• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:32901
発表
2017/06/26
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

BMWアルピナ 4車種 走行不能となる恐れ


ニコル・レーシング・ジャパン 「BMWアルピナ 4車種 動力伝達装置(ジョイントディスク)」

事業者:

ニコル・レーシング・ジャパン合同会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

B3S ビ・ターボ、B3S ビ・ターボ ツーリング、B3S ビ・ターボ クーペ、B3S ビ・ターボ カブリオ

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://alpina.co.jp/en/services/recall/recall-list/recall-25...
http://www.mlit.go.jp/common/001191088.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
ニコル・オートモビルズ お客様相談室
メール:recall@nicole.co.jp
対象
車名 型式 通称名 車台番号(シリアル番号)の範囲 対象台数
BMWアルピナ ABA-3K30 B3S ビ・ターボ WAPB33000BSK30298-WAPB33000BSK30313 計26台
B3S ビ・ターボ ツーリング WAPB33000BTK30115-WAPB33000BTK30118
B3S ビ・ターボ クーペ WAPB33000BUK30342-WAPB33000BUK30354
B3S ビ・ターボ カブリオ WAPB33000BVK30288-WAPB33000BVK30298
      輸入期間の全体の範囲:2011/05/27~2011/08/12

※上記車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる
対処方法
ゴム製のジョイントディスクに交換
内容
BMWアルピナ4車種の動力伝達装置(ジョイントディスク)に不具合があり、走行できなくなる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。動力伝達装置で、プロペラシャフトとトランスミッションを接続するジョイントディスクの製造が不適切なため、当該ディスクの強度が不足しているものがある。そのため、駆動トルクによりディスクが破損し、そのままの状態で使用を続けると、走行中に異音が発生、最悪の場合、プロペラシャフトが外れ、走行不能となる恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
ニコル・オートモビルズ お客様相談室
メール:recall@nicole.co.jp
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.