• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

リコールウォッチ

Share (facebook)

±2.5watch

  • Inf_category_1  静岡茶他6品目にネジ混入の恐れで自主回収

    ネジが混入した原因や経緯について、ネジの種類やサイズ、混入した可能性のある工程や期間、混入を防止するための対策などを明らかにする必要があります。

    回収対象品を購入した消費者に対して、安全安心を最優先にして速やかに回収に応じるよう呼びかけることも大切です。

    今後、同様の事故が発生しないように、製品の品質管理や検査体制を強化する必要があるでしょう。

    23/08/31 16:12


  • Inf_category_1  紫野菜が入った8品目サラダの一部で自主回収

    紫野菜が入った8品目サラダの「ビーツ」とは、鮮やかな赤紫色の根菜で、ヒユ科フダンソウ属の野菜です。
    ショ糖を多く含むため、食べるとほんのりと甘みがあります。
    ビーツには、血圧を下げる働きを持つカリウムや、お腹の調子を整える食物繊維・オリゴ糖をはじめ、ビーツの特徴である色素成分ベタシアニンなどが主に含まれています。

    残留農薬の基準値を超えるという不適切な品質管理は、消費者の製品に対する信頼を損なう可能性があります。

    残留農薬の基準値を超えるとは、食品中に残留する農薬の濃度が、人の健康を損なうおそれのない量として厚生労働省が定めた基準値よりも高いことを意味します。日本では、760品目の農薬等について基準値設定を行っています。

    23/08/30 11:09


  • Inf_category_6  ぴょんぴょんクッションで自主回収

    「バランスはぐくむ ぴょんぴょんクッション」において内部のスプリングが折れてしまう現象があり、自主回収が発表されました。

    バランスはぐくむ ぴょんぴょんクッションとは、リッチェル製のベビー用品で、遊びながらトレーニングできる室内遊具です。遊び方次第で、跳ぶ能力・バランス能力・集中力など、様々な身体能力をはぐくむことができます。内部には衝撃吸収に優れたポリウレタン素材と、反発性の高いコイルスプリング36本が内蔵されています。

    内部のスプリングが折れるという不具合は、設計や製造上の欠陥があった可能性が高いと考えられます。
    事業者は回収対象製品の原因究明や再発防止策を速やかに実施し、信頼回復に努める必要があるでしょう。

    23/08/30 10:05


  • Inf_category_106  リンス&シャンプー成分誤記載で自主回収

    回収対象品は、「シャワロエSリンス&シャンプー」で、成分表示に、配合成分していない成分「コカミドメチルMEA」を誤記載していたこと、「ラウレス硫酸Na」及び「ラウラミドプロピルベタイン」の表記順が誤っていたことが判明したということです。

    「コカミドメチルMEA」は、洗浄力や泡立ちを高めるために使用される界面活性剤で、一部の国では使用制限や表示義務がある成分です。
    「ラウレス硫酸Na」と「ラウラミドプロピルベタイン」も同様に界面活性剤で、配合量によっては刺激性があるとされています。

    成分表示は、消費者が製品の内容や安全性を判断するために重要な情報です。成分表示に誤りがあると、消費者の信頼を損なうだけでなく、アレルギーや副作用などの健康被害を引き起こす可能性もあります。そのため、成分表示には正確さと明確さが求められます。

    23/08/29 11:42


  • Inf_category_1  カーネルコーン一部リステリア菌汚染の恐れ

    回収対象品は、イオン系列の店舗で販売された「ベストプライス カーネルコーン300g」で、原材料の「とうもろこし」の一部ロットにリステリア菌への汚染が疑われるということです。

    リステリア菌は、冷蔵庫内でも増殖することができる細菌で、妊婦や高齢者などに感染症を引き起こす可能性があります。

    そのため、リステリア菌の汚染が疑われる食品は、速やかに回収し、消費者に対して注意喚起を行う必要があります。

    一般的にリステリア菌は加熱すれば死滅しますが、加熱せずに食べる食品に汚染される可能性があるため、注意が必要です。
    リステリア感染症の潜伏期間は最長で70日間とされていますので、今後も注意深く監視する必要があると言えるでしょう。

    23/08/29 11:22


  • Inf_category_4  ボディドメインコントローラーの不具合でリコール

    BYD ATTO 3 の左ボディドメインコントローラーの不具合は、車両の安全性に影響を与える可能性があります。

    ボディドメインコントローラーにはアンサーバック機能を制御することが含まれます。
    ボディドメインコントローラーは、車両を解錠する際に、非常点滅表示灯や車幅灯及び尾灯などのライトを点灯させるプログラムを実行することです。

    しかし、「BYD ATTO 3」の左ボディドメインコントローラーには不具合があり、点灯プログラムが不適切なため、ライトの点灯時間が道路運送車両の保安基準に適合しないという問題が発生しています。

    メーカーは、今後の品質管理体制や安全対策などを強化し、同様の不具合が再発しないようにすることが重要です。


    23/08/28 13:09


  • Inf_category_4  BYD ATTO 3 車載緊急通信モジュール不具合でリコール

    「は、事故時に影響を及ぼす可能性があります。

    一般的に、車載緊急通信モジュールとは、自動車の外部との双方向通信を行うための装置です。
    例えば、事故が発生した場合に自動的に緊急通報センターに連絡したり、スマートフォンと連携して車両の状態や位置を確認したりすることができます。

    事業者は、対象車両のオーナーに速やかに連絡し、修理を実施する必要があります。
    また、修理の方法や期間、予約方法などを明確に伝えることも大切です。

    不具合の原因や発生機会、発見方法などを詳細に公表することで、消費者の信頼回復に努める必要もあるでしょう。
    また、今後の品質管理体制や安全対策などを強化し、同様の不具合が再発しないようにすることが重要です。

    23/08/28 13:00


  • Inf_category_4  ベントレー フライングスパーV8他 リコール

    「ベントレー フライングスパーV8」は、高級セダンの代名詞ともいえるベントレーのフラッグシップモデルです。
    後席用マルチメディアシステムは、後席乗員の快適性や娯楽性を高めるための装備で、脱着式の画面を備えています。

    後席用マルチメディアシステムに不具合が発生したことは、製品の品質管理に問題があったと考えられます。

    後席用マルチメディアシステムの画面が車両衝突時に外れるという不具合は、乗員の安全性に直接関わる問題です。

    現在までに負傷事故の報告はないということですが、使用者の安全を確保するためには、速やかに回収対応を行う必要があります。

    ユーザーの安全を最優先にした分かりやすい対応によって、事業者はユーザーの信頼回復に努める必要があります。

    23/08/25 14:23


  • Inf_category_106  ネイルエナメルリムーバー商品で液漏れ自主回収

    デュカート マイルドネイルエナメルリムーバーは、爪にやさしいノンアセトンタイプの除光液で、多くのユーザーに支持されている商品です。

    液漏れの不具合が発生したことは、製品の品質管理に問題があったと考えられます。

    液漏れした除光液は、可燃性があり、火気の近くで使用すると引火する危険があります。
    また、皮膚や目に触れると刺激を与える可能性があります。
    健康被害の報告はないということですが、使用者の安全を確保するためには、速やかに回収対応を行う必要があります。

    事業者は、回収対象商品の特定方法や回収方法について、消費者にとって分かりやすい情報を周知することが大切です。

    23/08/25 14:15


  • Inf_category_1  馬刺しブロック 一部O157検出で自主回収

    一部の馬刺しブロック商品に、腸管出血性大腸菌O157が検出され自主回収が実施されました。
    消費者の健康と信頼に影響を及ぼす可能性があるので、事業者は、汚染の原因と範囲を特定し、再発防止策を講じる必要があるでしょう。

    O157は非常に感染力が強く、重篤な合併症等の危険があるとされています。
    対象商品を購入した消費者は、速やかに事業者に連絡し、回収に応じることが大切です。

    一般的に、O157は加熱により死滅するため、生肉や加熱不十分な肉料理を避けることが重要です。
    また、焼肉やバーベキュー等、自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱し、生焼けのまま食べないようにしましょう。
    特に、若齢者、高齢者、抵抗力が弱い方は、重症化する恐れがあるので、生肉や加熱不十分な肉料理を食べないよう注意が必要でしょう。

    23/08/24 13:47


  • Inf_category_4  ボルボ C40左前輪ロアアーム不具合でリコール

    ボルボ C40左前輪ロアアーム不具合でリコールが発表されました。
    左前輪ロアアームに不具合があることは、安全性の問題であり、メーカーは、速やかに不具合の原因を究明し、再発防止策を講じる必要があるでしょう。

    ロアアームは、タイヤと車体をつなぐ部品で、ボールジョイントという関節部分があります。
    このボールジョイントが外れたり壊れたりすると、タイヤが自立できなくなり、ハンドル操作が効かなくなる可能性があります。最悪の場合、タイヤが飛んでしまうこともあります。

    一般的に、ロアアームに不具合がある場合は、走行中に「ゴトゴト」「ギシギシ」といった異音がすることがあります。
    ロアアームに不具合があると思ったら、すぐに走行をやめて、専門の整備工場に持ち込むことをおすすめします。

    23/08/24 13:36


  • Inf_category_1  たまごパン カビの発生の恐れで自主回収

    アルコール揮散剤の効果が行き渡らなかったのは、食品のカビを防止するために包装袋に入れたアルコールを吸着させた揮散剤が、個別に包まれた食品の中に十分にアルコール蒸気を拡散させられなかったと考えられます。

    アルコールはカビの細胞膜に浸透して殺菌する効果がありますが、濃度や温度、食品の水分活性などによって効果が変わります。一般に、アルコール濃度が70%前後で殺菌力が最も強く、食品の水分活性が低いほど効果が大きくなると言われてます。

    アルコール揮散剤を利用する場合は、食品の水分活性や保存期間などを考慮して、必要な袋内アルコール蒸気濃度を保持できるように設計する必要があります。

    たまごパンの場合は、水分活性が高く、賞味期限も長いため、アルコール揮散剤の効果が十分に発揮されなかった可能性もあります。

    23/08/23 10:49


  • Inf_category_7  ロボット掃除機用バッテリー 発火の恐れで回収交換

    アンカー・ジャパンは、ロボット掃除機に搭載された一部のバッテリーに発火などの恐れがあるとして、回収と交換を実施すると発表しました。

    アンカー・ジャパンは、対象製品やバッテリーのシリアルナンバーをオンラインで入力することで、回収対象かどうかを確認できるようにしています。
    また、バッテリーのみの送付か本体ごと送付かを選択できるようにしています。

    これらの対応は、消費者の利便性や安心感を高めるために有効だと考えます。

    対象製品やバッテリーの使用中止や保管方法を強く呼びかけることや、広告やポスターなどで注意喚起することなど、継続的に消費者の安全を最優先に考えた対応が必要でしょう。

    23/08/23 10:16


  • Inf_category_4  アウディRS6アバント他オイルストレーナー不具合でリコール

    リコールの対象となる車種は、高性能なターボチャージャーを搭載したスポーツモデルであり、エンジンが停止するという不具合は、運転中に危険な状況に陥る可能性があります。

    メーカーは、オイルストレーナーのメッシュサイズを適切なものに変更することで、不具合を解消するとしています。

    一般的にオイルストレーナーとは、エンジンオイルのろ過器のことで、金属製のメッシュ状になっています。
    オイルポンプの吸入口に取り付けられており、エンジンオイル中の大きな異物を取り除く役割をしています。

    オイルストレーナーは、エンジンオイルの清浄分散作用を補助するもので、オイルフィルターとは異なり、定期的な交換は必要ありません。しかし、オイルストレーナーに不具合があると、エンジンに悪影響を及ぼす可能性があります。

    したがって、オイルストレーナーに不具合がある場合は、早急に修理や交換を行う必要があります。

    23/08/22 14:09


  • Inf_category_4  BMW i4 eDrive40 他 計2車種リコール

    リコールの対象となる車種は、電気自動車やハイブリッド車であり、高電圧バッテリーが重要な役割を果たしています。
    駆動力が喪失し惰性走行になるという不具合は、運転中に重大な事故につながる可能性があります。

    一般的にバッテリーセルモニターの役割は、バッテリーの各セルの電圧や温度を監視し、バランシング機能によって電圧のばらつきを均等化することです。
    バッテリーセルモニターは、バッテリーマネジメントシステムの重要な部分であり、バッテリーの容量や寿命、安全性に影響します。バッテリーセルモニターは、内部のADコンバーターやFETスイッチ、絶縁型通信インターフェースなどの回路で構成されます。

    メーカーは、原因究明と対策品の開発を急ぎ、対象車両の無償修理を実施する必要があります。

    23/08/22 14:01


  • Inf_category_104  ブレスレット商品 一部基準値超過の鉛

    ブレスレットに基準以上の鉛が検出されたら、人体に危険な影響が出る可能性があります。
    鉛は重金属であり、血液や神経系に悪影響を及ぼし、鉛中毒の症状が発生する危険があります。

    鉛は皮膚からも吸収されるため、ブレスレットと直接触れることで体内に入る可能性があります。
    また、ブレスレットを口に入れたりするとさらに吸収率が高まります。特に子供は鉛に対して敏感であり、少量でも重篤な影響を受けることがあります。

    したがって、ブレスレットに基準以上の鉛が含まれている場合は、消費者は速やかに使用を中止し、事業者に連絡することをお勧めします。

    事業者は原因究明と再発防止に努めるため、製品の鉛含有量を測定する方法や基準値を見直し、同様のミスが起こらないように改善策を講じることが必要でしょう。

    23/08/21 10:50


  • Inf_category_106  コンシーラー商品 一部誤った成分使用で自主回収

    コンシーラーとは、ファンデーションだけでは隠しきれない肌の色ムラやトラブルをカバーするための化粧品です。シミやクマ、ニキビ跡などを隠すことができる商品として使用されます。

    自主回収対象となったコンシーラー商品は、オイルフリーのクリームタイプで自然な仕上がりになるコンシーラーです。

    本来配合すべき成分はパルミチン酸という脂肪酸で、皮膚の保湿やバリア機能に関与する成分です。誤って使用された成分はカルナウバロウという植物性のワックスで、コスメや食品などに広く使われる安全性の高い成分です。

    事業者は原因究明と再発防止に努めるため、製造工程や品質管理体制を見直し、同様のミスが起こらないように改善策を講じることが必要と言えるでしょう。

    23/08/21 10:41


  • Inf_category_1  グラノーラ商品の一部小石混入の恐れで自主回収

    グラノーラ商品の一部小石混入の恐れで自主回収が実施されました。

    小石が混入する可能性がある原因としては、原料の選別や洗浄の不備、製造工程での換気や機械の破損などが考えられます。

    ローシュガー グラノーラ(アーモンド&ヘーゼルナッツ)は、イギリス産のオーガニックグラノーラで、オーツ麦やナッツ類を使用しています。原料の産地や品質、輸入時の検査状況などを確認する必要があります。

    事業者は、小石が混入した原因を究明し、消費者が安心して手にできるように、品質管理体制を見直し、安全性を確保する必要があると言えるでしょう。

    23/08/18 16:13


  • Inf_category_1  生鮮トリュフ 残留農薬基準超過で自主回収

    「生鮮トリュフ商品の一部において、「ディルドリン」が0.02ppm(基準値0.01ppm)検出されたため、自主回収が実施されました。

    ディルドリンとは、殺虫剤として製造された塩素化炭化水素の一種で、人体に対する毒性が強く、頭痛やめまい、肝・腎障害などの中毒症状を引き起こす可能性があります。日本では1981年に特定化学物質に指定され、すべての用途での製造・販売・使用が禁止されていいます。

    トリュフとは、地下に生息する子嚢菌の子実体で、食用として珍重され、世界で最大のキノコとトリュフの生産国は中国であり、イタリアは2番目に多く、日本では13位です。

    事業者は、生鮮トリュフにディルドリンが検出された原因を究明し、その結果を公表する必要があるでしょう。
    また、今後同様の事故が起きないように品質管理体制を見直し、安全性を確保する必要があります。

    23/08/18 16:00


  • Inf_category_6  LED付き卓上三面ミラー 発熱の恐れで自主回収

    リコールの原因は、LED付き卓上三面ミラーにおいて、発熱する可能性があるということです。発熱すると、火災や感電などの重大な事故につながる恐れがあります。

    発熱する原因は、製品の品質管理や安全性試験に不備があったためと考えられます。事業者は、製品の品質管理や安全性試験に十分な注意を払う必要があります。

    対象製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、事業者に連絡してください。また、リコール情報を定期的にチェックすることも大切です。

    23/08/17 13:44


  • Inf_category_6  自転車用タイヤ転倒の恐れでリコール

    ピレリジャパンが、自転車用タイヤにおいて、転倒するおそれがあるためリコールを発表しました。
    リコールの原因は、タイヤの空気圧が急速に減少することで自転車の制御を失い、転倒するおそれがあるということです。

    自転車は交通機関としてもレジャーとしても広く利用されており、タイヤの安全性は重要な要素です。事業者は、製品の品質管理や検査体制を強化する必要があるでしょう。

    タイヤの空気圧が急速に減少すると以下のような危険があります。
    - 操縦安定性が低下する。空気圧が低いとタイヤと路面との接地面積が広くなり、ハンドルの切れや制動性が悪くなる。
    - タイヤの寿命が短くなる。空気圧が低いとタイヤの偏摩耗や内部損傷が起こりやすくなる。
    - タイヤがバーストする可能性が高まる。空気圧が低いとタイヤが発熱して破裂したり、タイヤのサイド部分が切れたりしてパンクする危険性が高まる。
    - 雨天時などのスリップの危険が高まる。空気圧が低いとタイヤのグリップ力が低下し、濡れた路面や凍結した路面を走行した場合、スリップして事故を起こす可能性が高まる。

    23/08/17 13:33


  • Inf_category_1  ホットチリサルサドッグ 管理温度帯誤り

    管理温度帯誤りによる誤販売は、食中毒のリスクを高める可能性があります。

    特に、シャウエッセンホットチリ使用サルサドッグは、細菌の増殖を抑えるために10℃以下で保存する必要がある要冷蔵商品です。通常温度帯で陳列された場合、食品の中心部まで温度が上昇し、食中毒菌が増殖する恐れがあります。

    事業者は、食品の温度管理に十分な注意を払う必要があります。食品の加熱や冷却は、中心部まで適切な温度に達するように行うことが重要です。また、食品の受け入れ時や保管時にも温度を確認し、要冷蔵商品は10℃以下、要冷凍商品は-15℃以下で管理することが望ましいです。

    要冷蔵商品や要冷凍商品は、その旨を明示するとともに、保存方法や消費期限を正確に表示することが求められます。
    また、消費者に対しても、食品の取り扱い方や注意事項を分かりやすく伝えることが大切です。

    今回の誤販売では、幸いにも健康被害の報告はなかったとのことですが、事業者は再発防止に努める必要があるでしょう。

    23/08/16 14:22


  • Inf_category_106  美容乳液 ラベルに未記載の成分検出

    「顔用美容乳液 MAX SK-II スキンパワー エアリー」において、法定表示ラベルに記載されてない成分(フェノキシエタノール)が検出された為、自主回収が実施されました。

    フェノキシエタノールは、化粧品に菌などが繁殖しないように防腐剤として使用される成分です。
    法定表示ラベルに記載されていない成分が検出されたことは、ラベルを信頼して購入する消費者に不安を与える可能性があります。

    事業者は、原因究明や再発防止策の実施などを行い、安全性や品質管理体制の向上に努める必要があるでしょう。

    フェノキシエタノールは、一般的には低刺激の防腐剤成分とされていますが、敏感肌やアレルギー体質の人は肌荒れやかぶれなどの症状を引き起こす可能性があります。消費者は自分の肌質や体質に合わせて化粧品を選ぶことも大切と言えるでしょう。

    23/08/16 14:15


  • Inf_category_103  BRIEFING商品一部で生地の早期劣化や生地裏面ベタツキ

    BRIEFING商品 「DAY TRIPPERS COMBI (カラー:OLIVE)」は、2023年7月より販売されているバッグで、[公式サイト]によると、「耐久性に優れたナイロン素材を使用したコンパクトなデイパック」と紹介されています。

    この商品に使用されている生地には、早期の劣化や生地裏面のベタツキが生じる可能性があるという品質問題が発覚しました。生地の製造過程での不具合によるもので、使用環境や使用頻度に関係なく発生する可能性があると考えられます。

    生地が劣化することで、バッグの強度や防水性が低下し、中身が破損したり濡れたりする恐れがあります。
    生地裏面のベタツキは、衣服や肌に付着することで、汚れのトラブルを引き起こす可能性があります。

    消費者からのフィードバックや要望を積極的に受け入れて、商品開発やサービス改善に活かすことが必要と言えるでしょう。

    23/08/10 14:34


  • Inf_category_6  UC2 チェア 後脚の接合箇所が離れる恐れ

    チェアのリコールでは、対象製品の特定方法を消費者により分かりやすく公表すること大切です。

    リコールの原因となった不具合の発生メカニズムや発見経緯、今後の再発防止策などを公開することで、消費者の信頼回復に努める必要があるでしょう。

    一般的にチェアの後脚の接合箇所が離れると、次のような危険があります。

    - 使用者が座っているときに、後脚がフレームから外れてしまうと、椅子が不安定になり、バランスを崩して転倒する可能性があります。転倒すると、頭や背中などを強く打ったり、骨折や打撲などの怪我をしたりする恐れがあります。

    - 転倒した椅子が周囲の人や物に当たると、それらにも損傷や怪我を与える可能性があります。特に、小さな子供やペットなどが近くにいる場合は、重い椅子に押しつぶされたり、挟まれたりする危険があります。

    - 後脚が外れた椅子は、修理や交換をするまで使用できなくなります。そのため、使用者は不便や不快を感じるかもしれません。また、修理や交換には時間や費用がかかる場合があります。

    23/08/10 11:36


  • Inf_category_6  ソフトクーラーバッグ 開口部の磁石が外れる恐れ

    事業者は、自主回収の理由や範囲、対象製品の識別方法、回収方法や返金方法などの詳細を、消費者にわかりやすく説明することが重要でしょう。

    自主回収の原因や経緯を徹底的に分析し、再発防止策を講じることも必要です。開口部の磁石が外れるという欠陥は、製品の設計や製造過程で発生した可能性が高いと考えられるので、製品の品質管理体制を見直し、消費者の安全を最優先に考えた製品開発を行う必要があるでしょう。

    磁石の誤飲の危険性については、以下のようなことがあります。

    - 磁石を一つだけ誤飲した場合は、通常は自然に排泄されることが多いですが、稀に消化管に異物として留まってしまうことがあります。
    - 磁石を複数個誤飲した場合は、消化管の壁を挟んで磁石同士がくっつき合ってしまうことがあります。これにより、磁石の圧力で消化管の壁が傷ついたり、壊死したりして、穴が開いたり、腸閉塞になったりすることがあります。
    - 磁石と金属体を誤飲した場合も、同様に消化管の壁を挟んで磁石と金属体がくっつき合ってしまうことがあります。

    23/08/09 10:48


  • Inf_category_4  BMWアルピナ 計8車種 排気ガス再循環装置モジュール不具合

    アルピナ社は、BMWと密接な関係を持ちながらも独立した自動車メーカーで、BMWの車に独自のチューニングやデザインを施して販売しています。
    BMWアルピナ D5ターボは、BMWの5シリーズをベースにした高性能ディーゼルセダンとして知られています。

    今回のリコールは、火災の危険性があり、安全性の問題を抱えていると考えられます。事業者は、速やかに対策品の準備を進め、使用者に対して迅速かつ正確な情報提供と対策実施を行う必要があるでしょう。

    リコールの原因となった排気ガス再循環装置モジュールの設計や製造において、どのような不備や欠陥があったのかを徹底的に調査し公表することや、今後同様の不具合が発生しないよう品質管理や安全性評価の強化を図るなどの対応が大切であると言えます。

    23/08/09 10:32


  • Inf_category_7  コンパクトプレート 絶縁体劣化で微量電流が流れる恐れ

    デイリーコンパクトプレート(EX-AJ30型)は、象印マホービンが製造・販売している調理家電で、3種類のプレートを付属しており、鍋料理や焼き物、たこ焼きなどが楽しめる商品です。
    この商品において、長期間使用すると絶縁体が劣化し、ヒーターセットに微量の電流が流れる可能性があることが判明しました。

    絶縁体の劣化は、電気機器において起こりうる現象であり、その原因としては、設計ミス、経年劣化、作業中のミスなどが考えられます。

    絶縁体の劣化が進むと、漏電や感電、火災などの危険性が高まります。絶縁体の劣化を防ぐためには、適切な設計や点検、清掃などが必要です。

    再発防止策として以下のような対策が考えられます。
    - 設計段階での入念なチェックを行い、想定する電圧に耐えることができる適切な絶縁体を選定する。
    - 定期的に絶縁抵抗を測定し、絶縁性能の低下を早期に発見する。自動測定ができる絶縁抵抗監視装置を導入すると効果的である。
    - 機器の清掃や保守管理を行い、油や塵などの汚染物質を除去する。また、振動や衝撃などによる物理的損傷を防ぐ。

    23/08/08 11:03


  • Inf_category_6  芝刈機(歩行型)カムシャフト不具合でリコール

    芝刈機(歩行型)HRX537は、Hondaが製造・販売している自走式のロータリータイプの芝刈機です。
    この芝刈機は、庭や公園などの草刈りに使用される機械です。

    今回の芝刈機の不具合により、始動グリップが破損すると、操作者が手や指を怪我する可能性があります。また、始動グリップが破損した芝刈機は、正常に作動しないかもしれません。

    そのため、芝刈機の安全性と性能を確保するためには、無償修理を受けることが必要です。

    主に以下のような方が使用していると考えられます。
    ・芝生の管理や手入れにこだわる家庭や施設のオーナー
    ・芝生の美しさや健康を重視するランドスケープデザイナーやガーデナー
    ・芝生の面積が広く、作業効率や省力化を求める農家や事業者

    23/08/08 10:47


  • Inf_category_6  ダイビング用ジャケット 取付部品ひび割れで自主回収

    「ダイビング用ジャケット」は、ダイビング中に重要な役割を果たす商品です。そのため、この商品の回収は、消費者の安全を守るためにも必要な措置です。

    ダイビング用ジャケットにひび割れがあると、以下のような危険があります。

    ・ジャケットの浮力が低下することで、水中での姿勢やバランスが崩れる可能性があります。
    ・ジャケットの浮力が不足することで、水面での安定性や回復力が低下する可能性があります。
    ・ジャケットのひび割れが悪化することで、ジャケットが破裂する可能性があります。

    ジャケットのひび割れは、定期的な器材チェックで発見することができます。器材チェックでは、ジャケットの全体的な状態やホースやインフレータ周辺の異常も確認することが重要です。ひび割れがあるジャケットは、絶対に使用しないことが大事です。

    23/08/07 11:00


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.