• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:25701
発表
2014/09/05
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

日産 6車種 発進、加速もたつく恐れ


NISSAN 「6車種 サービスキャンペーン」

事業者:

日産自動車株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

ノート、シルフィ、AD、AD EXPERT、マーチ、ラティオ

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/140905s.html
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日産自動車 お客さま相談室

0120-315-232

受付時間:9:00~17:00(年末年始除)


対象
型式 通称名 対象車の車台番号の範囲 製作期間の全体の範囲
DBA-E12 ノート E12-000001~E12-201306
2010/06/24~2014/07/09
DBA-NE12 NE12-000001~NE12-012431
DBA-TB17 シルフィ TB17-000001~TB17-017196
DBF-VY12 AD
AD EXPERT
VY12-154001~VY12-171121
DBA-K13 マーチ K13-000023~K13-048702
K13-300001~K13-377569
K13-700002~K13-721986
DBA-NK13 NK13-000055~NK13-013026
DBA-N17 ラティオ N17-000060~N17-013501
N17-700001~N17-701464

※対象車の車台番号の範囲には対象とならない車両も含まれるため、詳細は購入した販売会社に問い合せ
※対象車の一部ユーザーには、「ノートなど3車種のリコール」とあわせて案内
※対象車の製作期間は購入時期とは異なる
※車台番号は車検証に印刷
対処方法
・CVTコントロールユニットを対策プログラムに書き換える
・CVTコントロールユニットの故障履歴を確認し、ベルト滑りの痕跡がある場合は、CVT一式を新品と交換
内容
6車種のCVTコントロールユニットに不具合が判明したことから、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。LレンジからDレンジへのセレクト操作時、シフトセレクト位置判定はDレンジであるにもかかわらず、マニュアルバルブが瞬間的にNレンジ位置となり、CVT(自動無段変速機)のクラッチ油圧が一旦低下することがある。その後、マニュアルバルブがDレンジ位置となり、油圧が復帰しクラッチが締結する際、異音や振動が発生するとともに、CVTのベルトが滑る恐れがある。そのままの状態で使用を継続すると、ベルト滑りが進行して、フェールセーフモードによるトルク制限により、発進、加速がもたつく恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日産自動車 お客さま相談室

0120-315-232

受付時間:9:00~17:00(年末年始除)


よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2019 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.