• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:28701
発表
2015/11/13
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

HKS 天然ガス/ガソリン併用仕様車両一部に不具合


HKS 「ダイハツ ミラ 燃料装置」

事業者:

株式会社エッチ・ケー・エス

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

ダイハツ ミラ

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.mlit.go.jp/common/001109420.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
エッチ・ケー・エス ガスエンジン開発部

0544-29-1114


対象
車名 型式 通称名 車台番号の範囲 対象台数 備考
ダイハツ HBD-L275V 改 ミラ L275V-1001495~L275V-0049620 123 (1)123
(2)123
(3)60
  計1型式 計1車種 製作期間の全体の範囲:2012/04/27~2015/04/27 計123台  

※上記車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合あり
対処方法
(1)ケーブル取付ブラケットを新品に交換するとともに、燃料フィルターの取付をエンジンルーム内フレーム部へ変更
(2)燃料フィルターブラケットの取付をエンジンルーム内フレーム部に変更するとともに、燃料フィルター、フィルター接続のホース及びホースクランプを新品に交換。エレメントの粉砕が確認された車両は、CNGインジェクターAssyを分解し燃料通路の清掃を行い、CNGインジェクターを新品に交換
(3)CNG燃料制御プログラムを対策仕様に書き換え
内容
ダイハツ「ミラ」で、天然ガス/ガソリン併用仕様に改造した車両の燃料装置に不具合があり、部品折損やエンジン停止の恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。不具合は以下の3点。
(1)CNGインジェクターAssyブラケット及び燃料フィルターブラケットの固定方法が不適切なため、エンジン共振により、当該2部品を取り付けたケーブル取付ブラケットに過大な負荷がかかることがある。そのまま使用を続けると、当該ブラケットに亀裂が生じ、最悪の場合、折損する恐れがある。
(2)燃料フィルターの取付位置が不適切なため、エンジン共振により燃料フィルターのエレメントが粉砕するものがある。そのまま使用を続けると、その粉体がCNGインジェクターを塞いでエンジンに燃料が供給されにくくなり、警告灯が点灯してエンジン不調となり、最悪の場合、エンジンが停止する恐れがある。
(3)CNG燃料制御プログラムが不適切なため、燃料供給が不足状態となることがある。そのため、エンジン制御コンピュータがセーフモードとなって警告灯が点滅し、意図する加速が得られない恐れがある。
これまでに、(1)について7件、(2)について8件、(3)について7件の不具合があった。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
エッチ・ケー・エス ガスエンジン開発部

0544-29-1114


よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.