• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 住宅・住宅設備 > ガス石油機器


リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
点検&修理 東京ガス 東京ガス エネファーム一部機器 発電停止の恐れ 18/04/16 18/05/09
回収 JXTGエネルギ... ESSO オイルロード広見SS 灯油一部に品質異常 18/04/19 18/04/20
点検&部品交換 TOTO TOTO 石油直圧式給湯機内部焦げる恐れ 今一度確認を 18/04/02 18/04/02
点検&部品交換 TOTO TOTO 火災恐れの石油直圧式給湯機 今一度確認を 18/04/02 18/04/02
点検&部品交換 TOTO TOTO 自主点検済の一部給湯機で火災の恐れ 再点検 18/04/02 18/04/02
点検&部品交換 タカラスタンダー... タカラスタンダード パロマ製ビルトインこんろ一部 天板膨張 18/02/28 18/02/28
点検&部品交換 パロマ パロマ ビルトインこんろ一部 熱影響で天板膨張 18/02/28 18/02/28
点検&部品交換 ユニバーサルトレ... EPIgas REVO-3700ストーブ 一部に規格外の部品 17/11/16 17/11/17
点検&部品交換 京葉瓦斯 京葉ガス 浴室暖房乾燥機16機種 発火の恐れ 17/03/17 17/03/22
点検&部品交換 大阪ガス 大阪ガス 浴室暖房乾燥機36-558型 発火の恐れ 17/03/16 17/03/17
点検&部品交換 東京ガス 東京ガス 浴室暖房乾燥機18機種 発火の恐れ 17/03/16 17/03/17
点検&部品交換 ノーリツ ノーリツ・ハーマン 浴室暖房乾燥機 一部機種で火災 17/03/16 17/03/16
点検&部品交換 いけだや いけだや パティオヒーター一部で出火事故 17/03/14 17/03/15
回収 穂高製作所 穂高製作所 卓上コンロ用ボンベ一部 ガス漏れ恐れ 17/02/09 17/02/10
回収&返金 日本瓦斯 日本瓦斯 カセットボンベガス漏れ恐れ 対象追加 コメントあり 17/02/08 17/02/10
回収 スタイル プリンス 卓上コンロ用ボンベ一部 ガス漏れ恐れ 17/02/03 17/02/06
回収 TTS TTS 卓上コンロ用ボンベ一部 ガス漏れ恐れ コメントあり 17/02/03 17/02/03
回収 タイガー魔法瓶 タイガー 卓上コンロ用ボンベ一部 ガス漏れ恐れ 17/02/03 17/02/03
回収 電響社 電響社 卓上コンロ用ボンベ一部 ガス漏れ恐れ 17/02/03 17/02/03
回収 象印マホービン 象印 卓上コンロ用ボンベ一部 ガス漏れ恐れ 17/02/02 17/02/03

ジャンル一覧 > 住宅・住宅設備 > ガス石油機器

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_109 ガスこんろのグリルは、主に魚焼き用として利用している家庭が多いが、毎日お手入れまで行っているだろうか。グリルは、直火と対流熱で、魚の身の中までしっかり加熱され両面が焼けるので便利だが、日頃の手入れを怠ってはいけない。NITEによると、ガスこんろのグリルを使用中、グリル内を焼損する火災発生が報告されている。グリルで調理中に、食材及びグリル受皿にたまった油脂が過熱し、目を離したすきに出火したものと考えられる。ガスこんろをながくキレイに使うためにも普段のお手入れは大切である。毎日の食器を洗うタイミングでコンロも一緒にお手入れすれば汚れもラクに落とせるし、火災事故の原因を防ぐことにもつながる。またコンロの中にはリコールが発生しているものもあるので、使用中のコンロがリコール製品でないかどうかもこの機会に確かめてみてはどうだろうか。

    18/05/14 11:32:53


  • Inf_category_109 世田谷製作所の「ガスふろがま用バーナー(LPガス用)」で、使用中に製品を焼損する火災発生が報じられた。事故原因は現在調査中とのことだが、部品の不具合でガス弁に亀裂が生じてガス漏れが発生し、バーナーの炎が引火して出火に至ったと考えられるという。この製品は、2007年からリコールを実施しており、OEM製品も含めた無償点検(部品交換)を行っている。メーカーは10年近く注意喚起を行っているが、対象数39,337台のうち改修率は76.4%(2017年9月末)にとどまり、依然として9,000台以上の製品で火災発生の恐れがある。自宅のふろがまバーナーが対象製品でないか確認し、もし設置されていたなら、直ちに使用を中止し、メーカーの無償点検を受ける必要がある。

    18/03/28 12:07:27


  • Inf_category_109 今年も花見の季節を迎え、カセットこんろを使う機会が増えることから、NITE(製品評価技術基盤機構)は使用方法について改めて注意喚起を行っている。昨年4月、花見の最中にカセットこんろのカセットボンベが破裂して負傷者が出るという事故が発生した。こんろ全体を鉄板などで覆ったためカセットボンベが異常に熱くなる使い方をしたことが原因のようだ。そこでNITEは以下のように「禁止事項」をまとめているので守って使用してほしい。①大きな鉄板などこんろ全体を覆うような調理器具等を使用しない。②カセットこんろを2台並べて使用しない。③炭の火起こしなど調理以外の用途で使用しない。花見の宴でカセットこんろを使用する場合は、安全のために正しい使い方を確認し、事故を未然に防ぐ必要があるだろう。
    なおカセットボンベについては昨年「微量のガス漏れ」でリコール情報も出ているのでそちらも確認してほしい。

    18/03/20 09:29:05


  • Inf_category_109 NITEの公表資料によると、使用中の石油ストーブ付近から出火して住宅の1階部分を焼損し2人が軽傷を負った事故が報じられている。燃焼筒を上下逆さまにセットして点火したため、異常燃焼が生じて出火に至ったものと考えられている。取扱説明書には「点火後、燃焼筒つまみを左右に動かし、燃焼筒が正しくしん調節器にセットされているか確認する」旨記載されていた。燃焼筒が正しくセットされていないと異常燃焼によって炎があふれるおそれがあるので、燃焼筒をセットした時と点火操作後は燃焼筒が正しくセットされているか確認することと経年劣化やリコールによる製品不良がないかの確認も併せて行うことを勧めたい。

    18/01/09 10:52:17


  • Inf_category_109 NITEの公表資料によると石油ふろがまを使用中に製品及び周辺を焼損する火災が報じられている。原因としては長期使用(37年)により金属材が腐食、破損して生じた隙間から高温の燃焼ガスあるいは炎が漏れ、送油ゴムホースや電磁ポンプが損傷して灯油が漏れ、漏れた灯油に燃焼ガス等が引火し火災に至ったと考えられる。長期使用による経年劣化の事故は、リコール製品かどうかの確認とメーカーの点検を受けることで防ぐことができる。特に使用頻度が高くなる冬場のこの時期、長年問題なく使用している機器でも金属腐食やホース周りの異常がないか確認することは火災事故防止に繋がる。

    18/01/04 09:38:26


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2018 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.