事業者は、使用された農薬の詳細、使用された経緯、今後同様の問題を防ぐための対策について、明らかにすることは大切です。

    今回のケースでは残留農薬検査でダイアジノンが不検出であり、健康被害の報告もないため、直接的な健康への影響は考えにくいとされています。またアグリメックにについても適切な使用が求められます。

    安全安心の食品供給のためには、透明性と信頼を高める対応が望まれます。

    24/04/18 11:42


  • Inf_category_105  自転車 GT LA BOMBA 溶接部損傷でリコール

    このリコールの主な懸念は、ヘッドチューブとダウンチューブの溶接部が損傷することで、自転車フレームが分離し、使用中に急激な構造的失敗を引き起こす可能性があることです。

    これにより、使用者が転倒し、重大な怪我を負うリスクがあります。特に高速で走行中や不安定な地面を走行中の場合、怪我のリスクはさらに高まります。

    事業者は、リコール情報を消費者に迅速に伝え、回収対象の自転車を使用しないよう呼びかけることが重要といえるでしょう。

    今後、同様の問題が発生しないよう、製品の設計と品質管理プロセスの見直しを行い、安全基準を満たしていることを確認することが必要です。消費者の安全と信頼を守ることが、事業者にとって最優先事項となります。

    24/04/18 09:34


  • Inf_category_4  プリウス 走行中ドア開く恐れ 13万台余リコール 生産一時停止

    トヨタは、後部座席のドアを開けるスイッチの防水性能が不十分であることが判明したため、約13万台の「プリウス」をリコールすると発表しました。

    この問題により、最悪の場合、走行中にドアが開く可能性があるとされています。対象となるのは、2019年11月から2021年までに生産された「プリウス」約13万5000台です。

    国交省によると、洗車時などに多量の水がかかった場合、ドアを開けるスイッチの内部部品がショートし、ドアが開く恐れがあるとのことです。これまでに、低速走行中にドアが開く不具合が3件報告されていますが、幸い事故には至っていません。

    トヨタは問題に対処す部品確保まで「プリウス」の生産を一時停止しています。安全性を最優先に考え、顧客の信頼を守るために迅速で適切な対応が望まれます。

    24/04/18 09:04


  • Inf_category_3  プリウス 後席ドアアウターハンドル不具合でリコール

    「プリウス」の後席ドアハンドルの開スイッチの防水性能が不十分で、洗車時などに多量の水がスイッチ内部に浸入し、回路が短絡して作動する可能性があります。これにより、走行中に後席ドアが開く危険性があるため、リコールが実施されています。

    走行中に後席ドアが不意に開くことで、乗車している人が車外に転落する恐れがあります。また開いたドアが他の車両や物体と衝突し、二次的な事故を引き起こす可能性があります。

    リコール対象車両のオーナーは、速やかに最寄りのトヨタ販売店に連絡し、適切なは修理を受ける必要があります。

    事業者と消費者双方が安全を最優先に考えた行動を取ることが重要です。

    24/04/17 16:12


  • Inf_category_105  折りたたみ自転車の溶接部分の強度不足で自主回収

    折りたたみ自転車の溶接部分の強度不足で自主回収が公表されました。この自主回収は、安全に直結する重要な問題です。

    折りたたみ部の溶接が不十分であるため、自転車の使用中に折りたたみ部が破断し、転倒や怪我を引き起こす可能性があります。特に走行中の破断は大きな危険を伴います。

    使用者の安全を確保するためにも、事業者は迅速かつ適正な対応を行う必要があるでしょう。

    また、今後同様の問題が発生しないよう、安全を最優先に考え、製品設計の見直しや品質管理の強化が求められます。

    24/04/17 10:42


  • Inf_category_4  プジョー3008他 粒子状物質浄化装置(DPF) リコール

    プジョー3008を含む7車種のディーゼルエンジンに搭載されている粒子状物質浄化装置(DPF)に関するリコールが公表されました。

    このリコールは、排出ガス規制値を満たさなくなる可能性がある問題です。事業者は、迅速かつ効果的な対応を通じて、消費者の信頼を維持する必要があります。

    不具合のあるDPFは、セラミックフィルターが過熱し、亀裂が発生するリスクがあります。これにより、粒子状物質の浄化性能が低下し、排出ガスが規制値を超える可能性があります。

    事業者はユーザーの信頼に応えるため、今後このような問題が発生しないよう、製品の品質向上に努める必要があるでしょう。

    24/04/17 10:35


  • Inf_category_1  消費者庁 機能性表示食品制度の見直しへ 検討会開催

    消費者庁は、小林製薬の自主回収対象の紅麹サプリメントに関する問題を受けて、機能性表示食品制度の今後のあり方について議論する検討会を19日にオンラインで開催すると発表しました。

    この検討会では、機能性表示食品に関する現状の整理と、消費者団体を含む関係者からの意見聴取が行われる予定です。

    消費者相は、機能性表示食品制度が大きな転換期にあると指摘し、5月末までの制度見直しの取りまとめに向けて、検討会での議論を踏まえ、迅速な対応を進める意向を示しました。

    この検討会が、機能性表示食品制度に関する重要な議論の場となり、消費者の健康と安全を守るための制度改革に向けた一歩となることを期待します。

    24/04/17 10:21


  • Inf_category_1  そば粉入りリゾーヌ 一部賞味期限切れ混入で自主回収

    「そば粉入りリゾーヌ」商品の一部において、賞味期限が過ぎた商品の混入が判明したとのことです。幸い健康被害の報告はないようです。

    事業者は製品の品質管理プロセスを見直し、賞味期限切れの商品が混入しないようにするための対策を講じる必要があるでしょう。特に賞味期限の管理は厳格に行われることが食品に対する消費者の安全安心につながります。

    問題が再発しないよう、事業者は品質管理プロセスの改善と消費者への適正な対応により信頼に応えることが望まれます。

    24/04/16 10:49


  • Inf_category_1  深煎りごまドレ冷し中華 販促シール誤貼付で自主回収

    「深煎りごまドレ冷し中華」において、蓋上に貼り付けてある販促シールが本来の商品のものでなく、ゴマの表記がされていない販促シールが貼り付けられていたとの報告がありました。健康被害の報告はないようです。

    事業者は製品の品質管理プロセスを見直し、販売前のチェックを徹底する必要があります。特に販促シールなどの表示部分は、正確で一貫性のあるものである必要があるでしょう。

    問題が再発しないよう、事業者は品質管理プロセスの改善と消費者への適切な対応が望まれます。

    24/04/16 10:43


  • Inf_category_1  小林製薬「紅麹問題」入院者数が231人に 厚労省

    厚労省によれば、小林製薬の自主回収対象の「紅麹」を含むサプリを摂取した人々が健康被害を訴えています。

    4月14日時点で入院者数が231人に上り、医療機関を受診した人は1381人になったと報告されています。また、小林製薬への相談件数は、4月14日時点で延べ約7万9000件寄せられているとのことです。

    この問題は健康被害を引き起こしており、厚労省と関係者が引き続き調査を進めていることが伺えます。

    24/04/16 10:38


  • Inf_category_1  スターバックス 一部ギフトアソート誤表記で自主回収

    スターバックスの「スターバックス ヴィア スターバックス オリガミ ギフトアソート」において、ギフトボックスの外箱および包装紙の賞味期限に誤表記があることが判明しました。
    事業者は回収と返金を行うことを決定していますが、商品による健康被害の心配はないとのことです。

    事業者は消費者に対して誤表記の問題を適切に公表し、消費者の信頼を損なわないためにも、適切な情報提供が求められます。

    賞味期限は消費者の健康と安全に直接影響を及ぼす重要な要素ですので、事業者は正確な情報を提供し、消費者が適切な判断を行えるようにする必要があるでしょう。

    また事業者は今後同様の問題を防ぐために、品質管理と情報提供の改善に取り組むことが望まれます。

    24/04/15 10:37


  • Inf_category_112  ラナンキュラスぢα坐剤 有効成分が不適合で自主回収

    PMDAの報告によれば、ラナンキュラスぢα坐剤の安定性モニタリングにおいて、有効成分であるヒドロコルチゾン酢酸エステルの含量が承認書に適合しなかったため、自主回収が行われることが決定されました。

    これまでに本件に関連した健康被害の報告はないとのことです。
    事業者は消費者に対して透明性を保ち、問題が発生した場合には迅速に対応する必要があるでしょう。

    事業者は今後、承認書に適合する必要性と製品の安全性向上に努めることが望まれます。

    24/04/15 10:31


  • Inf_category_1  機能性表示食品に関する健康被害報告が増加

    消費者庁は、機能性表示食品に関する健康被害報告が117件に上ったことを発表しました。この調査は、小林製薬の自主回収となったサプリメント問題を受けて行われたもので、6795製品(1693事業者)が対象となりました。

    医療従事者からの報告は、18製品(11事業者)に関して合計117件です。複数の入院が必要な事例が報告されていますが、食品と健康被害の因果関係はまだ明らかになっておらず、無関係な報告も含まれている可能性があります。

    消費者庁は、特定の商品や症状に集中しているわけではないため、現段階で特別な対策は必要ないとしています。今後、収集した情報を分析し、報告ルールや制度のあり方について検討を進める予定です。

    専門家による分析結果と消費者庁の対応に注目が集まっています。

    24/04/15 10:22


  • Inf_category_4  エスカレード ボディコントロールモジュール不具合でリコール

    「キャデラック エスカレード」のボディコントロールモジュールに不具合があり、保安基準不適合となるとして、国交省からリコールが公表されました。

    ボディコントロールモジュールのプログラムの不具合により、オートライト使用時にトンネルなどの一時的にすれ違い用前照灯が自動点灯する状況下で、すれ違い用前照灯の自動点灯タイミングが数秒遅れることが報告されています。

    この遅延が発生すると、他の車両とのすれ違い時に前照灯の点灯が遅れ、視認性が低下する可能性があります。特に夜間やトンネル内での運転時には、交通安全上のリスクが高まります。

    メーカーは、リコール対象車両のボディコントロールモジュールをアップデートする対処方法を実施しています。このアップデートにより、すれ違い用前照灯の自動点灯タイミングの問題が解消されることを期待します。

    24/04/12 16:45


  • Inf_category_4  ランボルギーニ ウルス 三角停止表示板不具合でリコール

    ランボルギーニ「ウルス」(計1車種)の停止表示器材(三角停止表示板)において、製造管理が不適切なため、反射性能の技術基準を満たさないおそれがあるとしてリコールが発表されました。

    メーカーは、全車両について、三角停止表示板の部品番号を確認し、該当するものは良品と交換します。

    三角停止表示板の反射性能が技術基準を満たさないため、他の道路利用者に対する警告が不十分となる可能性があります。
    また、正確な停止表示ができない場合、交通事故のリスクが高まります。

    リコール該当車を所有するユーザーは、ランボルギーニ カスタマーセンターへ連絡することをお勧めします。

    24/04/12 14:30


  • Inf_category_106  ケイト ザ アイカラー アルミニウム小片付着で 自主回収

    2024年1月20日に発売されたカネボウ化粧品の「ケイト ザ アイカラー(マーブルインク)」の一部商品において、容器の内側が削れ、アルミニウムの微細な小片が付着していることが判明しました。

    この商品は目のまわりに使用するものであり、思わぬけがにつながる恐れがあるため、万が一を考慮し、メーカーは自主回収と返金対応を行っています。

    所有品の中に自主回収対象のアイカラー製品がないか確認することをお勧めします。

    24/04/12 14:25


  • Inf_category_1  機能性表示食品の安全性確保 消費者庁 検討会開催へ

    小林製薬において自主回収対象の紅麹サプリの健康被害が報告されたことを受け、消費者庁は機能性表示食品の安全性を再評価するための検討会を来週にも開催する予定です。

    この検討会は、大学教授や医療関係者などの外部専門家で構成され、機能性表示食品の届け出約7000件に関する健康被害情報の収集を行います。

    検討会では、製造・販売過程における安全性の確保や、健康被害情報の報告義務化などが議論される予定です。

    消費者保護と産業の健全な発展のための一歩となることが期待されます。

    24/04/12 14:18


  • Inf_category_101  PLANT PB商品の天然水500ml キャップ異臭で自主回収

    PLANTプライベートブランド商品の「天然水」500mlにおいて、キャップ部分に異臭が確認されたため、該当商品を4月8日から自主回収しています。

    現在、臭いの原因は調査中ですが、「天然水」の検査結果では細菌やカビは検出されていないようです。

    この事案による消費者への影響は、異臭が気になることや商品の品質に対する不安です。ただし、細菌やカビの検出はないため、健康への直接的なリスクは低いと言えるでしょう。

    事業者には消費者の安全安心を優先した迅速な対応が望まれます。

    24/04/11 10:16


  • Inf_category_3  ペット用品 ニューヨークボンボーン 異物混入で一部自主回収

    「ニューヨークボンボーン」の一部商品にステンレススチール片が混入していることが確認されたため、製造元のレッドハート株式会社から自主回収が呼びかけられています。

    混入していた物質は、製造工場で容器類の洗浄に使用していたステンレススチール製のたわしの破片であり、食品に接するものの洗浄に使用する商品であるため、有毒物を発生することはなく、材質は不活性で、微小な破片とのことです。
    万一、犬が摂取した場合も、通常は1~2日で排泄されると考えられています。

    飼い主の方は、「ニューヨークボンボーン」の対象商品を所持しているかを確認し、もし所持していた場合は、事業者へ連絡を取り、回収処置を行うことをお勧めします。

    24/04/11 10:09


  • Inf_category_1  農水省 「紅こうじ」と「こうじ」の違い解説 風評被害防止Q&A

    小林製薬の「紅こうじ」サプリメントによる健康被害問題に関連して、農水省は政府の公式見解を示し、風評被害を抑えるために「紅こうじ」と発酵食品の原料である「こうじ」の違いをQ&Aで公表しました。
    https://www.maff.go.jp/j/syouan/240410.html

    例1)こうじと紅こうじの違い:
    - 名前は似ていますが、異なる種類のかびを利用して作られています。
    - こうじはアスペルギルス属の菌を利用して作ります。
    - 紅こうじはモナスクス属の菌を増殖させて作ります。

    例2)色素の違い:
    - かまぼこの色付けなどに使うベニコウジ色素とも異なります。
    - 小林製薬の紅こうじ原料は米に紅こうじ菌を加えて培養し、加熱などをして作ります。
    - 他社のベニコウジ色素は、紅こうじ菌の培養液から抽出する色素が主成分で、食品衛生法に基づく規格に適合したものが販売されています。

    今後、原因究明などを踏まえ、Q&Aの内容は順次充実させられる予定です。これにより、風評被害を防ぎつつ、正確な情報を提供され、自主回収が適正に行われることが望まれます。

    24/04/11 10:00


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.