• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 自動車

このジャンルの検索 サブジャンル:二輪車 船舶

注目情報
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
リコール トヨタ自動車 クラウン(事業用) 前照灯 保安基準満たさない恐れ 20/06/25 20/06/25
リコール トヨタ自動車 クラウン、クラウンマジェスタ オーディオアンプ火災に至る恐れ 20/06/24 20/06/25
リコール トヨタ自動車 プリウス プリウスα オーリス 走行不能の恐れ 20/06/24 20/06/25
リコール 日産自動車 NISSAN モコ(MOCO) 不具合でエンストに至る恐れ 20/06/18 20/06/23
リコール Groupe P... シトロエン C3 方向指示器と後退灯が不点灯の恐れ 20/06/18 20/06/23
リコール メルセデス・ベン... Gクラス3車種 チャイルドセーフティロックに不具合 20/06/18 20/06/22
リコール スズキ アルト ワゴンR 他 エンストに至る恐れ 20/06/18 20/06/18
リコール スズキ ワゴンR 他 パンクして走行不能となる恐れ 20/06/18 20/06/18
リコール いすゞ自動車 フォワード他 リヤバンパステー基準適合性確認できず 20/06/18 20/06/18
リコール ビー・エム・ダブ... BMW 740eiPerfomance 他6車種 エアバッグ不具合 20/06/16 20/06/16

ジャンル一覧 > 自動車

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_4 基本的に、自動車のリコールに有効期限はない。リコールが出た場合は不具合の対象車が修理できるまで期間を設けているのだ。「今まで特に問題なく乗れてたから」とか「リコールに気づかなかった」など、リコールを後回しにしてしまうことはあると思うが、リコールの不具合内容によっては、すぐにでも修理・部品交換した方が良い場合もある。有効期限がないので、「いつでもいいか!」と後回しにするのではなく、できる限り早めに修理・部品交換を行なうようにしよう。

    20/06/23 15:21:18


  • Inf_category_4 急にリコールの通知がきたら、どうしたらいいか分からない人も多いのではないだろうか。そんな場合は焦らずに次の流れで行うようにしよう。
    まず、各メーカーからリコールの通知が来たら、購入した販売店に連絡をとるようにしよう。「リコールの通知が届いた」ということを伝えれば、案内してもらえるはずである。電話で指定された場所へ車・トラックを持っていけば、部品の交換や修理などを無償で行ってもらえる。その際、車検証などの必要書類は事前に確認して、忘れずに持っていくようにしよう。

    20/06/22 15:46:39


  • Inf_category_4 国土交通省が2019年度(2019年4月~2020年3月)の国内におけるリコール台数を公表した。タカタ製エアバッグ関係を除いて974万1698台がリコール対象となり、過去最高となった。逆に輸入車においては64万5065台と大幅に減少したようだ。問題点を放置されるよりはしっかりとリコールや無償修理をしてくれたほうがユーザーとしては助かるが、あまりに対象台数が多いと気になるのも事実である。2020年度は国産車も減少傾向に転じるよう、さらなるチェック体制の強化を望みたい。

    20/06/15 15:32:13


  • Inf_category_4 リコールを英語で表記すると「recall」となり、「呼び戻す」というような意味になる。このような英語の意味から考えると、「製品の製造者が一度販売した製品を回収すること」がリコール制度の中心的な内容であることは間違いない。しかし、日本の法律上、「リコール」について明確な定義はなく、様々な製品について横断的にリコール制度を定めた法律はないのだ。各種製品ごとに異なったリコール制度があり、それぞれ別の法律に根拠があることから、リコール制度の内容も製品ごとに異なるのである。
    自動車について考えてみよう。自動車については、「道路運送車両法」にリコール制度が定められており、国土交通省が所管となっている。基本的には自動車メーカー等の自主的な届出によってリコールが行われるが、国土交通大臣の勧告によってリコールとなることもある。それでも自動車メーカーがリコールを行わない場合には、国土交通大臣がリコールを命令することができる。このリコール命令に違反すると、1年以下の懲役または300万円以下の罰金が科され、法人に対しても2億円以下の罰金が併科される可能性があるのである。
    普段、リコールの仕組みまではあまり考えることはないかもしれないが、こういう側面から見てみるならば、リコールに対する意識も高まるのではないだろうか。

    20/06/08 15:24:26


  • Inf_category_4 リコールが出た場合にはすぐに対応すべきではあるが、リコールが出ている車は車検に通るかご存知だろうか?
    結論から言うと、「リコールを放置していた」という理由だけで車検が通らない、ということはないようだ。車検の検査項目に当たる部分でリコールが発生しているのであればそのままでは車検に通らない可能性があるが、不具合箇所が車検の検査項目に関係ない部分であれば車検には影響はないようである。
    しかし、車検に通るからといってリコールをそのまま放置しておいて良いわけではない。基本的に回収と修理をメーカー負担で行うものなので、ユーザ側は負担なく修理してもらえる。リコールが出た場合にはすぐに対応してもうのがベストといえる。

    20/06/04 14:26:32


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.