• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン

ID:28296
発表
2015/09/15
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

日本フルハーフ トレーラ262台 火災に至る恐れ


日本フルハーフ 「トレーラ262台 改善対策」

事業者:

日本フルハーフ株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

トレーラ262台

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.mlit.go.jp/common/001102362.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日本フルハーフ お客様相談室

0120-286-887

受付時間:9:00~17:00(土日、会社休日除)


対象
車名:フルハーフ
型式:DFPBX132A、DFPBX135A、DFPFC139改、DFPFE139改、DFPFX116A、DFPFX116B、DFPFX116C、DFPFX116D、DFPFX117A、DFVFA139N、DFVFA139N改、DFWTX130A、DFVFA139改、FPA130A改、TFTFX127C、DFPBX240A、DFPDF241A改、DFPFF233P改、DFPFF241AN、DFPFF241A改、DFPFF241B改、DFPFH241AN、DFVFA241AN改、DFWFF241A改、DFWFF241B改、DFWTF241AN、DFWTF241A改、DFWTF241BN、DFWTF241B改、FPA230A改、KFKCF220改、KFKDH220N、KFKDH220N改、KFKDH220改、KFKGF240N、KFKGF240改、KFKHH240改、KFPDX230A、KFPDX237C、RFVFA240BN改、RFVFA240B改
製作期間の全体の範囲:2000/04/21~2004/04/29
対象台数:計262台

※対象車両の詳細は、国土交通省Webサイトを参照
対処方法
駐車ブレーキバルブを代替品と交換
内容
一部のトレーラで火災に至る恐れがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。中期ブレーキ規制以降のトレーラで車軸が1軸またはリフトアクスル仕様のもので、エア制御バルブなどの関連部品が交換期限を超えて使用されたことによって、エア漏れが生じブレーキ系統のエア圧が低下することがある。この場合、駐車ブレーキが自動で作動する構造となっているため、駐車ブレーキを解除せず走行すると、ブレーキの引き摺りが発生し、最悪の場合、ブレーキドラムが過熱し火災に至る恐れがある。これまでに3件の火災事故が報告されている。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日本フルハーフ お客様相談室

0120-286-887

受付時間:9:00~17:00(土日、会社休日除)


サイト内関連記事
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2022 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.