• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:27467
発表
2015/05/21
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

いすゞ フォワード 走行中エンジン停止の恐れ


ISUZU 「フォワード 電気装置(バッテリケーブル)」

事業者:

いすゞ自動車株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

フォワード

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.isuzu.co.jp/recall/l129900.html
http://www.mlit.go.jp/common/001090165.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
いすゞ自動車 お客様相談センター

0120-119-113

受付時間:9:00~17:00(土日祝、会社指定休日除)


車両検索:http://www.isuzu.co.jp/recall/index.html
対象
車名 型式 通称名 対象車の含まれる範囲(車台番号) 対象台数
いすゞ PDG-FRR34S2
PDG-FRR34T2
フォワード FRR34-7000009~FRR34-7008395 8,283
PKG-FRR90S1
PKG-FRR90S2
PKG-FRR90T2
SKG-FRR90S1
SKG-FRR90S2
SKG-FRR90T2
TKG-FRR90S1
TKG-FRR90S2
TKG-FRR90T2
FRR90-7000038~FRR90-7075456 71,359
PDG-FRS90S1
PDG-FRS90S2
PKG-FRS90S2
SDG-FRS90S1
SDG-FRS90S2
SKG-FRS90S2
FRS90-7000005~FRS90-7000401 393
PKG-FSR34S2
PKG-FSR34T2
SKG-FSR34S2
SKG-FSR34T2
TKG-FSR34S2
TKG-FSR34T2
FSR34-7000013~FSR34-7002095 2,059
PKG-FSR90S2
PKG-FSR90T2
SKG-FSR90S2
SKG-FSR90T2
SPG-FSR90S2
SPG-FSR90T2
FSR90-7000011~FSR90-7004336 4,242
PDG-FSS90S1
PDG-FSS90S2
PKG-FSS90S2
SDG-FSS90S1
SDG-FSS90S2
SKG-FSS90S2
FSS90-7000008~FSS90-7000678 661
PDG-FTR34S2
PDG-FTR34T2
LDG-FTR34S2
LDG-FTR34T2
LKG-FTR34S2
LKG-FTR34T2
QKG-FTR34S2
QKG-FTR34T2
FTR34-7000013~FTR34-7005358 5,309
LKG-FTR90S2
LKG-FTR90T2
FTR90-7000011~FTR90-7003820 3,673
PDG-FTS34S2
LDG-FTS34S2
LKG-FTS34S2
QKG-FTS34S2
FTS34-7000005~FTS34-7000192 184
PDG-FVR34U2
LKG-FVR34U2
QKG-FVR34U2
FVR34-7000012~FVR34-7000654 632
PDG-FVZ34U2
LDG-FVZ34U2
LKG-FVZ34U2
QDG-FVZ34U2
QKG-FVZ34U2
FVZ34-7000008~FVZ34-7001534 1,495
PDG-GSR34S2 GSR34-7000004~GSR34-7000035 31
SDG-GSR90S2 GSR90-7000002~GSR90-7000057 56
  計59型式 計1車種 製作期間の全体の範囲:2007/04/27~2014/12/22 計98,377台

※上記車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる
※対象車の製作期間は購入時期とは異なる
対処方法
バッテリケーブルの中間分岐を廃止し、車両電源ハーネスを追加
※部品の全数供給に時間を要するため、当面の措置として、一部車型についてバッテリケーブル中間分岐部を点検し、樹脂ケースに亀裂が発生している場合は車両電源ハーネスを追加し、問題のない場合は後日対策
内容
「フォワード」のバッテリケーブルに不具合があり、走行中にエンジン停止・再始動不能となる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。バッテリケーブル中間分岐部の防水性が不足しているため、分岐部内部に水が浸入し、内部の端子が腐食することがある。そのまま使用を続けると、腐食が進行し、最悪の場合、端子が折損してバッテリ電源が断たれ、走行中エンジンが停止し再始動できなくなる恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
いすゞ自動車 お客様相談センター

0120-119-113

受付時間:9:00~17:00(土日祝、会社指定休日除)


車両検索:http://www.isuzu.co.jp/recall/index.html
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.