• facebook sharing   twitter sharing   LINE sharing
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:49827
発表
2024/06/21
コメントあり
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る  

リコール

ジープ グランドチェロキーL他 2車種 事故に至るおそれ


STELLANTIS 「ジープ グランドチェロキーL他 2車種 フロントサスペンションボルト」

事業者:

Stellantis ジャパン株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

ジープ グランドチェロキーL他 2車種

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001749487.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
ジープフリーコール

0120-712-812

受付時間:9:00~21:00(無休)


対象
車         名 型              式 通     称     名 リコール対象車の車台番号( シリアル番号)
の    範    囲    及    び    輸    入    期    間
リコール対象車  の  台  数
ジープ 3LA-WL20 「グランドチェロキー」 1C4RJYK60P8765189~1C4RJYK6XP8824023
令和 04 年 12 月 26 日~令和 06 年 03 月 04 日
136 台
ジープ 3LA-WL20A 「グランドチェロキー」 1C4RJYN60P8725853~1C4RJYN6XP8868177
令和 04 年 12 月 05 日~令和 06 年 03 月 04 日
237 台
ジープ 7BA-WL20 「グランドチェロキー」 1C4PJHKN0N8638776~1C4PJHKNXP8863581
令和 04 年 06 月 26 日~令和 05 年 12 月 19 日
822 台
ジープ 7BA-WL36L 「グランド チェロキーL」 1C4RJKJG0N8522132~1C4RJKKGXP8893011
令和 03 年 11 月 30 日~令和 06 年 03 月 04 日
1,337 台
ジープ 7BA-WL36LA 「グランド チェロキーL」 1C4RJKNG0M8176365~1C4RJKNGXP8874650
令和 03 年 10 月 22 日~令和 05 年 12 月 19 日
667 台
ジープ 7LA-WL20A 「グランドチェロキー」 1C4RJYN64N8500901
令和 04 年 01 月 05 日
1 台
  (6 型式) (2 車種) (   輸   入   期   間   の   全   体   の   範   囲   )令和 03 年 10 月 22 日~令和06 年03 月04 日 (計3,200 台)
対処方法
全車両、フロントサスペンション(左右)の当該ボルトを新品に交換する。
内容
「ジープ グランドチェロキーL他 2車種」のフロントサスペンションボルトに不具合があり、事故に至るおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。フロントサスペンションにおいて、アッパーコントロールアームとナックルを組付けているボルトの締付作業が不適切なため、ボルトに傷がついているものがある。このため、ボルトが折損し、前輪を適切に保持できず、最悪の場合、車両の走行安定性を損なって事故に至るおそれがある。(リコールプラス編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
ジープフリーコール

0120-712-812

受付時間:9:00~21:00(無休)


よく見られているリコール情報
コメント

  • グランドチェロキーL他 フロントサスペンションボルト不具合でリコール

    フロントサスペンションボルトの不具合は、走行中の安定性に直接影響を及ぼす重大な問題です。ボルトが折損すると、前輪が適切に保持されなくなり、車両の制御が効かなくなる可能性があります。これは、運転手や同乗者だけでなく、他の道路利用者にとっても大きな危険をもたらすため、非常に深刻な安全上の懸念事項です。

    事業者は、事故に至るおそれがあるという事実を踏まえ、迅速かつ透明性を持ってリコール情報を公開し、消費者に対して速やかな対処を促すことが重要です。また、締付作業の不適切さが原因であることから、製造プロセスにおける品質管理体制の徹底した見直しと改善が必要です。

    今後同様の問題が発生しないよう、再発防止策を公表し、その実施状況を定期的に報告することで、消費者の信頼を得ることができます。

    安全運転はもちろんのこと、リコール情報には常に注意を払い、迅速に行動することが重要です。

    R+編集者:C

    24/06/26 17:05


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2024 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.