• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 食品


注目情報
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
回収&返金 スーパーアルプス... 牛肉入りコロッケ 一部アレルゲン(卵,牛肉)表示欠落 NEW 24/05/23 24/05/23
回収&返金 芳野商店 身土不二納豆福岡自慢 一部賞味期限誤表示 NEW 24/05/23 24/05/23
回収&返金 大近フーズ きざみ揚げうどん 一部期限表示に間違い NEW 24/05/23 24/05/23
回収&返金 キャメル珈琲 黒糖みつ付きコーヒーゼリーギフト 一部賞味期限未記載 NEW 24/05/22 24/05/23
回収&返金 ブラウンエッグフ... ダブルシュー他 計3品目 一部消費期限誤表示 NEW 24/05/22 24/05/23
回収&返金 社会福祉法人SK... 多摩川梨ジャム 一部異物混入(ガラス破片)の恐れ NEW 24/05/22 24/05/23
回収 山本商店 SHOXグルメサワー 一部添加物規格基準逸脱 NEW 24/05/22 24/05/23
回収&返金 C-United... チョコレートブラウニー 一部原材料名,アレルギー誤表示 NEW 24/05/22 24/05/22
回収&返金 スーパーアルプス... キャベツメンチ 一部ラベル誤貼付でアレルギー表示欠落 NEW 24/05/22 24/05/22
回収&返金 (株)ヨークベニ... フランクフルトソーセージ 一部ラベル誤貼付でアレルゲン表示欠落 NEW 24/05/21 24/05/22

±2.5watch

  • Inf_category_1 ラベルの誤貼付は、主に人的ミス、プロセスの不備、または確認作業の不足によるものと考えられます。

    食品工場でのラベル誤表示を防ぐためには、似た製品のラベルを異なる時間帯に貼る、ラベル確認者を定期的に交代させる、指さし呼称を徹底するなどの対策が有効と考えられます。

    アレルゲン表示の欠落は、アレルギーを持つ消費者にとって重大な健康リスクをもたらす可能性があります。

    事業者は、アレルゲン管理の徹底と教育の強化、ラベル貼付けプロセスの見直しが必要と言えるでしょう。

    今回の事案では、幸いにも健康被害の報告はありませんが、今後同様の事故を防ぐためにも、事業者はアレルゲン管理とラベル表示の正確性を確保することが重要です。

    24/05/23 09:28:51


  • Inf_category_1 顧客の安全を最優先に考え、迅速な情報提供と対応が求められます。事業者は、リコール情報を積極的に公表し、消費者への周知を徹底することが重要です。

    また、品質管理体制の見直しと強化を行い、信頼回復に努めることも求められます。

    ソースの膨張による液漏れは、商品の品質に問題があることを示しています。液漏れが発生すると、食品を扱う際に不便や汚れが生じる可能性があります。

    これまで健康被害の報告はないとのことですが、引き続き注意が必要です。

    安全な食品を提供するために、このようなリコール情報は常に最新の状態を確認し、適切に対応することが求められます。

    24/05/22 10:16:24


  • Inf_category_1 顧客の安全を最優先に考え、迅速な情報提供と対応が求められます。また製品の回収に加えて、原因の徹底的な調査と再発防止策の策定が必要です。

    事業者は、回収対象商品を明確にし、購入者への周知を徹底することや、回収プロセスを簡素化し、顧客が容易に対応できるようにすることも必要となります。

    また、品質管理体制の見直しと強化を行い、信頼回復に努めることも望まれます。

    今後も安全性を確保するためには、事業者は品質管理体制をさらに強化し、消費者は購入した製品に注意を払い、異常があればすぐに報告することが重要です。

    24/05/22 09:56:57


  • Inf_category_1 原料のタコの「カラストンビ(タコの口(くち))」が混入した商品を喫食した場合、口内を怪我する可能性があります。これまで健康被害の報告はないものの、注意が必要です。

    カラストンビは、タコやイカの口にある部分で、上下の顎に相当します。外から見える部分は黒色で、奥へ行くにしたがって色が薄くなります。キチン質からなる硬い組織です。

    事業者は、万全を期して、同一の原材料を使用した対象商品を自主回収することは適切な対応です。喫食された場合のリスクを最小限に抑えることになります。

    事業者は、品質管理体制の強化や情報提供の改善を通じて、再発防止に努めることが望まれます。消費者は、対象商品を持っている場合は返品手続きを行い、注意喚起に従って行動することが大切です。

    24/05/21 10:21:17


  • Inf_category_1 フードカッターのナットが混入した餃子を消費することで、歯が欠ける可能性があります。また、高齢者や小さなお子様が誤って飲み込むと、喉を詰まらせる危険があります。

    消費者は購入した餃子のパッケージを確認し、対象の製品であれば直ちに消費を中止し、販売店に返品する必要があります。

    事業者は、製造工程における品質管理を徹底し、異物混入のリスクを最小限に抑えるための対策を講じる必要があります。

    消費者の安全と信頼に影響を与える事案において、事業者は、製品の安全性を確保し、再発防止に向けた具体的な行動を取ることで信頼回復に努めることが望まれます。

    また、消費者は、購入した食品に注意を払い、異常があればすぐに報告することが大切です。この事案を通じて、食品安全に対する意識が一層高まることを期待します。

    24/05/21 10:13:27


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.