• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:12115
発表
2010/03/04
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

回収

「新ポリグリップEX」回収 神経症状引き起こす恐れ


gsk 「新ポリグリップEX」 回収

事業者:

グラクソ・スミスクライン株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

新ポリグリップEX

ジャンル: 医療機器日用品 関連ワード:

重要なお知らせ: http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2010_01/P1000618.ht...
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
「新ポリグリップEX」お客様相談窓口
0120-239-912
受付時間 9:00~17:00
対象
新ポリグリップEX(正式名称:新ポリグリップTR) 40g、75g
チューブとパッケージは銀色地に赤いラインが入っており、白抜き文字で「新ポリグリップEX」と製品名が表記
製造販売元:グラクソ・スミスクライン(株)
発売元:アース製薬(株)
対象地域及び販売場所:全国の大手量販店、ドラッグストア、スーパーマーケットなど

※「新ポリグリップ無添加」「新ポリグリップS」「ポリグリップパウダー無添加」「ポリデント入れ歯安定剤」は亜鉛を使用しおらず、今後も継続販売。今後これらの製品には亜鉛を含んでいない旨をパッケージに表記
対処方法
販売中止・店頭から回収
内容
グラクソ・スミスクライン(株)は、亜鉛を含有する入れ歯安定剤「新ポリグリップEX」の販売中止と店頭からの回収を発表した。
「新ポリグリップEX」は粘着性を高める目的で亜鉛を含有している。亜鉛は人体に必要な栄養素であるが、長年にわたり過剰に亜鉛含有入れ歯安定剤を使用すると、亜鉛の過剰摂取による貧血や神経症状を引き起こすことが最近の文献で報告されている。なお、製品の添付文書に記載されている「使用方法及び使用上の注意」にしたがって適正に使用すれば、製品自体の安全性に問題はないとのこと。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
「新ポリグリップEX」お客様相談窓口
0120-239-912
受付時間 9:00~17:00
サイト内関連記事
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.