• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 日用品


注目情報
リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
回収&返金 花王 ケイト ザ アイカラー(マーブルインク) 一部アルミ片混入の恐れ 24/04/11 24/04/12
回収 アールエスタイチ... スマートエアーグローブ 一部プリント密着弱い製品混在 24/04/10 24/04/11
回収&交換 Thule Gr... Thule AB チャイルドシート Thule RideAlong 化学的危険性 24/04/04 24/04/10
回収 シンコー・サイエ... スパッシュ カビ発生の恐れ 24/04/08 24/04/10
回収 廣昌堂 ユトラジェル99 白い濁り 24/04/08 24/04/10
回収 ラッシュジャパン... ワイルドバイオレット コーミングル 異なる原材料使用 24/04/03 24/04/10
回収&交換 日本マクドナルド... ハッピーセットのおもちゃ(ドラえもんとチューバのふえ) 24/03/29 24/04/04
回収 フロンティア ハンガリー産羽毛布団 90/10 SL 滅菌処理していない原料混入 24/03/13 24/03/22
回収&返金 msh エーメイク グリッタースティック ピンクベージュ 一部未配合成分表示 コメントあり 24/03/15 24/03/18
回収&交換 モチヅキ ポットハンドル 外れてやけどに至る恐れ コメントあり 24/02/26 24/03/14

±2.5watch

  • Inf_category_6 「Thule RideAlong」のチャイルドシートにおいて、ハーネスパッド部分に防炎剤DecaBDEが含まれている可能性があり、化学的危険性を伴う可能性があるため、ハーネスパッド部分の回収と無償交換が実施されています。

    こ防炎剤DecaBDEは環境への悪影響が指摘されており、ハーネスパッド部分に含まれている場合、長時間の接触により健康へのリスクが生じる可能性があります。

    事業者は消費者に対してリコールの詳細と対応方法を適切に伝えることが重要です。

    DecaBDE(デカブロモジフェニルエーテル)は、難燃剤として広く使用されている化学物質で、特にプラスチック、繊維製品、接着剤、シール材、およびインクなどに利用されています。この物質は環境で分解されにくく、生物蓄積性も高いため、環境汚染や健康被害の要因として懸念されており、規制の動きが世界的に高まっています。

    24/04/10 16:40:17


  • Inf_category_6 日本マクドナルドは、ハッピーセットで展開中の「ドラえもん」おもちゃを自主回収することを発表しました。
    自主回収対象のおもちゃは「ドラえもんとチューバのふえ」で、第1弾の4種類のうちのひとつです。

    同社は回収理由として、「おもちゃに使用しているパーツの一部が外れる不具合が確認された」と説明しています。該当製品を4月5日(金)AM5:00以降に、店舗に持っていくと、「ハッピーセット無料引換券」を提供していただけます。

    現時点では消費者からの健康被害の申し出はないとのことですが、外れたパーツがお子様の口に入る可能性があるため、安全性に万全を期すために自主回収を実施していると呼びかけています。

    24/04/04 09:44:55


  • Inf_category_6 この事案は、ハンドルの固定が緩くなる、またはハンドルが外れるという問題に関連しています。

    使用中にハンドルが外れると、熱湯や他の内容物がこぼれ、やけどを引き起こす可能性があります。

    これは特にキャンプや登山などのアウトドア活動中にリスクをもたらす可能性があります。

    事業者は、製品の設計と製造プロセスにおいて、安全性を最優先に考慮することが重要と言えます。

    今後は、より厳格な品質管理とテストを実施し、同様の問題が再発しないようにすることが望まれます。

    24/03/15 09:33:04


  • Inf_category_6 含有されている除菌剤が法律に定められた規定量を超えているという事実は、直ちに人体に影響を及ぼすものではないとされていますが、法規制を超える化学物質の使用による信頼性の低下など、消費者にとって不安を与える要因となり得ます。

    法律に定められた規定量を超える除菌剤が含まれていることを公表し、消費者が安全に対処できるようにすることが大切です。

    また、今回の問題を受けて、どのような再発防止策を講じるかを明確にすることが望まれます。

    24/03/12 17:26:22


  • Inf_category_6 このような表示の誤りは、消費者が製品を安全に使用する上で重要な情報を欠くことになり、特にIHクッキングヒーターの使用不可という情報の欠如は、使用時の安全性に直接影響を及ぼす可能性があります。

    そのため、事業者は迅速かつ効果的な対応を取る必要があります。

    今後は表示内容の正確性を保証するための内部プロセスを見直し、改善することが望まれます。

    また、品質管理体制を一層強化し、製品の安全性と表示内容の正確性を確保することも大切です。

    24/03/06 13:56:38


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.