• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:25330
発表
2014/07/15
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

BMW 二輪18車種 燃料漏れて発火する恐れ


BMW 「二輪車18車種 燃料装置(燃料ポンプ)」

事業者:

ビー・エム・ダブリュー株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

二輪車18車種

ジャンル: 自動車 > 二輪車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/index.html
http://www.mlit.go.jp/common/001047766.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
BMW カスタマー・インタラクション・センター

0120-269-437


対象
車名:BMW
通称名:BMW HP2 Enduro、BMW HP2 Megamoto、BMW HP2 Sport、BMW R1200S、BMW R1200ST、BMW R1200RT、BMW R1200GS、BMW R1200GS-A、BMW R1200R、BMW K1200R、BMW K1200S、BMW K1200R-S、BMW K1200GT、BMW K1300S、BMW K1300R、BMW K1300GT、BMW K1600GTL、BMW S1000RR
製作期間の全体の範囲:2004/01/14~2011/04/15
対象台数:計13,623台

※対象車の詳細は、BMWまたは国土交通省Webサイトを参照
対処方法
・マウントドームを点検し、亀裂がない場合はサポートリングを装着し、亀裂がある場合は対策品の燃料ポンプに交換。燃料ポンプを2ヶ装着している車両は、2ヶとも措置
・ライダーズマニュアルにクイックカプラー脱着時の注意事項を説明した補追版を挿入
内容
二輪車18車種の燃料装置(燃料ポンプ)に不具合が判明したことから、国土交通省にリコールを届け出た。燃料ポンプで、クイックカプラーの脱着作業指示が不適切なため、燃料ポンプのマウントドームに亀裂が発生することがある。そのため、燃料ポンプ等の熱膨張・収縮によって当該亀裂が進行すると、燃料が漏れ、最悪の場合、燃料が高温部に付着して発火する恐れがある。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
BMW カスタマー・インタラクション・センター

0120-269-437


よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.