• Share (facebook)
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン
JPメディアダイレクト
アレルギーリコールプラス
キッズリコールプラス
リコール製品ネットオークションサーチ
リコール、回収情報掲載受付中

隠す 閲覧履歴

    最近閲覧した情報はありません

ID:20013
発表
2012/08/29
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us

点検&部品追加

パイオニア 自転車用ナビ 走行中落下の恐れ


Pioneer 「サイクルナビゲーション SGX-CN700-W、SGX-CN700-K」 点検&部品追加

事業者:

パイオニア株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

SGX-CN700-W,SGX-CN700-K

ジャンル: 家電日用品自動車 > 二輪車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://pioneer.jp/oshirase/sgx-cn700/
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・落下防止用対策パーツ申込:https://www3.pioneer.co.jp/oshirase/sgx-cn700/

・サイクルナビ サポートセンター
0120-926-792
044-572-8536(携帯・PHSから)
受付時間:月~金9:30~18:00、土9:30~12:00/13:00~17:00(日・祝日・会社休業日を除く)
対象
サイクルナビゲーション SGX-CN700-W、SGX-CN700-K
対処方法
落下防止用対策パーツ(ストラップ付アタッチメント、緩み防止ネジ)を無償送付
下記フォームから送付先を連絡

※アタッチメントの破損が確認された場合は速やかにクレイドル取付での使用を控え、早急にサポートセンターに連絡
※対策パーツが届くまでの間に高速走行や悪路走行をする場合は、市販のストラップなどで落下防止処置を行った上で使用する
※ハンドルバーとタイヤの距離が短い自転車等では、万一本体が脱落した際にホイールに巻き込んだり、フレームに絡みつく危険性がある。ハンドルバーにストラップを取り付けた後、本体をぶら下げてタイヤ等にぶつかって運転の妨げにならないことを確認する
※本体を取り付ける際は、ストラップをはさみ込まないように、クレイドルのロック解除レバーの上を通るようにする。本体をクレイドルに取り付けた後、しっかり押えつけて確実に装着されていることを確認し使用する
内容
2012/03に発売したサイクルナビゲーション「SGX-CN700-W」、「SGX-CN700-K」で、特定の条件下でごく稀に、走行中に製品が落下する場合があることから、落下防止用対策パーツ(ストラップ付アタッチメント、緩み防止ネジ)を無償で送付する。落下の可能性があるのは、(1)本体がクレイドルに不完全に装着された場合、(2)アタッチメントを本体に取り付ける際に過度なネジ締め付けによりアタッチメントが破損した場合、(3)特定の走行条件(路面状況、フレーム材質、タイヤ空気圧、走行スピード等)が重なることにより過度な振動が加わった場合。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
・落下防止用対策パーツ申込:https://www3.pioneer.co.jp/oshirase/sgx-cn700/

・サイクルナビ サポートセンター
0120-926-792
044-572-8536(携帯・PHSから)
受付時間:月~金9:30~18:00、土9:30~12:00/13:00~17:00(日・祝日・会社休業日を除く)
よく見られているリコール情報

「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2020 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.