• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:20694
発表
2012/11/15
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

リコール

カトウ ラフテレーンクレーン1車種 燃料漏れの恐れ


KATO 「カトウKRM-13H(M)型ラフター 燃料装置(燃料パイプ)」

事業者:

株式会社加藤製作所

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

カトウKRM-13H(M)型ラフター

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.kato-works.co.jp/recall/page/recall_3062.html
http://www.mlit.go.jp/common/000229851.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
加藤製作所 プロダクトサポート部

03-3458-1122


対象
車名 型式 通称名 対象車の車台番号の範囲 対象台数
カトウ EDR-KRC008 カトウ
KRM-13H(M)型
ラフター
KRC008-0051~KRC008-0174 124台
  計1型式 計1車種 製作期間全体の範囲:2008/02/29~2010/02/03 計124台

※対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合あり
対処方法
(1)燃料パイプからの燃料漏れ(にじみ、滴下含む)の有無を点検し、漏れが確認された燃料パイプは高圧仕様のものに交換し、新規設定の締付トルクで締め付ける。漏れがないものは、新規設定の締付トルクで締め付ける
(2)サプライポンプとコモンレール間のパイプクランプの有無を確認し、クランプが取り付けられていない場合は、燃料パイプを交換し、クランプで固定
内容
「カトウKRM-13H(M)型ラフター」の燃料装置(燃料パイプ)に不具合が判明したことから、国土交通省にリコールを届け出た。不具合は以下の2点。
(1)原動機で、燃料パイプ製造時に発生するコネクタ部内部のしわにばらつきがあり、また、パイプコネクタ部の締付トルクが低いものがある。このため、高い燃料圧力が加わることにより、当該しわ部を起点とした亀裂が発生し、燃料が漏れる恐れがある。
(2)原動機で、サプライポンプとコモンレール間の燃料パイプを固定するクランプを付け忘れたものがある。そのため、エンジンの振動によりパイプに亀裂が発生し、燃料が漏れる恐れがある。
(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
加藤製作所 プロダクトサポート部

03-3458-1122


サイト内関連記事
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2021 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.