• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:00303
発表
2005/09/26
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

MITSUBISHI 「 国-1504-2」 リコール


MITSUBISHI 「 国-1504-2」

事業者:

三菱自動車工業株式会社

事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

三菱

販売期間: 1997/10/07 ~ 2003/12/17
ジャンル: 自動車
回収率: -   (回収数:-/対象数:9,597件)
重要なお知らせ: http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/index.html
対象
【三菱】
 型 式:KC-FE512BD
 番 号:FE512BD-440001 ~ FE512BD-540465 

 型 式:KC-FE532B
 番 号:FE532B-440001 ~ FE532B-540058 

 型 式:KC-FE532BD
 番 号:FE532BD-440001 ~ FE532BD-540205 

 型 式:KC-FE542B
 番 号:FE542B-540001 ~ FE542B-540011 

 型 式:KC-FE542C
 番 号:FE542C-540001 ~ FE542C-540007 

 型 式:KC-FE542E
 番 号:FE542E-540001 ~ FE542E-540095 

 型 式:KC-FE562B
 番 号:FE562B-540001 ~ FE562B-540553 

 型 式:KC-FE562C
 番 号:FE562C-540002 ~ FE562C-540280 

 型 式:KC-FE562E
 番 号:FE562E-540002 ~ FE562E-540196 

 型 式:KC-FE562EV
 番 号:FE562EV-440001 ~ FE562EV-540557 

 型 式:KC-FE632C
 番 号:FE632C-540001 ~ FE632C-540041 

 型 式:KC-FE632EN
 番 号:FE632EN-540001 ~ FE632EN-540038 

 型 式:KC-FE632G
 番 号:FE632G-540001 ~ FE632G-540872 

 型 式:KC-FE642C
 番 号:FE642C-540001 ~ FE642C-540039 

 型 式:KC-FE642E
 番 号:FE642E-440001 ~ FE642E-540214 

 型 式:KC-FE642G
 番 号:FE642G-540001 ~ FE642G-540100 

 型 式:KC-FE652C
 番 号:FE652C-540001 ~ FE652C-540142 

 型 式:KC-FE652E
 番 号:FE652E-540002 ~ FE652E-540509 

 型 式:KC-FE652G
 番 号:FE652G-540001 ~ FE652G-540520 

 型 式:KC-FE662E
 番 号:FE662E-540004 ~ FE662E-540510 

 型 式:KC-FE662EV
 番 号:FE662EV-540001 ~ FE662EV-540690 

 型 式:KC-BE632E
 番 号:BE632E-000003 ~ BE632E-000614 

 型 式:KC-BE632G
 番 号:BE632G-000009 ~ BE632G-001131 

 型 式:KC-BE642G
 番 号:BE642G-000002 ~ BE642G-000191 

 型 式:KC-BE642J
 番 号:BE642J-000004 ~ BE642J-000085 

 型 式:KC-BE644G
 番 号:BE644G-000004 ~ BE644G-000474 

 型 式:KC-BE654G
 番 号:BE654G-000013 ~ BE654G-000675 

 型 式:KC-BG642G
 番 号:BG642G-000007 ~ BG642G-000261 

 型 式:KK-BE63EG
 番 号:BE63EG-100002 ~ BE63EG-200403 
対処方法
②全車両、ファンシャフトギヤを対策品と交換する。
内容
②原動機の冷却ファンを駆動するファンシャフトギヤの強度が不足しているため、当該ギヤが低回転時に共振を起こし摩耗するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ギヤが損傷し、最悪の場合、ギヤの歯が欠損してエンジンが停止し再始動不能となるおそれがある。(R+編集部)
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.