• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • リコールハンドブック「リコール対応とは」

    経産省発行のリコールハンドブックによると、リコール対応とは消費生活用製品における製品事故等の発生及び拡大可能性を最小限にする目的で次の手順とることと定義されている。①製造、流通及び販売の停止/流通及び販売段階からの回収。 ②消費者に対するリスクについての適切な情報提供。 ③類似の製品事故等の未然防止のために必要な使用上の注意等の情報提供を含む消費者への注意喚起。 ④消費者の保有する製品の交換、改修(点検、修理、部品の交換等)又は引取り。つまり市場への被害拡大を食い止めるための策と消費者への情報提供がリスクを減らすための大事な胆といえる。メーカーは万が一の時に備えて体制を整えておくことが必要だ。

    18/01/16 13:28


  • Inf_category_6  歩行型除雪機による事故にご注意

    冬を本格的に迎えて積雪の多い地方では除雪の作業が日常的に行われているが、安全に行うためには注意が必要だ。NITEの報告資料によると歩行型除雪機の後進中に下敷きになる事故が報じられている。使用者は、安全装置のレバーをテープでハンドルに固定して使用していたため除雪機が停止せず事故に至ったものと考えられている。取扱説明書には「安全装置のレバーを紐などで固定しない。安全装置が作動しなくなる」記載があり、手でハンドルとレバーを一緒に握ると走行し手を離すとレバーが自動的に戻って停止するしくみとなっていた。ハンドル操作だけに握力を使おうとして誤使用の危険性がある場合どんな事故に繋がるか、また製品リコールがないかどうか確認は必要だ。

    18/01/15 09:12


  • Inf_category_7  ユアサプライムス カーボンヒーター3機種リコール

    ユアサプライムスは2015年9月~2016年2月に販売したカーボンヒーターにおいて発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、リコール(無償点検・修理)を継続的に実施している。対象型番は YA-C945SR(WH), KYA-C915R(WH), YA-C900S(WH) の3機種 。対象数は18,940台となっている。本格的な冬シーズンを迎えて使用頻度も高くなると思わるので、安全安心のためにも帰省先の居間や勉強部屋などで使用していないかチェックしたり、もし該当製品であれば使用中止してすぐにメーカーへ連絡をとるなど事故防止のための適切な対応を促したい。「これまで無事に使えていたから大丈夫」と考えずに行動する意識が被害を防ぐのに大切なことだ。

    18/01/12 18:07


  • リコールハンドブックの活用

    リコールハンドブック(経産省発行)は、消費者への危害や拡大被害の防止を第一に考えたリコール対応のあるべき姿が記載されている。メーカー等が、①リコールに対して、日頃からどのように取り組むべきか。②製品事故等2が確認された場合、いかに迅速かつ的確にリコールを実施するか。③リコールのフォローアップをいかに実践して実効性を高めるか。などについて基本的な考え方や手順が示されている。メーカーの大小を問わず、消費者への安全を目的としたリコール対策に役立つ内容なので、まさかの事態に対応できるよう内容に精通しておくことは欠かせない。

    18/01/11 15:02


  • Inf_category_6  輸入電熱手袋用バッテリーと充電器リコール

    冬場のバイク乗りにとっては電熱手袋があると快適なツーリングを楽しめるかもしれないが注意も必要だ。輸入電熱手袋用バッテリー製品から出火し製品とその周辺を焼損する火災発生が報じられている。人的被害には至ってはいないが、これまで消費者庁より平成27年1月に製品起因か否かが特定できていない事故として公表され、同年の10月には製品起因が疑われる事故として再公表されていた。その後平成29年12月に同様の発火事故が発生したことからメーカーは事故再発防止のため対象バッテリーと充電器の無償交換(リコール)に踏み切った。該当製品を使用してないか確認し対象製品であれば直ちに使用を中止しメーカーへの連絡を促したい。

    18/01/10 09:25


  • Inf_category_109  石油ストーブ燃焼筒の上下逆さセットにご注意

    NITEの公表資料によると、使用中の石油ストーブ付近から出火して住宅の1階部分を焼損し2人が軽傷を負った事故が報じられている。燃焼筒を上下逆さまにセットして点火したため、異常燃焼が生じて出火に至ったものと考えられている。取扱説明書には「点火後、燃焼筒つまみを左右に動かし、燃焼筒が正しくしん調節器にセットされているか確認する」旨記載されていた。燃焼筒が正しくセットされていないと異常燃焼によって炎があふれるおそれがあるので、燃焼筒をセットした時と点火操作後は燃焼筒が正しくセットされているか確認することと経年劣化やリコールによる製品不良がないかの確認も併せて行うことを勧めたい。

    18/01/09 10:52


  • Inf_category_7  電気ストーブ使用中、製品及び周辺を焼損する火災

    NITEの公表資料によると、電気ストーブ使用中、製品及び周辺を焼損する火災事故が報じられている。製品の強弱切替スイッチに使用されているダイオードが不良品であったことによりダイオードが異常発熱し、火災に至ったものと考えられている。リコール対象製品による事故のケースが後を絶たないため、リコール対象製品を使用していないか確認し、もし対象製品であった場合は直ちに使用を中止して販売店やメーカーへ連絡することが大切だ。リコール対象製品かどうかの確認はメーカーのホームページはもちろん、リコールプラスにも幅広く家電メーカーのリコール情報が掲載されているので活用を勧めたい。

    18/01/05 11:24


  • Inf_category_109  石油ふろがまを使用中、製品及び周辺を焼損する火災

    NITEの公表資料によると石油ふろがまを使用中に製品及び周辺を焼損する火災が報じられている。原因としては長期使用(37年)により金属材が腐食、破損して生じた隙間から高温の燃焼ガスあるいは炎が漏れ、送油ゴムホースや電磁ポンプが損傷して灯油が漏れ、漏れた灯油に燃焼ガス等が引火し火災に至ったと考えられる。長期使用による経年劣化の事故は、リコール製品かどうかの確認とメーカーの点検を受けることで防ぐことができる。特に使用頻度が高くなる冬場のこの時期、長年問題なく使用している機器でも金属腐食やホース周りの異常がないか確認することは火災事故防止に繋がる。

    18/01/04 09:38


  • Inf_category_7  ユアサプライムス カーボンヒーター帰省先は大丈夫?

    ユアサプライムスは2015年9月~2016年2月に販売したカーボンヒーターにおいて発煙・発火に至る恐れのあることが判明しリコール(無償点検・修理)を継続的に実施している。対象型番は YA-C945SR(WH), KYA-C915R(WH), YA-C900S(WH) の3機種。対象数は18,940台となっている。本格的な冬シーズンを迎えて使用頻度も高くなる暖房機器なので、帰省先の居間や勉強部屋などで使用していないかチェックしたり、もし該当製品であれば使用中止してすぐにメーカーへ連絡をとるなど事故防止のための適切な対応を促したい。「これまで無事に使えていたから大丈夫」と考えず、適切に行動することが思わぬ被害を防ぐのに必要だ。

    17/12/28 09:54


  • リコールハンドブック2016の活用のすすめ

    経産省は「消費生活用製品のリコールハンドブック 2016」を発行している。SNSなど消費者の情報通信手段の多様化、製品の販売形態の多様化、小売事業者におけるプライベートブランド製品の取扱量の増加、輸入製品の増加などに伴い製品事故等対応やリコール対応における事業者に求められる役割が増大していることなど、社会状況も大きく変化してに対応するために2010年版からの改訂版である。事業者として必要な行動(アクション)の明確化や取組み事例が紹介されているので、安全安心の体制のため役立てていただきたい。

    17/12/27 11:40


  • Inf_category_6  大掃除、はしごの転倒事故等にご注意

    NITEの公開資料によると、梁(はり)にはしごをかけて昇っているときに転落事故が発生している。また2連式のはしごが傾いたため転倒し、打撲を負う事故も報告されている。寝かせ過ぎた状態で立て掛け、また、はしご上端の掛かりも少なかったため、はしごがたわんで梁から外れたことが原因とみられる。大掃除や雪下ろしなどではしごを使う機会も多いと思われる年末のこの時期、使用する製品にリコール情報がないかどうかの確認や昇降時は補助者が支えるなど正しい使用方法を守ることで事故防止を促したい。

    17/12/26 09:29


  • Inf_category_7  電気があんかコードなどの事故にご注意

    NITEの報告事例によると、電気があんかが焦げて、布団や毛布なども焼けたとのこと。(平成22年10月 大阪府)コードのつけ根を折り曲げたりしていたため、芯線が断線して発火に至ったことが原因とみられる。事故再発防止のためにも、年末年始の帰省の際、また日頃から家の中にリコール製品がないかどうかリコールプラスやメーカーサイトで確認したり、取り扱い表示を正しく守って大事に至らないよう安全な使用方法を確認することを勧めたい。

    17/12/25 10:34


  • Inf_category_7  ユアサプライムスのカーボンヒーター探しています!

    ユアサプライムスは、2015年9月~2016年2月まで販売したカーボンヒーターのおいて、発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、リコール(無償点検・修理)を継続的に実施している。より幅広い周知のため、電子チラシサイト「Shufoo!」でも関西をはじめ九州沖縄、中四国エリアで告知を実施している。これからの年末年始、帰省先の実家や空き家となっていた別荘などでもリコール対象のカーボンヒーターがないか確認し、該当製品であれば使用を中止しメーカーへ連絡をとるなど事故防止のための適切な対応を促したい。

    17/12/20 09:59


  • Inf_category_7  食器洗い乾燥機(ビルトイン式)を使用中、製品を焼損

    NITEの公表によると、食器洗い乾燥機(ビルトイン式)を使用中、製品を焼損する事故が報告されている。長期使用(11年)により洗浄ポンプのオイルシールが摩耗して洗浄水やすすぎ水が漏れ、排水ポンプ用コネクター内に浸入したことにより出火に至ったものと考えられる。NITEでは「ビルトイン型、卓上型に関係なく、購入から10年が経過したものについては、点検を受けるようにしてほしい」と注意を呼び掛けている。ビルトイン型の食洗機は、経年劣化により重大事故に至る恐れが多いとされているので、リコール有無の確認と点検により事故を防ぐ必要がある。

    17/12/19 11:16


  • Inf_category_109  屋内式ガス瞬間湯沸器を使用中に製品から発煙

    NITEの公表資料によると、屋内式ガス瞬間湯沸器を使用中に製品から発煙が報告されている。長期使用(約21年)により、器具栓に使用しているOリングのグリスが減少したことから、内径が摩耗したためガスが漏れ、漏れたガスにバーナーの火が引火したものと考えられる。長期使用による経年劣化の事故は、リコール有無の確認とメーカーの点検を受けることで防ぐことができる。事故防止策に対してメーカーや販売店からの情報周知とユーザー側の意識を高めることが鍵といえる。

    17/12/18 10:18


  • Inf_category_6  高齢者の電動車いすに乗車中の事故にご注意

    NITEの報告事例によると、使用者(90歳代)が電動車いすに乗車中、工事現場の穴に転落し死亡が確認された。工事現場の誘導路を走行中に誤って道路脇にあった橋脚設置中の穴に転落したものと考えられる。周囲の方や高齢者を身近にサポートをする人が製品リコールがないかどうかの確認や、道路の端は傾斜等により危険であること、使用者の体調や身体機能の変化を見極めることは事故防止のために大切だ。

    17/12/15 19:07


  • Inf_category_7  炊飯器や電気ケトル等による、乳幼児のやけどにご注意

    消費者庁の報告によると、医療機関から炊飯器や電気ケトル等の高温の蒸気に触れたり、製品を転倒させこぼれ出た熱湯に触れたりしてやけどをする事故が寄せられている。2歳以下の乳幼児は、入院を要するやけど、命に危険が及ぶ可能性のある重いやけどになることがあり、特に注意が必要だ。たとえば保護者が夕食の準備中、炊飯器の蒸気に、子どもが触れてしまったケースがある。 事故防止のためにもリコール製品の有無の確認と安全対策を施すことは大切だ。

    17/12/14 09:14


  • Inf_category_7  ユアサプライムスのカーボンヒーター探しています!

    ユアサプライムスは、2015年9月~2016年2月まで販売したカーボンヒーターのおいて、発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、無償点検・修理を実施している。さらなる周知のため、電子チラシサイト「Shufoo!」で関西、九州沖縄、中四国エリアでも告知を展開中だ。本格的な冬場を迎え使用機会が増えるので事故防止のため、メーカーへの連絡と対応は大切だ。

    17/12/13 09:48


  • Inf_category_109  石油ストーブの給油時の漏れご注意

    NITEの報告事例によると、住宅から出火し、1人が死亡して2人がやけどを負ったとのこと。石油ストーブの火を消さずにカートリッジタンクに給油したところ、カートリッジタンクのふた(ネジ式)の締め方が不完全だったため灯油がこぼれ、ストーブの火に引火し、火災に至ったという。日頃から製品リコール有無の確認と、カートリッジタンクのふたが完全に締まっているかどうか確認して正しい使用方法を実施することは大切だ。

    17/12/06 09:45


  • Inf_category_7  カーボンヒーター、電子チラシでリコール告知

    ユアサプライムスは、2015年9月~2016年2月まで販売したカーボンヒーターのおいて、発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、無償点検・修理を実施している。周知のため、電子チラシサイト「Shufoo!」で関西、九州沖縄、中四国エリアでも告知を実施している。冬場を迎え使用機会が増えるので事故防止のため、メーカーへの連絡と対応は大切だ。

    17/12/05 13:47


  • Inf_category_6  高齢者の手すり(床置き式)をベッド事故にご注意

    手すり(床置き式)をベッド脇で使用中、使用者(80歳代)の身体が手すりとベッドの間に挟まった状態で発見され、死亡が確認されたとのこと。手すりをベッドから離して設置していたために、使用者が手すりとベッドの間に落ち、長時間身体を圧迫されたものと考えられるという。製品リコール有無の確認や、取扱説明書の正しい使用方法、危険な要因がないかを周囲の方も見極めることは大切と思われる。

    17/12/04 09:54


  • Inf_category_7  探しています!ユアサプライムスのカーボンヒーター

    ユアサプライムスは、2015年9月~2016年2月まで販売したカーボンヒーターのおいて、発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、無償点検・修理を実施している。周知のため、電子チラシサイト「Shufoo!」でも関西エリアから告知を開始し九州沖縄でも実施している。冬場を迎え使用機会が増えるので事故防止のため、メーカーへの連絡と対応は大切だ。

    17/11/30 11:19


  • Inf_category_109  洗濯物が落下して火災にご注意

    NITEの報告事例によると、住宅から出火して全焼したとのこと。石油ストーブの上に干していた洗濯物が落下して火がついたという。 日頃から製品リコール有無の確認と、洗濯物を上部で乾かさない、燃えやすいものを近くに置かないなど、取扱説明書の注記を正しく守って安全な使用方法を実施することは大切だ。

    17/11/29 10:10


  • Inf_category_109  ガスこんろを使用で衣類着火にご注意

    ガスこんろを使用していたところ、着ていたTシャツに着火し、火傷を負ったとのこと。使用者(60歳代後半)が来ていたTシャツは裾や襟部がゆったりとしたデザインだったとのこと。製品リコール有無の確認や、ガスこんろで調理をする時は、裾や袖が広がった、ゆったりした衣類を避けることは大切だ。

    17/11/28 09:17


  • Inf_category_7  ユアサプライムスのカーボンヒーター、ご注意

    ユアサプライムスは、2015年9月~2016年2月まで販売したカーボンヒーター[KYA-C915R(WH)、YA-C945SR(WH)、YA-C900S(WH)] において、部品に不具合のあるものが一部混入したことによりまれに発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、事故防止のため無償にて点検・修理を実施している。当該製品をお持ちの場合、直ちに使用を中止して、メーカー窓口へ連絡してください。

    17/11/27 10:29


  • Inf_category_109  ストーブに間違えてガソリン給油にご注意

    NITEの報告事例によると、住宅から出火して全焼し、顔や手にやけどを負ったとのこと。(平成21年3月 千葉県)ガソリンを灯油と間違って石油ストーブに給油したため、異常燃焼を起こして火災に至ったという。日頃から製品リコール有無の確認と、取扱説明書の注記を正しく守って安全な使用方法を実施することは大切だ。

    17/11/22 11:37


  • Inf_category_7  ユアサプライムスのカーボンヒーター、リコール

    ユアサプライムスは、2015年9月~2016年2月まで販売したカーボンヒーターのおいて、発煙・発火に至る恐れのあることが判明し、無償点検・修理を実施している。周知強化のため電子チラシサイト「Shufoo!」でも関西エリアから告知を開始している。冬場を迎え使用機会が増えるので、事故防止のためにメーカーへの連絡と対応は大切だ。

    17/11/21 08:55


  • Inf_category_5  ストーブの一酸化炭素中毒にご注意

    NITEの報告事例によると、就寝中、一酸化炭素中毒で1人が死亡したとのこと。(平成21年12月 福井県)石油ストーブを閉め切った寝室で長時間使用したため、酸素が不足して不完全燃焼がおきて一酸化炭素中毒になったものという。日頃から製品リコール有無の確認と、一酸化炭素は、無色・無臭のため気がつきにくいので取扱説明書の注記を正しく守って、大事に至らないよう安全な使用方法を実施することは大切だ。

    17/11/20 09:22


  • Inf_category_109  ガスファンヒーターから出火 にご注意

    NITEの報告事例によると、ガスファンヒーターの電源スイッチを入れたら火がつき、機器が焼けたとのこと。専用のガスコードではなく、ガス用ゴム管を接続したため接続口からガスがもれ、点火した際に引火したものという。不適正なゴム管を使用していないか、日頃から製品リコール有無の確認と、取扱説明書の注記を正しく守って安全な使用方法を実施することは大切だ。

    17/11/16 08:43


  • Inf_category_109  石油ファンヒーターの前でスプレー缶爆発にご注意

    NITEの報告事例によると、石油ファンヒーターの前に置いていたスプレー缶が爆発して火がつき、消火の際にやけどを負ったとのこと。スプレー缶(殺虫剤)が「ファンヒーターの温風で過熱され、内圧が上昇して破裂し、噴射剤の可燃性ガスにファンヒーターの火が引火したものという。カセットボンベやスプレー缶などをストーブ、ガスこんろなど熱源の近くに置かないこと、製品リコール有無の確認と、安全な使用方法を実施することは大切だ。

    17/11/14 08:57


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.