• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:36632
発表
2019/01/21
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

ヤマハ 二輪2車種 加速不良となる恐れ


YAMAHA 「2車種 サービスキャンペーン」

事業者:

ヤマハ発動機株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

XP530SA TMAX,XP530DA TMAX

ジャンル: 自動車 > 二輪車 関連ワード:

重要なお知らせ: https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/campaign/2019-01/in...
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
0120-133-120

・ヤマハ発動機販売 営業統括部 アフターセールス部
サービスセンター東日本 札幌:011-222-6151
サービスセンター東日本 仙台:022-772-7083
サービスセンター東日本:048-449-6232
サービスセンター西日本 名古屋:052-939-1785
サービスセンター西日本:06-6397-6171
サービスセンター西日本 福岡:092-411-3785

受付時間:10:00~12:30/13:30~18:00(土日祝、会社所定休日等除)
車両検索:https://www2.yamaha-motor.co.jp/Recall/Mc/
対象
車名 型式 通称名 車台番号(シリアル番号)の範囲 対象台数
ヤマハ 2BL-SJ15J XP530SA TMAX SJ15J-000007~SJ15J-000896 110台
XP530DA TMAX SJ15J-000017~SJ15J-000914 777台
      製作期間の全体の範囲:2017/03/02~2018/09/05 計887台

※上記範囲内には、対象とならない車両も含まれる
対処方法
・セカンダリシーブ(固定側及び可動側)を対策品に交換
・当該シーブの交換に伴い変速特性が変わることから、プライマリシーブを対策品に交換し、変速特性を修正
内容
「XP530SA TMAX」「XP530DA TMAX」について、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。変速ベルト駆動用セカンダリシーブ(固定側及び可動側)の表面処理が不適切なため、エンジン回転時に当該ベルトとセカンダリシーブの接触部が摩耗し、接触部の摩擦力が低下することがある。そのため、当該接触部に埃が付着すると、瞬間的にベルトが滑り、加速不良となる恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
0120-133-120

・ヤマハ発動機販売 営業統括部 アフターセールス部
サービスセンター東日本 札幌:011-222-6151
サービスセンター東日本 仙台:022-772-7083
サービスセンター東日本:048-449-6232
サービスセンター西日本 名古屋:052-939-1785
サービスセンター西日本:06-6397-6171
サービスセンター西日本 福岡:092-411-3785

受付時間:10:00~12:30/13:30~18:00(土日祝、会社所定休日等除)
車両検索:https://www2.yamaha-motor.co.jp/Recall/Mc/
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2019 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.