• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ジャンル一覧 > 住宅・住宅設備

このジャンルの検索 サブジャンル:ガス石油機器

リコールプラスが謝礼金をお支払いします
※謝礼金キャンペーンはメーカーとは関係ありません
  • 点検&修理

    5,000円

    受付No.4

    「ベルテクノ」及び「イズミ」ブランド洗面化粧台のミラーキャビネットで、使用環境や長年の使用により、照明スイッチ部分でトラッキング現象4件(内焼損現象2件)が確認されたため、修理等の安全対策を実施中。

    株式会社ベルキッチン

リコール情報一覧
種別 事業者 タイトル 発表 掲載
点検&修理 日立アプライアン... 日立業務用空気清浄ユニット3機種 発煙・発火の恐れ 14/04/30 14/05/01
点検&修理 ダイキン工業 ダイキン 業務用空気清浄ユニット10機種に不具合 14/04/30 14/05/01
点検&修理 パナソニックアプ... ナショナル 業務用空気清浄ユニット4機種に不具合 14/04/30 14/05/01
改修 ニッタン ニッタン ガス消火設備手動起動装置一部に不具合 14/04/08 14/04/09
点検 ユニチカ設備技術... UPEC 耐火スクリーン一部 施工不良の疑い 14/03/31 14/04/01
点検&部品交換 ユニチカ設備技術... UPEC 耐火スクリーン一部 自動閉鎖装置不良の恐れ 14/03/31 14/04/01
点検&修理 ユニチカ設備技術... UPEC 耐火スクリーン一部 降下不良や破れ発生の恐れ 14/03/31 14/04/01
点検&修理 リンナイ 点検対象のリンナイビルトイン食洗機 今一度確認を 14/03/22 14/03/24
回収&交換 大阪ガス 大阪ガス ガス機器用ホース一部 ガス漏れの恐れ 14/01/24 14/01/24
回収 出光興産 出光 沖縄のSS1店舗で灯油品質異常 14/01/18 14/01/21

ジャンル一覧 > 住宅・住宅設備

From Myanmar

±2.5watch

  • Inf_category_5 換気扇は、部屋の空気の入れ替えを行うだけではなく、カビ予防にもなるので、使用頻度の高い家電だ。しかしながら自宅の換気扇がどんな状態か、年に一度の大掃除の時くらいしか見ない、という家庭も多いのではないだろうか。先日、リコール実施中の「住宅用集中換気システム」で、本体とその周辺を焼損する火災発生が報じられた。このタイプの換気扇は、天井裏に取り付けた換気ユニットとダクトで家全体の換気を行うシステムなので、住んでいる人が、本体を目にするという機会はほぼないであろう。実のところ今回の火災は、火災報知機が鳴ってはじめて異常に気付いたという。自宅で「住宅用集中換気システム」を使用中ならば、住宅メーカーに連絡するなどしてリコール対象でないかどうか確かめる必要がある。

    18/07/30 16:45:40


  • Inf_category_5 温水洗浄便座は多くの家庭に普及している製品だ。日常の使用で普通に使用できたとしても、長年の使用や、一部分が故障したままの使用を続けていると、発煙発火の恐れがある。日本レストルーム工業会は、温水洗浄便座を安全に使う際のポイントをまとめているので参考にしたい。①まず自分で安全チェックをおこなう「便座のゴム足が外れてないか、ガタツキがないか」など ②異常があれば販売店、工事店またはメーカーにすぐに連絡する ③長期間使用している製品の場合はメーカーの点検と買い替えを行う 温水洗浄便座の中には、長期間の使用により発煙、発火事故に至るリコール製品もあるので、該当製品でないかどうかも確認して、安全に使用する必要がある。

    18/05/11 17:15:33


  • Inf_category_5 食器洗い乾燥機は、使用後の食器類をセットするだけで、洗い・すすぎ・脱水・乾燥までしてくれるので、食後の片づけが苦にならず、便利な家電製品だ。食後の団らんの時間をゆったりしたいなどの理由で取り付ける家庭も多いようだ。しかし、安全な使用方法を確かめないと思わぬ事故になることがある。例えば、プラスチックの箸箱を食器洗い乾燥機の洗浄カゴに入れて洗浄したところ、発煙に至った事故が報じられている。洗浄時の水流に飛ばされた箸箱が、乾燥機内部のヒーターの上に落ちて加熱されたことが原因であった。軽くて小さいプラスチック類は、「小物用ポケット」に入れて洗うのが正しい使用方法だ。事故はリコール製品で起きるとは限らないので、取扱説明書の指示に従って安全に使用する必要がある。

    18/05/08 10:11:23


  • Inf_category_5 リンナイが製造した「浴室暖房乾燥機」の一部機種で、焼損に至る恐れがあるためリコール(無償点検・部品交換)が報じられた。浴室に温風を送るためのファンモーター内部の電子基板に水が付着すると、発火する恐れがあるという。人的被害には至らなかったものの同機器を焼損する事故が3件発生しているとのことで、危険性は高い。「浴室暖房乾燥機」は、冬場のヒートショック(急激な気温の変化による血圧の急上昇)を防いだり、衣類乾燥としても普段から利用するケースもあるようだ。リコール対象かどうかはリモコン機器に記載の型番で確かめることができるので、まずは自宅の製品が該当していないかチェックすることを強くお勧めする。

    18/03/01 10:57:18


  • Inf_category_5 NITEの報告事例によると、就寝中、一酸化炭素中毒で1人が死亡したとのこと。(平成21年12月 福井県)石油ストーブを閉め切った寝室で長時間使用したため、酸素が不足して不完全燃焼がおきて一酸化炭素中毒になったものという。日頃から製品リコール有無の確認と、一酸化炭素は、無色・無臭のため気がつきにくいので取扱説明書の注記を正しく守って、大事に至らないよう安全な使用方法を実施することは大切だ。

    17/11/20 09:22:31


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2018 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.