• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_4  ダイハツ Gran Max他 バッテリー固定不具合でリコール

    この事案では、バッテリー固定具の不具合により、後方からの衝突時にバッテリーが過度に移動し、固定具が外れる可能性があることが指摘されています。これは、車両の安全性に直接影響を及ぼす重大な問題であり、迅速かつ効果的な対策が求められます。リコールは、消費者の安全を確保するための重要な措置です。

    バッテリーが固定されていない状態で運転を続けると、衝突時にバッテリーが移動し、最悪の場合、車両火災や電気系統の故障を引き起こす可能性があります。また、バッテリーが移動することで、運転中の車両制御が不安定になる恐れもあります。

    事業者は、開発時の検証が不十分であったことを受け、安全性の基準に照らして再検証を行い、将来的な不具合を未然に防ぐ体制を整える必要があるでしょう。
    また、対象車両の所有者に対して、修理の準備が整い次第、速やかに対策品への交換を行うよう通知し、修理を優先することが望まれます。

    24/07/08 10:36


  • Inf_category_4  ベンツC180カブリオレ シートベルト不具合でリコール

    シートベルトは乗員の安全を確保するための重要な装置です。今回の不具合は、シートベルトがスムーズに格納されないことで、緊急時にシートベルトが適切に機能しない可能性があり、重大な安全リスクを伴います。したがって、迅速かつ徹底的な対応が求められます。

    事業者は、すべての対象車両に対して速やかに点検と修理を行うことが必要です。特に、シートベルトの格納に問題がある車両については、内装材の修正を迅速に実施する必要があります。
    リコール対象車の所有者に対して、速やかにリコールの詳細と対応方法を通知することが重要です。

    リコールの進捗状況や対応の詳細について、消費者に対して透明性を持って情報提供を行うことが信頼回復につながります。

    消費者にとって、シートベルトの不具合は重大な安全リスクを伴います。特に、事故発生時にシートベルトが適切に機能しない場合、乗員の怪我のリスクが高まります。したがって、リコール対象車の所有者は速やかに点検と修理を受けることが重要です。

    24/07/05 11:52


  • Inf_category_6  アングラーズオーバーオール 一部生地強度低下で自主回収

    縫製部分の強度低下により、製品が破損する可能性があり、使用中に事故や怪我のリスクが高まります。

    この自主回収は、消費者の安全を守るために重要な措置です。縫製部分のシーム加工による生地強度の低下が原因であるため、製造工程での品質管理の強化が必要です。

    特に、製品の耐久性を確保するための厳格な基準を設けることが求められます。

    事業者が問題を認識し、自主回収と返金対応を迅速に実施したことは評価できます。消費者の安全を最優先に考えた対応が重要です。

    今後の製品開発において、品質管理体制を見直し、同様の問題が再発しないようにするための対策を講じることが必要です。

    24/07/05 11:11


  • Inf_category_4  VWゴルフ ドアミラー不具合でリコール

    このリコールは、消費者の安全を守るために重要な措置です。迅速かつ適切な対応が求められます。
    ドアミラーの不具合により、後方の交通状況が確認できなくなる可能性があり、事故のリスクが高まります。

    紫外線による劣化が原因であるため、製造段階での品質管理や材料選定の見直しが必要です。特に、長期間にわたる耐久性を確保するための対策が求められます。

    メーカーは、問題が発覚した際に迅速にリコールを届け出たことは評価できます。消費者の安全を最優先に考えた対応が求められます。

    消費者に対して、定期的な車両点検を推奨することで、早期に問題を発見し、事故を未然に防ぐことができます。
    リコール対象車両の所有者に対して、詳細な情報提供を行い、リコール対応の手順を明確に伝えることが重要です。これにより、消費者の不安を軽減し、迅速な対応を促進できます。

    24/07/05 11:05


  • Inf_category_6  サメにゃん超BIGぬいぐるみ プラスチック破片混入で自主回収

    混入したプラスチック破片により、消費者が指や肌に傷をつけるリスクがあります。特に子供が使用する場合、怪我のリスクが高まります。

    このような品質問題は、消費者の製品に対する信頼に影響を与える可能性があります。

    事業者は、製造過程における品質管理の徹底を図り、同様の問題が再発しないようにすることが重要です。

    このようなリコールは、消費者の安全を守るために重要です。事業者は、今後このような問題が起こらないように、品質管理体制の見直しと改善を行う必要があります。また、消費者に対しては、リコールされた製品の使用を直ちに中止し、指定された方法で返送することをお勧めします。

    24/07/04 10:03


  • Inf_category_1  チーズクリームプチシュー 香料配合量誤りで自主回収

    事業者はこのような誤りが発生した原因を調査し、再発防止策を講じる必要があります。具体的には、製造プロセスの見直しや従業員の教育強化、品質管理体制の改善などが考えられます。

    また、消費者に対して誤りがあったことを明確に伝え、信頼の維持・回復に努めることも大切です。

    消費者は、購入した製品のラベルや成分表を確認し、異常がないかをチェックすることをお勧めします。

    健康への影響がないとされている今回の事案では、消費者に対する直接的な危険は報告されていませんが、事業者は信頼性の高い品質管理体制を構築し、消費者が安心して製品を利用できるようにすることが大切です。

    24/07/04 09:30


  • Inf_category_1  ブラックモンブランシュー 落花生表示欠落で自主回収

    ビアードパパの「ブラックモンブランシュー」に関するアレルギー成分「落花生」の表記漏れは、消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があります。

    アレルギーを持つ人が誤ってこれを摂取した場合、重篤なアレルギー反応やアナフィラキシーショックを引き起こす危険があります。
    事業者はアレルギー成分の表記漏れが判明した場合、直ちに公式ウェブサイトや店頭での告知を通じて、消費者に情報を提供する必要があります。

    また、製品のラベリングや情報提供のプロセスを見直し、品質管理体制を強化することが求められます。

    アレルギーを持つ消費者は、購入前に必ず製品のアレルギー情報を確認し、疑問がある場合は店舗や製造者に問い合わせることをお勧めします。
    事業者は今後このような事故が再発しないよう、管理体制を見直し、改善に努めることが望まれます。

    24/07/04 09:17


  • Inf_category_112  医薬品 パッケージ記載された「MAX」薬機法抵触

    この回収は、製品の品質上の問題ではなく、誇大広告に関連するものです。したがって、製品自体による健康被害のリスクはないとされています。現在までに健康被害の報告は受けていないとのことです。

    事業者は、誇大広告と判断された表現を修正し、消費者に対して正確かつ適切な情報を提供することが重要です。
    また対象製品を速やかに自主回収し、消費者の信頼を維持するための措置を取る必要があるでしょう。

    消費者が疑問や不安を感じた場合に備え、問い合わせ窓口を設け、迅速かつ丁寧な対応を心がけることが望まれます。

    事業者は今後このような事態を防ぐために、広告やパッケージの表現に関する法規制を遵守し、製品情報の正確性を確保する必要があります。

    24/07/03 13:18


  • Inf_category_4  プジョー 308他 制御モジュール不具合でリコール

    制御モジュールの不具合により、ナビゲーションディスプレイとメータークラスターが消灯すると、運転中に速度が確認できなくなるおそれがあります。これは運転の安全性に直接影響を及ぼし、特に高速道路などでの運転時には重大な事故につながる可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、速やかに通知し、無料の修理や部品の交換を提供することが重要です。
    また今後、同様の不具合が発生しないよう、製造プロセスの見直しや品質管理の強化を行う必要があります。

    顧客が不安を感じないよう、顧客サポート体制を整え、問い合わせに迅速かつ適切に対応することが大切です。

    安全を最優先に考え、リコールに関する情報を積極的に共有し、必要な措置を迅速に実施することが望まれます。

    24/07/03 13:12


  • Inf_category_4  DEFENDER 110他 オイルフィルターケース不具合でリコール

    不具合があるオイルフィルターケースは、潤滑油の内部圧力に耐えられない可能性があり、破損するとオイルが飛散して排気管に付着することがあります。

    これにより、高温の排気管でオイルが発火し、最悪の場合、車両火災に至る危険があります。車両火災は、運転中の安全を著しく損なうだけでなく、乗員の生命にも危険を及ぼす可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、直ちに通知し、無料の修理や部品の交換を提供することが重要です。
    今後、同様の不具合が発生しないよう、製造プロセスの見直しや品質管理の強化が必要です。

    安全を最優先に考え、リコールに関する情報を積極的に共有し、必要な措置を迅速に実施することが、事業者と消費者双方の利益、安全安心に繋がります。

    24/07/03 13:09


  • Inf_category_6  炭酸対応 ステンレスボトル 蓋が飛び上がる危険リコール

    炭酸飲料を入れた状態で長時間放置すると、内部圧力が想定以上に高まり、開栓時に蓋が飛び上がる危険があります。これは、飲用時の怪我や事故につながる可能性があるため、危険です。

    特に、シリコンパッキンが圧力排出機構を阻害する構造上の欠陥が原因であると考えられています。

    事業者は、回収対象商品の詳細と、消費者がどのように対応すべきかについて、迅速に情報を提供し、効率的な回収を行う必要があります。
    また、構造上の欠陥を解消するために、製品の再設計が必要です。特に、シリコンパッキンの設計を見直し、安全な圧力排出機構を確保することが重要です。

    消費者は、購入製品が回収対象であるかを確認し、該当する場合は速やかに事業者の指示に従って対応することをお勧めします。

    24/07/02 11:50


  • Inf_category_1  マンナボーロ 異物混入で自主回収

    異物が食品に混入することは、消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があります。

    特に小動物のフンは、細菌やウイルスを含むことがあり、食中毒などの健康被害を引き起こす恐れがあります。

    ただし、今回の事案では健康被害の報告はないとのことです。

    事業者は、回収対象商品の詳細と、消費者がどのように対応すべきかについて、迅速に情報を提供する必要があります。

    また、再発防止のために、製造工程の見直しと品質管理体制の強化が必要です。消費者は、購入商品が回収対象であるかを確認し、該当する場合は速やかに指定の手続きを行うことをお勧めします。


    24/07/02 11:44


  • Inf_category_1  肉製品にごく微量の洗剤付着で自主回収

    食品に洗剤が微量に付着することは、消費者の健康に潜在的なリスクをもたらす可能性があります。洗剤は通常、食品としての摂取を目的としていないため、内服すると消化器系の刺激やアレルギー反応を引き起こすことがあります。

    ただし、今回の事案では洗剤が「ごく微量」であったとのことで、これまでに健康被害の報告はないとのことです。

    事業者は、今後同様の事態を防ぐために、製造から販売に至るまでのプロセスを見直し、品質管理体制を強化することが重要です。

    消費者は、購入された商品が回収対象であるかを確認し、該当する場合は速やかに店舗に連絡を取ることをお勧めします。

    24/07/02 11:38


  • Inf_category_6  ボディソープ商品 一部成分表記漏れで自主回収

    「アルゲマリンハッピーピーチボディソープ」のラベルに「防腐剤」の成分表記漏れがありました。

    成分表記漏れには、配合制限のある防腐剤が含まれており、アレルギーを引き起こす可能性が否定できません。
    ただし、製品中に占める防腐剤の割合は微量であり、重篤な健康被害が発生する恐れは低いと考えられます。現時点で健康被害の報告はありませんが、アレルギー体質の方や敏感肌の方は注意が必要です。

    事業者は、回収の詳細と対応方法を公開し、消費者が容易にアクセスできるようにすることが望ましいです。

    また今後、成分表記の正確性を保証するための品質管理プロセスの見直しと改善を行うことが必要です。


    24/07/01 10:27


  • Inf_category_4  ルノー キャプチャー他 フロントカメラ不具合でリコール

    運転支援システムは、運転中の安全を大きく支える技術です。

    このシステムが機能しなくなると、衝突回避や車線維持などの機能が働かず、交通事故につながる危険性があります。

    特に高速道路や交通量の多い道路では、このリスクはさらに高まります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、速やかに通知し、無償修理を実施することが重要です。

    また、将来的な不具合を防ぐために、品質管理プロセスの見直しと改善を行うことが必要と言えます。

    リコールの情報を積極的に提供し、消費者が自分の車が対象かどうかを容易に判断できるようにすることや、消費者の信頼を維持するための努力を行うことが重要です。

    24/07/01 10:21


  • Inf_category_4  ジープ コマンダー 車両制御モジュール不具合でリコール

    ESSは、急ブレーキなどの緊急時に後続車に警告するための重要な安全装置です。

    ESSが作動しない場合、後続車が適切な反応を示す時間が不足し、追突事故につながる可能性があります。

    特に高速道路などの速度が高い環境では、このリスクはさらに高まります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して、速やかに通知し、無償修理を実施することが重要です。また、将来的な不具合を防ぐために、品質管理プロセスの見直しと改善を行うことが必要です。

    今回のリコールを機に、消費者の信頼を回復するための努力を行うことが重要といえます。

    24/07/01 10:16


  • Inf_category_4  ベンツ GLC220d 4MATIC他 配光可変型前照灯の不具合でリコール

    ベンツ GLC220d 4MATIC他の配光可変型前照灯の制御プログラムに不具合があることが発表されました。
    この不具合は、左右通行帯の設定を変更した後、配光設定が右側通行用に固定されてしまうもので、これにより協定規則第48号に適合しなくなる可能性があります。

    この不具合により、左側通行を行う国で車両を使用する際、対向車への眩惑を引き起こす恐れがあります。これは夜間運転時の視界を妨げ、事故のリスクを高める可能性があります。

    事業者は、、全ての影響を受ける車両に対して、速やかに修理を行う必要があります。具体的には、ヘッドライトコントロールユニットの制御プログラムを正規のものに書き換える必要があります。

    今後、同様の不具合が発生しないよう、製品の安全性を再評価し、品質管理プロセスを見直すことが推奨されます。


    24/06/28 16:19


  • Inf_category_1  メキシコ産ぶどうの残留農薬基準超過で自主回収

    「メキシコ産ぶどう」における残留農薬エテホンの基準超過は、消費者にとって重要な安全性の問題です。

    エテホンは、過剰摂取すると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。ただし、今回検出された検出値3.6ppmは、ぶどうの基準値1ppmを超えていますが、急性参照用量 (ARfD) は0.03mg/kg体重/日であり、体重50kgの人が0.4kgのぶどうを食べても直ちに健康に影響はないとされています。

    現在のところ健康被害の報告はありませんが、長期的な影響については不明です。
    事業者は、回収情報を迅速かつ透明に公開し、消費者が容易にアクセスできるようにすることが重要です。これにより、信頼を維持し、消費者の不安を軽減できます。

    事業者にとって食品安全管理の重要性を再認識させる機会です。消費者の健康と安全を守るためには、事業者は常に透明性を持ち、責任ある行動が望まれます。

    24/06/28 16:15


  • Inf_category_1  国産大豆100%生どうふきぬ 異物混入で自主回収

    「国産大豆100%生どうふきぬ300g」における異物(ゴキブリ)混入の事案は、消費者にとって大きな懸念事項です。

    現時点で健康被害の報告はありませんが、ゴキブリはサルモネラ菌や大腸菌などの病原体を媒介する可能性があります。これらの病原体は食中毒を引き起こす可能性があるため、消費者は注意が必要です。
    ゴキブリはアレルギー反応を引き起こす可能性があり、特に喘息を持つ人々にとっては健康リスクとなり得ます。

    事業者は、製造過程における品質管理を徹底し、異物混入のリスクを最小限に抑えるための体制を確立することが重要と言えます。
    また、回収対象商品の迅速な特定と、消費者への返金や交換の手続きをスムーズに行うことで、信頼回復に努めることも大切です。

    消費者の安全と信頼を守るためには、事業者は常に高い基準を維持し、透明性と責任をもって行動する必要があります。


    24/06/28 16:09


  • Inf_category_1  小林製薬 紅こうじサプリメント健康被害 76件の死亡事例報告

    小林製薬が自主回収を実施している紅こうじサプリメントに関連した健康被害問題で、厚労省の武見大臣は、新たに76件の摂取と死亡の因果関係が疑われる事例が報告されたと発表しました。これまでに報告されていた死亡事例は5件でしたが、この数は大幅に増加したことになります。

    厚労省が小林製薬に対して行った死亡事例の更新の問い合わせにより、同社からは合計170件の事例が報告されたが、そのうち91件は紅こうじサプリメントを摂取していなかったとされ、残りの79件のうち3件は因果関係がないと確認されました。

    この発表により、小林製薬の紅こうじサプリメントによる健康被害の深刻さが改めて浮き彫りになり、消費者の間での懸念が高まっています。
    厚生労働省は、引き続き詳細な調査を進め、必要な対策を講じる方針とのことです。

    24/06/28 16:02


  • Inf_category_1  ホットク 一部アレルゲン混入で自主回収

    アレルギーを持つ消費者にとって、アレルゲン表示がない食品に卵が含まれていることは重大な健康リスクをもたらす可能性があります。卵アレルギーは特に子供に多く見られ、アナフィラキシー反応を引き起こすことがあります。そのため、アレルゲン情報は消費者の安全を守るために重要です。

    事業者は、誤って混入した商品に関する情報を迅速に公開し、回収を徹底することで、消費者の信頼を保つことが重要です。
    また今後、同様の問題を防ぐために、アレルギー情報の表示を含めた品質管理体制の見直しと強化が必要です。

    これまで健康被害の報告がないとのことですが、アレルギーを持つ消費者の安全を最優先に考え、上記の提言に沿った対応を行うことが望ましいです。

    24/06/27 12:05


  • Inf_category_1  胡瓜 一部残留農薬基準超過で自主回収

    「へプタクロル」は、以前は農薬として使用されていた化学物質ですが、現在は多くの国で使用が禁止されています。
    へプタクロルは、長期間にわたって小さな量が体内に蓄積されると、神経系や免疫系に悪影響を及ぼす可能性があります。0.02ppmという検出量は非常に小さいですが、継続的な摂取は避けるべきです。

    事業者は、販売された胡瓜を迅速に回収し、消費者に対しては返金や交換を行うなど、信頼回復に努めることが求められます。
    残留農薬に関する情報は、定期的にチェックし、安全基準に従って食品を選ぶことが大切です。

    これまで健康被害の報告がないとのことですが、消費者の安全を最優先に考え、上記の提言に沿った対応を行うことが望ましいです。

    24/06/27 12:00


  • Inf_category_4  BMW X1 xDrive20i統合ブレーキユニット不具合でリコール

    統合ブレーキユニットの不具合は、ブレーキ操作時に通常よりも強い踏力が必要になる可能性があり、これは運転中の安全性に直接影響を及ぼします。特に緊急時のブレーキングでは、予期せぬ事故につながる危険があります。

    ブレーキ警告灯の点灯やチェックコントロールメッセージの表示は、直ちに対処が必要なサインです。これらが表示された場合は、速やかに最寄りのディーラーまたは修理工場に連絡を取る必要があります。

    エンジンが停止した後に再始動できなくなるという問題は、運転者が車両を安全な場所に移動させる能力を奪い、交通の流れを妨げるだけでなく、運転者や他の道路利用者に危険をもたらす可能性があります。

    事業者は、製造管理の不適切さが原因であるため、品質管理プロセスの見直しと改善が必要です。

    24/06/27 11:56


  • Inf_category_6  網戸用替え網 耐候性に関する問題で自主回収

    耐候性が低い網戸用替え網は、時間とともに強度が低下し、破れやすくなる可能性があります。これにより、虫の侵入を防ぐ本来の機能を果たせなくなるだけでなく、網戸が破れることで小さなお子様やペットが外に出てしまう危険性も考えられます。

    事業者は、消費者への迅速な情報提供と、回収体制の整備を行うことで、信頼回復に努めるべきです。
    製品の耐候性に問題があった原因を調査し、品質管理プロセスを見直す必要があります。

    消費者は、購入した「網戸用替え網」がリコール対象であるかどうかを確認し、該当する場合は速やかに回収に協力するようお勧めします。事業者は今回の事案を教訓に、製品の安全性と品質を確保するための体制を強化し、消費者の安心と信頼を守ることが求められます。

    24/06/26 17:11


  • Inf_category_4  グランドチェロキーL サスペンションボルト不具合でリコール

    フロントサスペンションボルトの不具合は、走行中の安定性に直接影響を及ぼす重大な問題です。ボルトが折損すると、前輪が適切に保持されなくなり、車両の制御が効かなくなる可能性があります。これは、運転手や同乗者だけでなく、他の道路利用者にとっても大きな危険をもたらすため、非常に深刻な安全上の懸念事項です。

    事業者は、事故に至るおそれがあるという事実を踏まえ、迅速かつ透明性を持ってリコール情報を公開し、消費者に対して速やかな対処を促すことが重要です。また、締付作業の不適切さが原因であることから、製造プロセスにおける品質管理体制の徹底した見直しと改善が必要です。

    今後同様の問題が発生しないよう、再発防止策を公表し、その実施状況を定期的に報告することで、消費者の信頼を得ることができます。

    安全運転はもちろんのこと、リコール情報には常に注意を払い、迅速に行動することが重要です。

    24/06/26 17:06


  • Inf_category_1  オーツクランチ 一部プラスチック片混入で自主回収

    プラスチック片が混入している可能性があるため、消費者は口内や喉を傷つけるリスクがあります。

    また、誤って飲み込んだ場合、消化管を損傷する恐れもあります。これまで健康被害の報告はないとのことですが、安全を最優先に考え、該当する商品は消費を避け、回収に協力することが重要です。

    事業者は、消費者への迅速な情報提供と、回収体制の整備を行うことで、信頼回復に努めるべきです。

    また今後、製造工程や品質管理の改善状況を公開し、消費者に透明性を示すことが重要です。
    安全な食品環境の維持には、事業者と消費者の双方の協力が不可欠です。


    24/06/26 17:02


  • Inf_category_4  ジープ・チェロキー パワーリフトゲート不具合でリコール

    クライスラー ジープ・チェロキー他2車種において、パワーリフトゲートコントロールモジュールの防水設計が不適切であることが判明しました。この不具合により、雨水等がリヤゲート開口部を伝わって当該モジュールの接続端子部に浸入し、端子部が短絡するおそれがあります。これにより、最悪の場合、車両火災に至る危険があるとされています。

    この不具合は、車両の安全性に直接関わる重大な問題です。接続端子部の短絡は、車両火災を引き起こす可能性があり、運転者や同乗者の生命に危険を及ぼすだけでなく、他の交通参加者や周囲の環境にも影響を与える可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して直ちに通知し、無償での修理や部品交換を行う必要があります。
    また、防水設計の見直しと品質管理の強化を行い、同様の不具合が再発しないようにする必要があります。

    消費者はリコールの通知を受け取った際には、速やかに対応することが推奨されます。安全な運転環境の維持には、事業者と消費者の双方の協力が不可欠です。

    24/06/25 11:13


  • Inf_category_4  レンジローバースポーツ 灯火器アッセンブリ不具合でリコール

    「レンジローバースポーツ」他のモデルにおいて、右側後部灯火器アッセンブリに不具合があることが判明しました。生産工場での部品取り扱いが不適切であったため、灯火器ケース内の気密状態が不良となり、雨天や洗車時に水が灯火器内に浸入し、錆の影響を受ける可能性があります。これにより、灯火器が点灯(点滅)しないおそれがあります。

    灯火器が点灯しない場合、他のドライバーが車両の存在や運転者の意図を認識できなくなり、夜間や悪天候時における交通事故のリスクが高まります。特に、後部灯火器の不作動は、追突事故を引き起こす可能性があるため、非常に危険です。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して直ちに通知し、無償修理を提供することが求められます。
    また、生産工程の見直しと品質管理の強化を行い、同様の不具合が再発しないようにする必要があります。

    事業者は、リコールの実施を通じて、消費者の信頼を維持し、将来的な安全性の向上に努めることが望まれます。

    24/06/25 11:09


  • Inf_category_4  ジャガー I-PACE 後部方向指示器の不具合でリコール

    ジャガー I-PACE 他のモデルにおいて、後部方向指示器の作動状況を検知するゲートウェイモジュールにプログラムの不具合があり、LED素子の不良による不作動を検知できない可能性があることが判明しました。これにより、LED素子不良による不作動が生じた場合、運転者に故障を知らせることができない状況が発生しています。

    この不具合は、運転中に後部方向指示器が正常に機能していないことを運転者が認識できないという重大な安全上のリスクをもたらします。特に夜間や視界が悪い条件下では、他のドライバーがジャガー車の運転者の意図を正確に把握できず、追突や交差点での衝突などの事故につながる可能性があります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して直ちに通知し、修理を優先的に行うべきです。
    また、プログラムの不具合を修正するためのアップデートを実施し、将来的な不具合の発生を防ぐためのシステムの見直しを行うことが望まれます。

    24/06/25 11:04


  • Inf_category_4  DS 3 クロスバック車内情報システム不具合でリコール

    制御プログラムの不具合により、アンドロイドオートまたはアップルカープレイを使用中に車内情報システムが再起動し、ナビゲーションディスプレイとメータークラスターが一時的に消灯する可能性があります。これにより、速度の確認ができなくなり、クルーズコントロールが停止する恐れがあるとされています。

    速度の確認ができない状態は、運転中の安全性に直接影響を及ぼします。特に高速道路などでの運転では、速度の把握が重要であり、この情報が得られないことは重大な事故につながる可能性があります。また、クルーズコントロールの突然の停止も、予期せぬ速度変更を引き起こし、事故のリスクを高めることがあります。

    事業者は、リコール対象車両の所有者に対して迅速に通知し、無償修理を実施することで、安全性を確保すべきです。
    また今後同様の問題が発生しないよう、ソフトウェアの更新やシステムの改善が必要です。

    安全を確保するためにも、リコールの通知を受けた場合は、指示に従い、速やかに対応することをお勧めします。


    24/06/24 17:08


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.