• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:35355
発表
2018/06/28
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

ホンダ ベンリィ2車種 走行中エンストする恐れ


五羊-本田摩托(広州)有限公司 「2車種 改善対策」

事業者:

五羊-本田摩托(広州)有限公司

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

ベンリィ110、ベンリィ110プロ

ジャンル: 自動車 > 二輪車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.honda.co.jp/recall/motor/info/180628_543.html
http://www.mlit.go.jp/common/001239966.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
本田技研工業 お客様相談センター

0120-086-819

受付時間:9:00~12:00/13:00~17:00


車両検索(二輪):http://recallsearch4.honda.co.jp/sqs/r201/R20101.do?fn=link.disp
対象
車名 型式 通称名 車台番号の範囲 対象台数
ホンダ 2BJ-JA09 ベンリィ110
ベンリィ110プロ
JA09-1200019~JA09-1200546 491
  計1型式 計2車種 製作期間の全体の範囲:2017/09/14~2017/12/11 計491台

※上記範囲の一部には、対象でない車両も含まれる
対処方法
・燃料タンクを対策品に交換するとともに、キャニスタを新品と交換
・燃料タンクの交換に伴い、シート、ポンプカバー、ドレンチューブを形状変更品と交換
内容
「ベンリィ110」「ベンリィ110プロ」の燃料装置(燃料タンク)に不具合があり、走行中にエンストする恐れがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。燃料タンクで、燃料蒸発ガス排出抑止装置(キャニスタ)につながるセパレータの位置が不適切なため、燃料満タン時に発進を繰り返すなど燃料タンク内で燃料の液面が揺れた際に、当該セパレーターからキャニスタに燃料が流入することがある。そのまま使用を続けると、燃焼室内に過濃な混合気が吸入され、エンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンストする恐れがある。これまでに不具合が8件、事故はない。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
本田技研工業 お客様相談センター

0120-086-819

受付時間:9:00~12:00/13:00~17:00


車両検索(二輪):http://recallsearch4.honda.co.jp/sqs/r201/R20101.do?fn=link.disp
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2018 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.