• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:22160
発表
2013/05/29
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

日立建機 ロード・ローラ4車種 走行不能となる恐れ


日立建機 「ロード・ローラ4車種 動力伝達装置、制動装置(電磁弁)」

事業者:

日立建機株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

CS125,HM125H,CS125-3,HM125H-2

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.hitachi-kenki.co.jp/service_support/support/recal...
http://www.mlit.go.jp/common/000999431.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日立建機カミーノ 品質保証センタ

0237-48-2640


対象
車名 型式 通称名 対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲 対象台数
ダイナパック CS125 CS125 125-0101 ~ 125-1323 223台
SB-CS125 125-2324 ~ 125-2441 112台
住友 SB-M12B0 HM125H 125-2382 ~ 125-2429 6台
日立 KDN-CS125 CS125-3 125-3101 ~ 125-3181 75台
住友 KDN-M12B2 HM125H-2 125-3118 ~ 125-3176 5台
  計5型式 計4車種 製作期間の全体の範囲:1999/08/19~2012/09/28 計421台
対処方法
・電磁弁の保護カバーに配線を固定し、油圧変速機に配線固定ブラケットを増設して配線コネクタを固定
・電磁弁のコイルモールドと保護カバー間にシリコンシーラントを塗布
内容
ロード・ローラ4車種の動力伝達装置、制動装置(電磁弁)に不具合が判明したことから、国土交通省にリコールを届け出た。電磁弁の構成部品であるコイルモールド及び配線の固定方法が不適切なため、コイルモールドが走行中の機械振動によって磨耗する場合がある。そのままの状態で使用を続けると、コイルモールドの磨耗が進行し内部の配線が露出して短絡するため電源ヒューズが切れて、電磁弁が作動しなくなる。
対象車両に電磁弁は3個搭載されており、作動しなくなる電磁弁により以下の不具合が発生する。
(1)高低速切換え電磁弁が作動しなくなると、高低速切換えができなくなる。
(2)中立電磁弁が作動しなくなると、変速機を自動で中立状態にすることができなくなる。
(3)駐車ブレーキ解除電磁弁が作動しなくなると、走行中・停止中を問わず駐車ブレーキが作動したままとなる。
いずれの電磁弁が短絡しても、電源ヒューズは共通であるため(1)~(3)が同時に発生し、(3)の駐車ブレーキ解除不能によって走行不能となる。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日立建機カミーノ 品質保証センタ

0237-48-2640


よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2021 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.