• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:27193
発表
2015/04/07
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

ヤマハ TRICITY MW125 エンジン不調となる恐れ


YAMAHA 「TRICITY MW125 サービスキャンペーン」

事業者:

ヤマハ発動機株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

TRICITY MW125

ジャンル: 自動車 > 二輪車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/campaign/2015-04/ind...
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
0120-133-120

・ヤマハ発動機販売 営業統括部 サービス部
北海道営業所サービス課:011-222-6151
東北営業所サービス課:022-772-7083
サービスセンター関東:048-449-6232
中部営業所サービス課:052-939-1785
サービスセンター西日本:06-6397-6171
九州営業所サービス課:092-411-3785

受付時間:10:00~12:30/13:30~18:00(土日祝、会社所定休日等除)
車両検索:http://www2.yamaha-motor.co.jp/recall/
対象
車名 型式 通称名 対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲 対象台数
ヤマハ EBJ-SE82J TRICITY MW125 SE82J-001001~SE82J-008684 5,998台
      製作期間の全体の範囲:2014/06/23~2014/12/08 計5,998台

※上記範囲内には、対象とならない車両も含まれる
対処方法
燃料タンクキャップを対策品と交換
内容
「TRICITY(トリシティ) MW125」の燃料タンク内に水が浸入し、エンジン不調となる恐れがあるとして、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。洗車時に、燃料タンクキャップ周辺に水が溜まることがある。その際、炎天下放置等で燃料タンクの温度が高いと、洗車によって急激に燃料タンクが冷やされるため、タンク内が一時的に高い負圧になり、燃料タンクキャップの通気孔から燃料タンク内に水が吸い込まれることがある。そのため、繰り返しの洗車により燃料タンク内へ浸入した水の量が多くなると、燃料ポンプが水の混じった燃料を吸い込み、エンジンが不調となる恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
0120-133-120

・ヤマハ発動機販売 営業統括部 サービス部
北海道営業所サービス課:011-222-6151
東北営業所サービス課:022-772-7083
サービスセンター関東:048-449-6232
中部営業所サービス課:052-939-1785
サービスセンター西日本:06-6397-6171
九州営業所サービス課:092-411-3785

受付時間:10:00~12:30/13:30~18:00(土日祝、会社所定休日等除)
車両検索:http://www2.yamaha-motor.co.jp/recall/
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.