• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 家電


注目情報
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
改修 小形キッチンユニ... 小形キッチンユニット用電気こんろ協議会 「電気こんろ」 改修 08/02/29 08/04/14
点検&修理 ヤンマー YANMAR 「家庭用生ごみ処理機」 点検&修理 08/03/05 08/04/14
回収&交換 パナソニック Panasonic 「デスクヒータ」 回収&交換 08/03/06 08/04/14
点検&修理 岩谷産業 Iwatani 「電子レンジ」 点検&修理 08/03/12 08/04/14
回収&返金 長瀬産業 NAGASE 「ポータブルDVDプレーヤー」 回収&返金 08/03/13 08/04/14
点検&交換 セラヴィ C'est La Vie 「オイルヒーター」 点検&交換 08/03/15 08/04/14
回収&交換 パナソニック電工... Panasonic 「エスコートライト(充電式携帯電灯)」 回収&交換 08/03/18 08/04/14
点検 バイ・デザイン bydsign Corporation 「42型プラズマテレビ」 点検 08/03/24 08/04/14
点検 ヤマハ YAMAHA 「スピーカー」 点検 08/03/25 08/04/14
回収 ドメティック Dometic 「ワインクーラー/小型冷蔵庫」 回収 08/04/08 08/04/14

ジャンル一覧 > 家電

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_7 自宅での食事が増える中、野菜不足を補うためスムージーをつくって毎日飲む人も多いのではないだろうか。子供の離乳食をつくる、調理ですりつぶすなど手軽に行いたいときブレンダーやミキサーがあれば便利だ。メーカーによって様々な機能の製品があり、自分の使い方に合ったものを選ぶことができる。それでも、製品品質や安全性は大丈夫か確かめて欲しい。以前に一部のブレンダー製品で、ブレードのプラスチック部に指定外の樹脂が使用されていたことが判明し、強度不足で調理中に樹脂部が破損する恐れがあることから、リコール(無償交換)が実施された。調理したものを家族が口にすることを考えると、安全のため自宅のブレンダーはリコール製品ではないか確認する必要がある。

    20/07/07 10:11:38


  • Inf_category_7 梅雨の時期、シャワーカーテンは湿度の高い浴室でカビが生えやすく悩みの種になりがちだ。カビへの対処として、もしシャワーカーテンを洗濯機で洗うなら、運転中の洗濯機が転倒する危険があることをご存じだろうか。NITEによると、防水性のあるシャワーカーテンを洗濯したところ、脱水時に異音が発生して洗濯機が転倒した事例が報告されている。脱水の際に、水を通さないシャワーカーテンが水を包んだような状態となり、回転する遠心力で、洗濯物に片寄りが発生し、異常振動を起こして洗濯機が転倒したと考えられる。製品の取扱説明書には「防水性のシートや衣類は転倒の恐れがあるので洗濯しない」との記載があったという。製品事故はリコールに限らないので、不慮の事故を起こさないようユーザー側が取扱説明書に十分注意を払うことも必要だ。

    20/06/26 11:32:06


  • Inf_category_7 ここ数日少し涼しい日もあるがこれからは暑さと湿気が気になる時期である。そうなるとストーブやヒーターといった暖房器具をしまうことになるだろう。暖房器具を片付ける前に、その製品はリコール対象ではないだろうか今一度確認してほしい。また次の冬に暖房器具を出すときにも新たにリコールが出ていないか確認するのを忘れないように注意したい。

    20/06/24 15:53:44


  • Inf_category_7 じめじめと嫌な梅雨の季節、湿度も温度も上がり、洗濯物は乾きにくく乾燥機の出番も増えてくる頃ではないだろうか。そんな季節でも洗濯乾燥機があると便利だが、使い方を誤ると大きな事故につながることもある。例えば、油分が付着したキッチンマットを洗濯し乾燥させ洗濯槽内に放置したため、マットに残っていた油分の酸化熱により温度が上昇して自然発火し、洗濯機内部が焼損する事故が発生している。また、ドラム式洗濯乾燥機の中には、運転中に本体内部の配線が断線して発煙発火事故を起こしリコール対象製品となった事例も報告されている。安全安心のため、製品の正しい使い方とリコール情報を確かめておくことが必要だ。

    20/06/19 10:21:30


  • Inf_category_7 エアコンはとても便利だが、日々のメンテナンスも重要である。室内機の掃除はこまめにするが、室外機まで気にしている方は少ないかもしれない。エアコンは室内機だけでなく、室外機も動いて初めて機能するのである。エアコンの故障や不調の原因は室外機なことも多く、案外簡単に治ることもあるのだ。もちろんリコールが出ている製品はメーカーの対応が必要となる。動作がおかしいと感じた場合はまずリコールが出ていないか確認し、出ていないのであれば室内機・室外機のチェックをしてみよう。

    20/06/18 15:30:22


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.