• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:23957
発表
2013/11/12
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

コベルコ ショベルローダ2車種に複数不具合


KOBELCO 「ショベルローダ2車種 電気配線(ワイヤーハーネス)、動力伝達装置(油圧ホース)」

事業者:

コベルコ建機株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

LK40Z-5,LK50Z-5

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.kobelco-kenki.co.jp/ss/recall/h25/3255.html
http://www.mlit.go.jp/common/001018418.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
コベルコ建機 品質保証部 プロダクトサポート室

082-943-5284


対象
車 名 型 式 通称名 対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲 対象台数
コベルコ EDM-RW05 LK40Z-5 RW05-02084~RW05-02382 299台
EDM-RX05 LK50Z-5 RX05-02060~RX05-02387 328台
  計2型式 計2車種 製作期間の全体の範囲:2008/08/26~2013/09/10 計627台

※対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合あり
対処方法
(1)集合カプラー内部の端子の状態を確認し、端子が腐食しているものは、ハーネスを対策品に交換。端子に腐食が無いものは、ハーネスの配索を変更し単極防水カプラーを追加
(2)ハーネスのクランプ位置を確認し、不適切なものは正規の位置に修正。確認時に、ハーネスに伸び等のダメージがあるものは、ハーネスを新品に交換
(3)油圧ホースの差込み量を確認し、不適切なものは正規の位置に修正。確認時に、油圧ホースに傷等のダメージがあるものは、油圧ホースを新品に交換 
内容
ショベルローダ2車種の電気配線(ワイヤーハーネス)及び動力伝達装置(油圧ホース)に不具合が判明したことから、ヤンマー建機より国土交通省にリコールを届け出た。不具合は以下の3点。
(1)ショベルローダのワイヤーハーネスで、当該ハーネスを保護するコルゲートチューブ内部に水が溜った状態で冷熱サイクルを繰返すと、毛細菅現象により水がハーネスジョイント部から電気配線を伝わり集合カプラー内部に浸入する場合がある。そのままの状態で使用を続けると、集合カプラー内部の端子が腐食して通電しなくなることで、警音器、方向指示器、前照灯の作動不良、エンジンの始動不良が起こる恐れがある。
(2)ショベルローダのワイヤーハーネスで、製造時にワイヤーハーネスを不適切な位置にクランプしたものがある。そのままの状態で使用を続けると、ステアリング操作時にハーネスが引っ張られ断線し、警音器、方向指示器、前照灯の作動不良が起こる恐れがある。
(3)ショベルローダの油圧ホースで、製造時に作動油タンクへのホース差込みが適切に行われていなかったため、当該ホースの差込み量が不適切なものがある。そのままの状態で使用を続けると、ステアリング操作時に油圧ホースがホースガイドに拘束されるため油圧ホースが抜けまたは破損し作動油が漏れ、最悪の場合走行不能になる恐れがある。
(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
コベルコ建機 品質保証部 プロダクトサポート室

082-943-5284


サイト内関連記事
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2021 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.