• Share (facebook)
Yahoo! JAPAN IDでログイン
リコールプラスID登録
リコールプラスIDログイン

ID:32385
発表
2017/04/20
リコールクリップに追加 この記事をメールで送る   はてなブックマーク del.icio.us Yahoo!ブックマーク

リコール

日野自動車 バス3車種 電気装置に不具合


HINO 「日野ブルーリボン、日野ブルーリボンハイブリッド、日野レインボー 電気装置(電気配線)」

事業者:

日野自動車株式会社

連絡先 事業者サイト 事業者情報一覧
製品:

日野ブルーリボン、日野ブルーリボンハイブリッド、日野レインボー

ジャンル: 自動車 関連ワード:

重要なお知らせ: http://www.hino.co.jp/j/service/recall/detail.php?id=333
http://www.mlit.go.jp/common/001181749.pdf
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日野自動車 お客様相談窓口

0120-10-6558

受付時間:9:00~12:00/13:00~17:00(土日祝・会社休日除)


車両検索:http://www.hino.co.jp/j/service/recall/index.php
対象

型式 車台番号の範囲 製作期間 台数 備考
QDG-KV290N1
QKG-KV290N1
KV290N1-7000001~7000215 2015/10/12~2016/10/31 214 (1)105
(2)28
(3)181
(4)156
(5)213
QKG-KV290Q1
QPG-KV290Q1
QRG-KV290Q1
KV290Q1-7000001~7000208 2015/10/15~2016/11/03 190 (1)117
(2)72
(3)184
(4)137
(5)186
SKG-KR290J2 KR290J2-7000001~7000039 2016/06/22~2016/10/26 37 (2)1
(3)36
(4)6
(5)37
QSG-HL2ANAP HL2ANA-40011~40041 2015/11/13~2016/10/13 31 (1)27
(2)1
(3)31
(4)25
(5)31
QSG-HL2ASAP HL2ASA-40011~40031 2015/11/13~2016/10/27 21 (1)15
(2)2
(3)21
(4)15
(5)20
計8型式   計493台 (1)264
(2)104
(3)453
(4)339
(5)487

※上記車台番号の範囲には対象とならない車両も含あるため、詳細は最寄りの日野販売会社に問い合せ
※対象車の製作期間は購入時期とは異なる
対処方法
(1)運転者席上側配電箱内の配線固定用ブラケットに保護材追加。当該部の配線を点検し、損傷している場合は配線補修
(2)運転者席下側配電箱の側面スイッチ端子を対策品に交換、または放送装置操作器の取付け位置変更、または配電箱側面スイッチの取付け位置変更。当該部の配線を点検し、損傷している場合は補修
(3)運転者席下側配電箱の側面パネル取付け部付近の配線に配線保護シート追加。当該部の配線を点検し、損傷している場合は補修
(4)運転者席計器盤パネルに保護材追加。当該部の配線を点検し、損傷している場合は補修
(5)光電管配線の接続部補修
内容
「日野ブルーリボン」「日野ブルーリボンハイブリッド」「日野レインボー」の電気装置(電気配線)について、国土交通省にリコールを届け出た。
大型路線バスにおいて、(1)運転者席上側配電箱内の配線の配索が不適切なため、配線が固定用ブラケットの端部と干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、扉が開閉できなくなる恐れがある。また、大型・中型路線バスにおいて、(2)運転者席下側配電箱の側面スイッチの取付け位置が不適切なため、側面スイッチの端子及び配線が放送装置操作器と干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、扉が開閉できなくなる恐れがある。(3)運転者席下側配電箱内の配線の配索が不適切なため、側面パネル取付け時に配線を挟み込んだものがある。そのため、そのまま使用を続けると、配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、扉の開閉ができなくなる恐れがある。(4)運転者席計器盤配線の配索が不適切なため、配線が計器盤パネルの端部と干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなる恐れがある。(5)中扉の光電管配線端子の接続作業が不適切なため、走行中の振動で配線が断線することがある。また、当該端子の防水処理が不適切なため、水浸入で配線が短絡することがある。そのため、最悪の場合、中扉が開閉できなくなる恐れがある。これまでに、不具合や事故はない。(R+編集部)
ご連絡先・お問い合せ(受付担当者に「リコールプラスを見ました」とお伝えください)
日野自動車 お客様相談窓口

0120-10-6558

受付時間:9:00~12:00/13:00~17:00(土日祝・会社休日除)


車両検索:http://www.hino.co.jp/j/service/recall/index.php
よく見られているリコール情報

関連記事

(Googleの検索結果)▲画面トップへ
Loading...
powered by
google


「リコールプラス」「リコールナビ」は D WALK CREATION の商標です
特許出願中「特願2013-121258」
Copyright ©2008-2017 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.