• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:36020
発表
2018/10/05
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

クボタ トラクタ7車種 アウタールーフに不具合


Kubota 「M7シリーズトラクタ7車種 車体(アウタールーフ)」

事業者:

株式会社クボタ

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

M7シリーズトラクタ7車種

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: https://www.kubota.co.jp/kubotainfo/index125.html
http://www.mlit.go.jp/common/001256568.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
クボタ 機械品質保証第一部

072-241-1224


対象
車名 型式 通称名 車台番号(シリアル番号)の範囲 対象台数
   計5型式 計7車種 製作期間の全体の範囲:2015/07/28~2017/02/28 計179台
クボタ M7131 M7131 50001~50015 15
M7151 M7151 50001~50039 39
M7171 M7171 50002~50046 45
YDR-M7001 M7-131 M7001-10001~M7001-10030 15
M7-151 M7001-20001~M7001-20086
M7001-50001~M7001-50029
40
M7-171 M7001-30001~M7001-30018
M7001-60002~M7001-60047
24
不明 M7-171 M7001-60001 1
対処方法
・アウタールーフ水抜き穴へグロメットを追加し、エアコンブロアモータハーネスがキャビン床下に接触しないように固定
・エアコンブロアモータハーネスのコネクタ部端子を点検し、炭化痕もしくは腐食痕がある場合は、ハーネスを補修
内容
トラクタ7車種の車体(アウタールーフ)に不具合があり、火災に至る恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。農耕トラクタのアウタールーフで、成形時に樹脂間の溶着が不十分なため、水抜き穴加工の際に、溶着部に亀裂が入ることがある。そのため、当該亀裂からアウタールーフ内部に雨水等が侵入し、キャビン床下に溜まり、最悪の場合、エアコンブロアモータハーネスがショート、発火して、火災に至る恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
クボタ 機械品質保証第一部

072-241-1224


よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2018 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.