• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:26332
発表
2014/12/04
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

マツダ CX-5、アテンザ オイルフィルター不具合


MAZDA 「CX-5、アテンザ 改善対策」

事業者:

マツダ株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

CX-5、アテンザ

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www2.mazda.co.jp/service/recall/ima/20141202106/
http://www.mlit.go.jp/common/001062605.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
マツダコールセンター

0120-386-919

受付時間:平9:00~17:00、土日祝9:00~12:00/13:00~17:00


対象
車名 型式 通称名 対象車の車台番号の範囲 対象台数 備考
マツダ LDA-KE2AW CX-5 KE2AW-100017~KE2AW-121532 20,840 (1)(2)
(3)(4)
LDA-KE2FW KE2FW-100013~KE2FW-126340 25,733 (1)(2)
(3)(4)
LDA-GJ2FP アテンザ GJ2FP-100015~GJ2FP-107523 7,402 (1)(3)
(4)
LDA-GJ2FW GJ2FW-100012~GJ2FW-108030 7,672 (1)(3)
(4)
  計4型式 計2車種 製作期間の全体の範囲:2012/02/13~2013/09/27 計61,647台  

※対象車の車台番号の範囲には対象とならない車両も含まれるため、詳細は最寄りの販売店に問い合せ
※対象車の製作期間は購入時期とは異なる
対処方法
(1)エンジンオイルをフラッシングし、オイルフィルターを対策品に交換するとともにエンジンフードに純正外のオイルフィルターを使用しない旨の注意ラベルを貼付
(2) エンジン内部での金属粉の発生を抑制するため、燃焼改善プログラムが入っていない車両は、エンジン制御コンピュータのプログラムを書き換える
(3)バキュームポンプを点検し、負圧生成能力の低下が認められるものは、バキュームポンプを新品に交換
※部品の準備に時間を要すため、負圧生成能力の低下が軽微なものは、部品の準備が整い次第、後日交換
(4)ターボチャージャーを点検し、加速不良及びターボチャージャーからの異音等の異常が認められるものは、ターボチャージャーを新品に交換
内容
「CX-5」「アテンザ」のオイルフィルターに不具合があり、一時的なブレーキアシスト力の低下や加速不良などが発生する恐れがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。ディーゼルエンジン用のオイルフィルターで、リリーフバルブの開弁圧が不適切なため、エンジン内部で発生する金属粉がオイルフィルターで捕捉されないことがある。そのため、バキュームポンプに金属粉が侵入し軸が摩耗した場合、負圧生成能力が低下し、エンジン低回転時にブレーキペダルを短時間に複数回踏むと、一時的にブレーキアシスト力が低下する恐れがある。また、ターボチャージャーに金属粉が侵入し軸が摩耗した場合、加速力の低下及び異音が発生する恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
マツダコールセンター

0120-386-919

受付時間:平9:00~17:00、土日祝9:00~12:00/13:00~17:00


サイト内関連記事
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.