• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン

ID:42540
発表
2022/02/01
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

ヤマハ TRACER900 GT エンジン回転上昇下降できない恐れ


YAMAHA 「ヤマハ TRACER900 GT スロットルグリップ」

事業者:

ヤマハ発動機株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

ヤマハ TRACER900 GT

ジャンル: 自動車 > 二輪車 関連ワード:

重要なお知らせ: https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001461867.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
0120-133-120

・ヤマハ発動機販売 営業統括部 サービス部
北海道営業所サービス課:011-222-6151
東北営業所サービス課:022-772-7083
サービスセンター関東:048-449-6232
中部営業所サービス課:052-939-1785
サービスセンター西日本:06-6397-6171
九州営業所サービス課:092-411-3785

受付時間:10:00~12:30/13:30~18:00(土日祝、会社所定休日等除)
車両検索:http://www2.yamaha-motor.co.jp/recall/
対象
車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考
ヤマハ 8BL-RN70J 「TRACER900 GT」 RN70J-000301~RN70J-000906
令和3年3月9日~令和3年9月30日
563台 類別0020
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲) 令和3年3月9日~令和3年9月30日 (計563台)  
対処方法
全車両、スロットルグリップへ加わる力を軽減させるため、エンドグリップを対策品と交換する。また、スロットルグリップを点検し、亀裂が認められる場合は新品と交換する。
内容
「ヤマハ TRACER900 GT」のスロットルグリップに不具合があり、エンジン回転数の上昇・下降ができなくなる恐れがあるとして、国交省にリコールを届け出た。加速装置において、スロットルグリップの強度が不十分なため、車両を起こす際などに当該グリップを少し回転させた状態で外側方向へ引っ張ると、過大な力が加わり、亀裂が生じることがある。そのため、当該グリップを操作する時に引っ掛かり、最悪の場合、エンジン回転数の上昇・下降ができなくなるおそれがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
0120-133-120

・ヤマハ発動機販売 営業統括部 サービス部
北海道営業所サービス課:011-222-6151
東北営業所サービス課:022-772-7083
サービスセンター関東:048-449-6232
中部営業所サービス課:052-939-1785
サービスセンター西日本:06-6397-6171
九州営業所サービス課:092-411-3785

受付時間:10:00~12:30/13:30~18:00(土日祝、会社所定休日等除)
車両検索:http://www2.yamaha-motor.co.jp/recall/
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2022 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.